ハウスメーカーのトップセールスマンの私は、たくさんの家を建てた、 また、ヨーロッパやアメリカなど世界中の家を見た。海外の住宅は日本とは大きく違っていた。家づくりで一番大切なのは人の命を守ること、家族と楽しく快適に暮らすこと。そこで、世界一の家をつくるため、退職し独立をした、永い年月をかけ研究開発をし特許を取得した Brix建築


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


20160802123910ec2.jpeg


現代の建築は工事の職種が多すぎて
また 施工が複雑なため ベテランの職人でないと
家をつくることが できなくなってきています

建設業界では ベテランの職人が引退してしまい
若手の職人が育たないでいます

このままで行くと建築業界の先行きが不安です

そこで登場するのが 世界特許を取得した
ブリックスの建築工法です

基本構造は鉄筋コンクリートの壁構造です

型枠の替わりに 天然石を埋め込んだPCパネルを
まるでレゴブロックのように組み立てて 
中にコンクリートを流し込むと
建物と同時に外壁と内壁が完成して 
鉄筋コンクリートの建物が出来上がります

一般的には鉄筋コンクリートの建築は施工が難しく
ベテランの型枠大工や鉄筋工がいないとできません


ブリックスの建築は 自然石でできた ブリックスのユニットを
組立図を見ながら レゴブロックのように組み立てるだけなので
ベテランの職人を 必要としません
これからの建築業界には 貢献できる建築工法です

ユニット写真


20160731205352a89.jpeg


木密地域(もくみつちいき)とは
木造家屋が密集していて
道路が狭く消防車も入れない様な地域のこと

大地震により都内のいたるところで 火災が発生したとき
消防車が入れても 火事を消すことには限界がある
阪神大震災の時も3~4日間火事は消えなかった

関東大震災の時も 東京では 
大地震の あとで 大火災が 
発生して 多くの被害をだした

結論として 鉄筋コンクリートのように
燃えない建物 建てれば火災はおきない

大田区木密地域のように道路が狭く 
建物を建てるときは 
木造の家しか建てられなかった

世界特許の ブリックス建築は
狭い道路で 車が入らなくても 
ブリックスの部材を 台車に載せて運び 
組み立てるだけであとは 
コンクリートを ポンプで流し込むだけで
鉄筋コンクリートの建物が完成する

レゴブロックのように組み立てて 
外壁も内装も同時に完成する

部材の搬入が困難なために 
建てられなかった地域でも 
鉄筋コンクリートの建物が 建てられる

ブリックス建築

船橋玄関Door


20160730091713075.jpg

住み心地のいい家とは
住む人が快適に暮らせる間取りが大切です

住む人の 生活の仕方や行動などに
家の間取りや使い勝手が合っていないと
日常的にストレスが生まれてしまいます

そのためには 家をつくる
設計の自由度が重要です

設計は 机上で いろいろな間取りが自由に作れます
しかし 問題は ハードです
ハードすなわち構造によって 設計に制約が有ります
構造とは
木材を使用して作る 木造の家
軽量鉄骨で作る プレハブ住宅
コンクリートでつくる建物など があります

木材や鉄骨の建物は その構造材の制約から
部屋の広さや 高さなど 自由度に限界があります

その点 設計の自由度が一番高いのは
コンクリートの建物です

コンクリートは 固まる前は 生コンで液体です
型枠によって 自由な 形に 造れます
また 広さや 高さの制限がほとんどなく
公共建築物のように大きな空間が 確保出来ます

コンクリートの建物は 硬いとか 冷たいとか
家はやっぱり木の家がいいと思う人は
内装材に木材を使うことで 解決できると思います

コンクリートの建物がいいところは
何と言っても 屋上と 地下室が 造れることです
住む人の 家に対する 希望が 更に膨らみます

屋上ではテーブルとイスをおいて
ちょっと屋外気分でコーヒータイムとか
光や風 眺望のよさを楽しめる
ゆとりの屋外空間を創出できます
第二の 居間として活用出来ます

また地下室は 容積率 プラス50パーセントの緩和で
1,5倍の 大きな家で ゆとりのある 住まいが造れます

ブリックス建築はコンクリート構造の建物を
アールや円形など形が自由に造れる 建築工法です
外壁が天然石の高級感のある外観です

ブリクッス建築



ohaka1.jpeg
私たちの先祖が眠っているお墓は
ほとんどが 天然の御影石です

お盆の お墓参りのときなどに
お水をかける程度で 何10年も綺麗です

真夏の炎天下や 真冬の極寒の雪の中でも
屋外の雨風の中 クリーニングや 
メンテナンスなどをしなくても
いつも綺麗に 訪れる人を 迎えてくれます

国会議事堂

御影石の使われている有名な建物では
国会議事堂や 最高裁判所があります

御影石は建築材料の中でも
経年変化がほとんどないため
特別に耐久性を求められるものには
御影石が使われます

国会議事堂と お墓には どちらも 御影石が使われている
と言う 共通点があります

この様に優れた 自然素材の御影石を
ブリックスの建築では
外壁に標準仕様としております

ブリックス建築は
品質の最も高い建築材料を使用し
数百年の耐久性を目標としています

基本構造は 鉄筋コンクリートで
外壁は天然石の御影石を使用し
外断熱の内蓄熱を基本工法としています

お墓 国会議事堂 ブリックス建築 の共通点
天然 御影石の ブリックス建築

世田谷外観


20160727232803389.jpeg


建物の壁には 構造や 厚さなど
いろいろな役割りが有ります

その家に住む人が 快適に暮らすために
外気から 暑さや 寒さを防ぎます
静かに 過ごすために 外の騒音から 防音をします
隣家からの火災を防止します

一般的な 在来木造では 約9センチの柱を囲むように
外側にサイデイング
内側に石膏ボードにビニールクロス
中間に断熱材が入っていて
その壁の厚さは 約10数センチです

地震が発生しても 壊れない強さ
地震だけではなく 津波や 台風 竜巻などから
人の生命を守ることができるものであることが
最低条件です

また 珪藻土や漆喰など の壁は 健康的な 空気を 作り出します
湿度や 温度 匂い 有害物質などの除去など
壁には 大切な役割があります

更には 家の耐久性を確保する役割りが
外壁には 有ります

ブリックス建築の壁は
外壁に 天然のみかげ石を使っています
メンテナンスがほとんど不要で
美しさは 1番の仕上げ材料です

壁の厚さが250ミリと云う 一般のマンション
よりも壁の厚さが厚く造られています
更に 外壁は 外断熱 工法が標準仕様です

世界特許の建築工法
ブリックス建築

image_201308112304552db.jpg


ドイツ2

資産形成は100年建築が有利

少子高齢問題で老後の年金が頼りなくなっています
また 消費税の大幅な増税で益々 生活が不安になっていきます

老後の年金対策と資産形成のモデルプランは
自宅と賃貸マンションの併用の建物です

ただし どんな建物でもオーケーでは有りません

例えば 一般的な建物は 30年サイクルで寿命がきます
生涯に 建物は何回建て替えることになるのでしょうか
その建て替えは資金はいくらかかるのか
住宅ローンは 毎月いくらかかるのか
資産形成どころか 生涯借金で追われてしまいます

そこで 一番重要なことは 資産形成の対象物件が
超長期的な耐久性で 100年建築であれば
問題の解決となります

ではどんな建物が資産形成いいかというと
メンテナンスフリーの100年建築を建てるのが正解です
生活の安定と 老後の年金対策は安心です

なぜなら 30年ローンが終わったら
あとは支払いなしで 70年間 収入が入ってきます

いかに 商品価値の下がらない 建物で
メンテナンスフリーの
耐久性の超長期の建物は有利です

たとえば 自己所有地で 自宅と賃貸部分が1:2以上であれば
建設地にもよりますが 初年度から黒字が可能です

立地条件がよければ 土地の取得から計画しても
初年度から 採算が黒字の可能性もあります

資産形成はメンテナンスフリーの100年建築
が有利です

ブリックス建築

ヨーロッパの町5


20160726084957cd7.jpeg


家づくりは 一生に一度の買物

日本の住宅の平均寿命は 約30年
日本人の平均寿命は80歳を超えています

80歳の人生の中では何度も
家を建てることになります
世界の住宅の耐久性は70年から80年です
日本の住宅の耐久性は最低レベルです

現代の建築の中では鉄筋コンクリートの構造が
最も長く 60年以上の耐久性があります
鉄筋コンクリート造の耐久性は コンクリートの中にある
鉄筋が コンクリートの 中性化による 劣化によって
錆びることで 耐久性の永さが決まります

例えば コンクリートの打ち放しの建物は
構造体である コンクリートがむき出しの状態です
したがって コンクリートの劣化が 早く進行します

対策として タイルなどを外壁に貼り付けて
コンクリートの劣化を防止しています
タイル貼り仕様は 長い年月には 剥離して
タイルが剥がれ 落ちてきます

そこで 開発されたのが
天然石を埋め込んだコンクリートパネルを
外壁に機械的に固定し その固定具をコンクリートの躯体に
埋め込んで 剥離を防止する

更に外壁には 断熱材が充填されていていて
コンクリートの構造を 外気から 2重に保護をしています

一般のタイル張りの鉄筋コンクリートの耐久性と比較すると
中性化年数で計算すると およそ100年以上の耐久性の建物です

一般の在来木造の3倍以上の耐久性のある建物を建てることで
3分の1の建築コストで済むことになります

更に 5年~10年に1回毎に外壁の補修工事に 
足場をかけるメンテナンスは 
1回100万程度の費用が掛かります

初期の建築コストだけではなく
長期のいろいろなコストを考えた建物を選びましょう

世界特許の100年建築
ブリックス建築


壁断面BRIX



コンクリートは木の3倍の蓄熱体です
反対に木造は 断熱効果が高いのです

断熱効果の高い木造住宅と
蓄熱効果の高いコンクリート建物

全く正反対の性能を持った建物ですが
一体どちらの建物が住み心地がいいと思いますか

日本の国土の70パーセントが森林原野です
その木材を使って 昔から 日本では
住宅の97パーセント以上が木造で
建てられてきました

夏の高温多湿の暑さを 木材の断熱性を利用して
風通しの良い 建物が建てられ
冬の寒さに対応するため 断熱材を入れたり
気密性を高めたり 改良されてきました

しかし 現代ではエアコンの普及により
自然の風を頼りの木造住宅よりも
マンションの様に気密性と性が高く
エアコンの効果のある コンクリートの建物が
快適であり 経済的です

コンクリートは 蓄熱性が高く 夏 部屋を冷やすと
建物が その熱を 保温する 効果が高いのです
反対に 冬 暖房で部屋を暖めると 夜 電気を切っても
翌朝まで 暖かいのです

しかし コンクリートの建物は 蓄熱性が高いため
夏の炎天下では コンクリートが熱くなり
手で触れなくなるほどです
また 冬は 氷のように冷たく 冷やされます

これらの対応策としては コンクリートの外側を
断熱材で 覆うことです これが 外断熱です

室内側に 断熱材をする 内断熱は 反対効果です
外気の熱い温度をコンクリートが蓄熱をしてしまい
また せっかくエアコンで冷やした室内は断熱材が
蓄熱せずに 電気を切るとすぐに暑くなります

このように 断熱材と蓄熱材を外と内の 使い方を
間違って 正反対に 使ってしまうと
まったく異なる結果がでるので ご注意を

外断熱の施工技術は 難しく 工事費が高額です
最近では 外断熱工法の 建築は希少価値となっています

外断熱 コンクリート造
ブリックス建築


GUDY


近代建築運動の歴史は 1930年ころから 
ヨーロッパをはじめ 世界中に普及していきました
しかし ドイツでは ナチス政権で 
バウハウスは閉鎖されてしまい その頃の建築家は 
アメリカに亡命して アメリカ建築界で活躍しました

その頃 日本の旧帝国ホテルなどを手がけた 
フランク・ロイド・ライトや ル・コルビュジェなどが活躍しました


アール・ヌーボーの自由な曲線を生かした 
情感豊かなデザインが特徴の建築です
その後アール・デコ調の建築など 
建築工法は石づくり建築から 
鉄筋コンクリートの構造に替わっていきます

昔のように 石を一つ一つ積み上げていく職人はもういません
さらに 鉄筋コンクリートの型枠をつくる 
ベテランの型枠大工も少なくなりました

これから未来の建築はどのように替わっていくのか

アール・ヌーボー建築のような 自由な曲線のデザインや 
アール・デコのような合理的な鉄筋コンクリートの建築を
受け継いでいく 工法が誕生しました

それは 世界特許の建築工法 ブリックス建築
アール・ヌーボー建築のように天然石を一つ一つ 
積み上げるように曲線を 作り上げていき 
そしてまた アール・デコのような合理的で耐震性のある 
鉄筋コンクリートの構造を システム化した工法です

近未来の建築工法は世界中の どこでも 誰でも 建築可能です

住宅はもちろん マンションや 商業ビルなど 10階以上 高さも自由です
地下室や 屋上 音楽室 趣味を楽しんだりできる建築

ブリックス建築の本当に目指しているものは 
地球上で毎年のように起きている自然災害から 
一人でも多くの人の命を守ることです

ブリックス建築

亀有外観



20160721212600bb9.jpeg


建物の工事をする時
最初にする工事は足場の組立てなどの仮設工事です
外足場は工事が終わる一番最後まで残ります
足場の役割は構造体を組立て 躯体を完成させます
躯体が完成すると 今度は足場を使って
建物の仕上げ工事をします 

また建物が完成したあとも 定期的なメンテナンス工事に
外足場が必要となります

建物の工事中と完成後まで 足場は
必要不可欠のものです

しかし足場は仮設工事と呼ばれていて
工事をするため仮設のものです

いくらお金をかけても 足場工事費は 
建物本体には 何も残らないものです

できることなら削減したい工事費です
建物作るときに 本当に外足場がないと 
建てられないものか 研究開発してみました

そこで発明されたのが (ブリックスの足場不要の 建築工法)
本来は外側から施工するべき工事を 最初から天然石などの仕上げを
外壁用のユニットに埋め込んでおいて 2
そのユニットを建物の内側から組み立てることにより
外側の足場が不要となります つまり外側には 足場も 施工スペースも
いらなくなります 

外足場の工事費がかからずその分安く 家が建てられます
また足場の要らない分 敷地に一杯に建物が建てらります

それでは建物の外壁の補修はどうするのでしょうか

外壁には本物の天然石の御影石が貼られていて 
基本的にメンテナンスはフリーです

ブリックスの建築は 各階ごとに壁と床のコンクートが出来上がります
その室内の床から 外壁の工事をするため 高所の作業がありません
室内側に低めの足場があれば 施工ができます

外足場不要の建築工法
ブリックス建築

20160721212812da1.jpeg