FC2ブログ

未分類

ここでは、「未分類」 に関する記事を紹介しています。
未分類 | Page Top↑ | Home page↑
建物断面パース

住宅はそこに住む家族が生活するための器です

そこに住む家族構成などによって その器は変わってきます
夫婦二人 子供 老夫婦 ペット などの
総人数
その年齢 性別 職業 趣味など
そこに住む家族の住まい方によって
その住宅の 設計が 決定します


たとえば 音楽の趣味があると 音響効果を
最優先します 
音の反響 吸音効果など
また都会では 周囲に対する防音対策も必要です
また 自動車やヨットなどの趣味などは
家の中に
そのスペースを確保しなければならず

家全体の設計が大きく変わります


最近では 自宅で仕事をするために 

事務所スペースをつくりることも増えてきました
このように現代の家族のあり方はさまざまです
また 
人の暮らし方も それぞれで
世代の交代や 時代とともに 
変化していきます
現代の住宅のように 建て主の一世代だけの家ではなく
新築当初の目的を生かした住宅と
その家が 
次の世代に移り住まれたときにも
快適に住めることも 
創造しながら設計していきます
何代にもわたって住める 家づくりが大切です
ブリックスの家づくりは
100年建築で
いつの時代でも快適な住まいづくりを目指します  



船橋玄関Door

    
骨太250壁厚 ブリックス建築のホームページもご覧ください

日本人は木造の家しか知らない

木造住宅CAQVWZ4V

日本人の大半は木造の家で生まれた
そして 家を建てる時も そこで生まれた人は
木造住宅が いいと思って 建てる

マンションなど鉄筋コンクリートの建物が
沢山建っている現代でもであっても
未だに 鉄筋コンクリートの家は数パーセントしか建っていません

そうです 日本人は 木造の家が好きなのです
災害の国日本では 災害が起きるたびに多くの人が
木造の家の 二次的な 被害に合っているのですが

そんなに木を愛しているなら 100パーセント木の家を建てましょう
ただし 室内だけ100パーセントです 外側は鉄筋コンクリート構造です

そうです 基本構造が 鉄筋コンクリートの構造で
内装を 100パーセント木造で作るのです
天然素材の無垢の杉材などを ふんだんに使った家です

imagesaa.jpg


木造住宅で 本当に無垢の木で全体を作るとかえって
高くなります 実は現代の 木造住宅は張りぼての住宅で
中身は ほとんど 木材は少ないのです
内装は 石膏ボード下地の ビニールクロス貼り です
外壁は タイル柄のサイデイングです
木造の柱は芯材だけです

その点では 鉄筋コンクリートの家は 構造体以外は
無垢の木を使用できます下地が コンクリートの構造で
完成しているからです 内装に 使用する木のコストは
安く済みます そして香り豊かな健康的な内装となります

基本構造が鉄筋コンクリート構造だから
地震 台風 津波 竜巻 火事 土砂崩れ などから
人の命を守り 木造住宅のような隙間風も入りません

木造の鉄筋コンクリート構造の家を建てて見ませんか
安全性の高い 鉄筋コンクリートの構造と
香り豊かで 健康的で快適な 自然の木の内装の家
とてもいい家が 出来ると思いませんか

外壁は 天然石の御影の石造り
内装は 杉の木の無垢材仕様の家

木造 骨太250石壁 鉄筋コンクリートの家
ブリックス建築

hun a

    
骨太250壁厚 ブリックス建築のホームページもご覧ください


kam a

熊本大震災 東日本大震災 阪神大震災など 
自然災害に 木造など多くの 建物が倒壊した

自然災害は 忘れた頃に 必ずやってくる
木造住宅は 耐久性が 30年サイクル

一方 大災害は 100年サイクル
体験者は生きていない

いつ来ても平気な様に
今の日本に強く求められているのは
地震や津波に対して 強くて 頑丈な建物です

現在の建築の中では 鉄筋コンクリートの建物が
1番 地震や津波に強いことは 誰でもが知っています

しかし 鉄筋コンクリートの建物は
建築費が 高くまた 施工会社が少ないのが現実

そんな期待にに答えて 誕生したのが
ブリックスのRCU工法の建築です

価格は プレハブ住宅と 同じくらいの建築コストで
自然石の外壁の高級感を備えた 鉄筋コンクリート造

工場生産された 自然石付きの コンクリートパネルを
建築現場まで パレットで運ばれて ブロック状に組立て
多能工の 作業者が 積み上げて 生コンを流し込むと
躯体が完成する

鉄筋コンクリートの建物は 工事職種が
約 10 細かい工事を含めると 15種類あるが
ブリックス建築はそれらを 多能工 1職種で完成する
廃材もほとんど発生しない 完結型 施工法だ

同じ 建物を 造ると 建築コストは
150万円を超える ことは 確実です

ではなぜそんなに 安く 出来るのか

1、ブリックス多機能パネルの10の役割 ➡︎
1 型枠組立て 2 型枠解体 3 外壁石仕上げ 4内装仕上げ
5 鉄筋施工 6 ノンサポート 7 内外ピーコンバラシ
8 左官下地 9 外足場組立て 10 外足場解体
2、多能工1職種の工事費➡︎ 10職種が1職種に施工費の大幅な削減
3、工期の短縮➡︎10職種が1職種に大幅な短縮

以上が建築コストを下げる理由です


設備や 機能のデザインをできるだけ 
シンプルに システム化しました

これにより耐震性と耐火性に優れ 
外観のデザインも高級感のある
高品質な住宅をリーズナブルな価格帯で実現しています

またコンクリートの建物は 耐火性にも非常に優れています
コンクリートの建物は法定耐用年数が47年と永いのですが

ブリックスの建物は 更にそのコンクリートの躯体を 
天然石のパネルで覆うことにより 
耐久性を 大きく伸ばし300年建築を目標としています

軽量鉄骨の工業化住宅と比較しても 
各住宅性能を飛躍的に差別化しています
天然石のコンクリート住宅
ハイレベル ローコスト建築

ブリックス建築

日本国特許
20160430000731f54.jpeg

2014071006022095e.jpg
NASAによる宇宙からの撮影写真

史上最大クラスの 
大型で非常に強い台風8号が沖縄を直撃しました
最大瞬間風速70メートル超と
 観測史上まれにみる暴風が吹き荒れました

那覇市の最大瞬間風速としては 
1956年以来の強さを記録した台風の雲は 
沖縄本島の約20倍に当たるの距離を覆った

瞬間風速が40メートル以上の暴風雨が住宅を襲うと
木造の住宅は危険な状態になります

毎年台風がたくさん襲ってくる 
沖縄 奄美地方では
住宅のほとんどはコンクリート構造です

このような 台風には 軽い構造の
木造住宅や 軽量鉄骨の住宅では 
家は 飛ばされてしまうからです

台風対策には 重量の有る
鉄筋コンクリートの強い住宅を建てませんか

更に 外壁が天然石でメンテナンスがフリーの
ブリックスの建築を
この機会に ご検討ください


tenkzu.jpg

九州地方では 毎年 梅雨の時期には
観測記録を更新する様な 大雨が襲います
異常気象の影響で 年々 その規模が大きくなっています

sinbun.jpg


suiga.jpg

土石流の被災現場で手作業で行方不明者を捜索する消防隊員ら

shasinn.jpg

自衛隊を投入して210人態勢で大がかりな捜索が行われる

heri.jpg


 活発化した梅雨前線の影響で記録的な大雨に見舞われた

九州地方は13日も断続的に激しい雨が降り、
福岡、佐賀両県で住宅が浸水するなど被害地域がさらに拡大した

shuten.jpg

 死者20人、行方不明者7人、熊本、大分を含む4県で
約12万7400人に避難指示・勧告が出されている。

kawahan.jpg


気象庁は14日も猛烈な雨が降り、
竜巻などの突風の恐れもあるとして警戒を呼び掛けている。
国道424号なども土砂災害の恐れがあるとして通行止め

dosha.jpg


土砂災害警戒情報を出すなどして厳重な警戒を呼び掛けた

minnka.jpg

川がはん濫し、田んぼも全て水没。あたり一面、濁った湖のような光景が広がっていた

多くの家屋が押し寄せた土石流にのまれ
kawahn.jpg

山の麓の家屋は巨石や土砂、木が直撃し、1階部分がことごとく押しつぶされた

大きな崖崩れが発生し、土砂にのまれた住宅が全壊した



河川の増水やはん濫、低い土地の浸水
kurum.jpg

最近の日本には 今まで想定もしない 自然災害が発生しています
巨大地震 広域大型津波 大型竜巻 土砂崩れ 

ietouk.jpg

またこれから起きると云われている 
首都圏直下型地震や富士山の噴火など
想像も出来ない大きさで 襲ってくるのでしょうか
その備えは果たして 大丈夫なのでしょうか

matinaka.jpg

住宅は木造住宅と決めている人がほとんどですが
自然災害に最も耐えられる構造は 鉄筋コンクリートの建物です

地震 台風 竜巻 津波 火災 などに対しての耐久性と
人の命の安全確保に最も優れたのは 
鉄筋コンクリート構造

ブリックス建築



Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


狭小 木造 A CAUROT6Z
200年住宅 Brix

狭小地の建築が都市部で話題を呼んでいます

東京都内のマンションが高騰しているため

一戸建てを建てたほうが管理費 共益費など

いろいろなメリットがあることから

狭小地を求める人が増えています

また木造住宅で狭小地住宅を売りにしている

施工会社があります

しかし 内容をよく見ると 敷地は充分広く 

建物の周囲にはゆとりがあり

単純に建物が小さいだけで 

狭小地住宅とうたっている会社もあります

超狭小地建築は 一般木造建築や

プレハブ建築では建てることはできません

民法では隣地境界からの離れを50センチとしています

50センチよりも狭くすることのできるのは
 
鉄筋コンクリートなどの耐火建築は

建築基準法で許可になりますが

木造建築ではいくら狭く建てても 

法的に許可になりません

そして仮に人が入ることができないくらい 

ぎりぎりに建てたとしても

問題は 建てた後の建物のメンテナンスができません

メンテナンスをしない建物の寿命は 

一般住宅の半分以下の寿命です

外部の木部や鉄部は 数年で錆びたり 腐ったりします

まるで放置された空家の建物のように すぐに朽ち果ててしまいます

話を整理しますと

狭小地建築の基本条件 

その1 内側施工でなければならない
 
建物の外側のすき間をゼロにするということは 

建物を内側から建てることになります

問題は建物の外壁をどのようにして 

内側からつくることができるかです

木造やプレハブの建物は困難です 

なぜなら 柱を立ち上げてから

外側の外壁をつくるので 

内側からでは外壁は施工できません

その2 民法の規定の隣地からの

離れ50センチ未満は 

耐火建築物でなければ建てられないことです

その3 仮に前記2つを無視して

建物を建てたとしても建物のメンテナンスが

できないため 建物の寿命が半減してしまいます

それでは 狭小地に建てることが可能な 

建築はどんな工法でしょうか

それは ブリックス建築です

その1 ブリックス建築は 内側施工で
外壁を完成します

外壁が御影石のブリックスユニットを

建物内側から施工します

したがって 隣地との空きは ゼロスペースです

その2 ブリックス建築は 

鉄筋コンクリートの耐火建築物です

防火地域には 隣地との空きは 

ゼロスペースが可能です

その3 ブリックス建築は 

外壁が本物の御影石でできています

お墓の御影石と同じ石で ほとんどメンテナンスが不要です

狭小地建築はブリックス建築


2014010513145547f.jpg   200年住宅 Brix

家の間取りを住みやす く
上手にプランニング 設計するには

建築をする敷地の 基本的な 建築の法規制を
チェックした上で
第一番重要なことは
家は その土地の大きさと形に合った
プランニングすることです

そんなこと 当然のことだと思いますが
現実的に見るとほとんどの 建物は
土地に合わせている様にみえますが
実にムダなプランニングで
建てられているのが 現実なのです

そんなこと言われても 一般の人には
ほとんどが 見分けがつかないと思います

まして生涯に家を建てるのが
始めての経験の方がほとんどです

基本的に 家は その建物の施工方法によって
間取りの ほとんどは 決定されてしまいます

在来の木造の家は 木の柱とはりで組立てるため
その木の大きさや太さによって
部屋の間取りの大きさが決まってしまいます
その他 軽量鉄骨のプレハブ住宅も同様です

また それらの工法で家を建てるときは
家の周囲に施工スペースを確保します

家を 建てようとする外側に
40から50センチのゆとりが必要です

家のプランニングは まず 敷地境界線から
内側に約50センチ程度の施工スペースを確保して
その内側に建物の間取りを作成していきます

家を建てる土地にゆとりが有れば別ですが
敷地より 一回り 小さく 間取りを考える事になります

そんなムダな施工面積をなくした建築工法が誕生しました
建物を内側から施工することで 家の外には施工面積が不要で
敷地一杯に建物が建てられます
その建築工法は鉄筋コンクリート構造でできた
ブリックスの石づくりユニット工法です

自然石で造られたユニットを組み立てて作る
レゴブロックの様な家づくり

玄関吹き抜け町


ブリックスの200年建築をご検討ください
お問い合わせは  電話またはメールにて
お気軽にお問い合わせください
お待ちしております


お問い合わせはこちらをクリック!

よろしければクリックお願い致します。
人気ブログランキングへ  住まいブログへ