FC2ブログ


Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


宅を建てるとき 現代の建築で 最も安心で安全な建物は

鉄筋コンクリートの住宅 です 

マンションや公共の建築ではほとんどがこの建築です

住宅では コストが高く 工事をする会社が少ないなど

鉄筋コンクリート 住宅を建てる人は少ないのです

その原因の一つには 鉄筋コンクリート 住宅の性質を

よく理解せず また 工事をする会社も 経験が浅いなど

住み心地のよくない住宅が建てられてしまい

評判が今一のところがあります

その代表格は 鉄筋コンクリート 住宅の結露です

木造の建物のように構造内部の通風が良いものと違い

コンクリートの建物は気密性が高く 熱を蓄える性質の

構造は 内部結露を 起こしやすく 室内に湿気が多く

発生します  解決策は 建物の構造を 外断熱とすることです

同じ様な構造の ヨーロッパ建築では 昔から 外断熱建築が

多く建てられています。 外断熱は施工が難しく コストも高く

外断熱の工事をする 会社もないのが実情です

しかしながら 鉄筋コンクリート 構造上の性質から 外断熱は

絶対に切り離せられない 一体的なもので 洋服にたとえると

オーバーコートの裏地 をつけるか つけないか のようなものです

そこで開発されたのが 外壁の仕上げ材と一体となった型枠ユニットで

コンクリートを打ち込むと 外断熱が完成する 完成後もメンテナンスが

不要の 経済的な工法です

鉄筋コンクリート 住宅には外断熱が常識

ブリックスの外断熱を ご検討ください


ブリックス




関連記事

家を建てる目的は自然災害から人を守ること
そして健康で快適な生活を送ることです

しかし 時にはそれが守られない時があります
本来の家の役割を果たせなかった時の
理由があります

地震による倒壊 津波に流された 台風に飛ばされた
また 火事で焼かれた シックハウスの健康被害など

これらの被害は皆 最初から 対策をしておけば
防ぐことができたことです
素人では わかりにくいことですが
プロであれば 誰でもが 知っています

知っていながら プロがやらないことが
最近のニュースの話題でもときどき出ます

こんな現代においても 素人でも分かる
良い住宅の見分け方があります

スーパーで 野菜 魚 肉 などを よく見て比べるように
先づは 建物の実物を 見て 比べてみて下さい

化粧され 完成した建物の表面上ではなく 
木造の住宅 プレハブの工法 鉄筋コンクリートの建物など 
その中身の構造を 実物で見れば すぐに 違いがわかります

人もそうですが 建物は化粧をしてしまうと
 外観では どれも同じに見えるものです
肝心なことは 中身の違いを比べることです

ブリックスの家づくり










壁厚比較図

日本の住宅の95㌫は木造住宅、プレハブ住宅、鉄骨住宅です
鉄筋コンクリートの建物は全体の2,3㌫です
さらに石づくりの建物はほんの少しだけです

ヨーロッパの国々では 街の大半は石造りの建物です
これは当然のことです

建物はその国にあった気候風土や歴史などによって
世界中にはさまざまな建物があります

日本には日本の気候風土にあった家があります
しかし最近の建物は日本の気候風土や自然災害に
対して問題が発生しています

東日本の大震災での地震や津波の被害を見てみましょう
木造住宅のほとんどが津波で流されてしまいました

また 最近は 大雨によって土砂崩れが発生して家が
押し流されてしまったり

竜巻が全国で発生して家が飛ばされたり

有害物質の建材の使用によって シックハウス症候群が発生して
人々がアレルギーになってしまい健康を害しています

現代の日本にはもっと自然災害や健康で安全な建物が必要です
そこで登場するのが世界特許を取得したブリックスの建築です
ヨーロッパの石づくりの建物の流れを汲んだ ブリックスの建築は
基本構造が 鉄筋コンクリートで 外壁を本物の御影石で仕上げています

200年建築のブリックス
20140809132609bae.jpg

世界中が 異常気象になっています
ハリケーン 熱波 寒波 など

日本でも 各地で 大雨や 土砂崩れ 猛暑など
過去には無かった 異常気象の記録が更新されています

このままいくと 地球はどうなってしまうのか
不安に なります

さらに 地震による津波 が東日本を襲いましたが
これは 数100年に一度定期的に起きています
もし地震や津波 土砂崩れが 起きた時

避難所への避難が 基本的ですが
非難できない状況もあります

今回は多くの人々が逃げ遅れてしまい
住宅がまるで 流木のように 流されていきました

いつ地震や津波が来ても 日常生活の中で
その対策を考えておきたいものです

自分の住む家が 地震や津波が襲ってきても 
守ってくれる建物であるべきだと考えます 

一般の四角形の建物は津波を 
直接 平面で受けてしまい 水の圧力が倍増します

津波に流された船や バスが 
建物の屋上に乗り上げた光景には驚き 仰天しました

また流木や瓦礫が 部屋の中にまで 流れ込みました

具体的な対策として 一番被害を 受けやすいのは
一階です そこには 駐車場や 物置にする

家の形は 丸い形にする 飛行機や潜水艦などのように
丸い建物は 流線型で 津波は家を すり抜けていきます

水圧を半減させて 津波の影響を最小限に抑えます
鉄筋コンクリートは 地震に強く 津波に浮かずに 流されません

ブリックスの 鉄筋コンクリート構造の円筒形の建物は 
津波から住む人をまもる家です
関連記事
世界の建築工法

世界の国の数は約200ヵ国以上 その国の数だけ
建築の工法があるとすると どの国の工法が世界標準か

その国の気象 風土 文化や習慣により さまざまだ
欧州では石造り建築 東南アジアでは 石やコンクリートの建築 日本は木造建築
世界各国の建物は一長一短である
どの国の 建築も 自然災害には未だに 全戦全敗だ
パーフェクトの建築はまだない

ヨーロッパの建物写真

欧米の建物は50年から100年の耐久性があるが
日本の家は平均30年で建替えられ
住宅ローンを一生 払い続けることになる

地球温暖化や自然災害エネルギー問題 
健康生活などを考え これからの時代にあった建物を建たいものだ

ヨーロッパの建築のような自然石が一番耐久性があるが耐震性に欠ける
耐震性は 日本の 鉄筋コンクリートが一番強い
外壁が自然石で 基本構造が 鉄筋コンクリートが最強だ

自然災害 地震に強い 津波に負けない 
台風 ハリケーン 竜巻 洪水 土砂崩れ などにも対応可能

世界基準となるには 世界の誰でもが簡単に 施工できる
施工方法が求められる

外観上大岡

そこで誕生したのが世界特許の
新工法 ブリックス建築 自然石鉄筋コンクリート工法

自然石のユニットをレゴブロックのように積み上げて
鉄筋をセットしてコンクリートを入れるだけで誰でも簡単に施工できる

外壁がヨーロッパ建築のように美しく 
基本構造が 鉄筋コンクリートの建物
内装も同時に完成する

この新しい建築工法こそが 
世界標準の建築工法の基準を満たしていると言える


ブリックス建築は
外壁自然石断熱&室内自然石蓄熱の建築

関連記事
201607112340173c1.jpeg


経済大国といわれながら 国民生活は ゆとりを感じません

またいつ 来るかわからない 地震や津波に 不安な毎日を過ごしています

この日本で もっとゆとりのある 国民生活が 出来ないものかと 考えてしまします

ゆとりのある生活とは 心(精神)とお金(経済)にゆとりを持つことが基本です

まづ 一つ目は いつ地震や津波が来ても 安全 安心の暮らしが出来きて

住んでいて楽しい家で 街づくりを完成させること

二つ目は 日本では収入の 住居費の占める負担が 1/3以上と 多すぎます 

住居費を 減らして 低収入でも ゆとりのある生活を 可能とする 

このことが ゆとりのある生活の 基本となると思います

この解決策の 二つの共通点は 日本の住宅です

一つ目の 安心安全の住宅は 現代建築で 最も強い 鉄筋コンクリートで

地震や 津波が 何回襲ってきても 人の命をまもれる建築を建てることです

津波によって たった一日で 街が流されてしまう

今住んでいる家が 明日には 何もかもが 無くなってしまうのでは

不安で 夜も眠れないと思います

二つ目の 住宅は ヨーロッパ建築のように 数100年の耐久性のある住宅です

住宅ローンは数十年で 初代だけで 終わり 

その子供世代からは 給与からのローンの支払いはなくなります

つまり 今の日本の住宅は耐久性が短いために 何度も建て替えて

一生ローンを払い続けますが 耐久性の永い住宅を建てておけば 

住宅ローンがなく その分 お金にゆとりがでます

ブリックスの建物は 鉄筋コンクリート構造で 

外壁は耐久性の高い天然石で メンテナンス不要です

外断熱の 場所打ち鉄筋コンクリート 壁構造の建物は 

超耐久性の建築で 数100年の耐久性を目指します

ブリックス建築 

  
ブリックス建築のホームページ


亀有



健康住宅は自然の素材を造った家にしたいものです

シックハウス症候群などのアレルギー性の病気に
かかる人が増えています

花粉症もそのひとつだと言われています
花粉症は 杉の花粉が原因と思われています

杉の木を切れば花粉症が治ると思っている方がいますが
杉の山に囲まれた地域の人には花粉症の人はほとんどいません

主な原因は住まいの中にあります
最近はビニールクロスや合板など

接着剤を使用した建材が多く使用されています
建材に使用されてる接着剤には 有害物質が含まれています

また 人の目に触れない物として
部屋の壁のビニールクロスの裏側で
内部結露によりカビが発生して それが飛散していたり

洗面所の床下の内部結露によるカビなど
家の中には多くの 有害物質が存在しています

対策としては 有害物質を使った建材を使用しないこと
また ビニールクロスなどの裏側の空間をつらないことが大切です

建物の躯体と壁との間に空間を作ると
外気温と室内部との温度差によって壁の裏側に
ケビが発生します

ではどのように壁を造るのかというと
ブリックスの建物の様に
躯体の外壁の 外側に面したところに
断熱材を充填して 外気温から断熱します

内部は室内温度を壁に 蓄熱させるため壁がむき出しとして
ビニール壁のような二重の壁は造らないことが大切です

しかしながら 現在の建築のほとんどは
この様な 二重壁の構造になっています

これからの家づくりは ブリックスの様な
外壁に本物のみかげ石の自然素材を使った 外断熱に
内壁は構造体を 露出して 蓄熱する方法が適しています

この機会に ブリックスの 家づくりを ご検討ください


  
ブリックス建築のホームページ
アイランドkmati
天然石 アイランドキッチン