静かな寝室

ここでは、「静かな寝室」 に関する記事を紹介しています。


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111



20160711230731b69.jpeg


最近の住宅の寝室は狭くて 防音効果が低い

日本は土地の価格が高くて 狭い土地に 狭い建物を建てます
狭まい土地が さらに 日本の建築制限は厳しく
建ぺい率や 容積率 高さ制限があります
狭い国土を 更に 狭くしています

したがって リビングなどを優先的に 広くつくるために 
寝室などが しわよせで 狭くなります

その上 建物の構造が 木造などは 防音効果が低くて
寝室などの音が 隣りの部屋に聞こえてしまいます

最近 日本の離婚の比率が高い 原因の一つかもしれません ?

リビングなどは大勢で過ごす 空間なので音の問題は
比較的気になりませんが 

寝室は一番 音に関して気をつかう 部屋にしたいものです
特に主寝室は 他の家族が寝た後の 夫婦の大切な時間です

また 最近では 夫婦の寝室も しっかりと独立したベットルームを
分ける 間取りが増えました

夫婦でも 仕事の時間が違っていたり 
奥さんが 自分のベットルームで 自分の仕事を する機会が増えたからです

そうなると更に 各部屋の音の問題が 大切になってきます
そしてベットルームで仕事をするとなると 

仕事をするためのデスクワークのスペースが 必要となります
そこで 広くて 静かな ベットルームを確保することになります

現代の木造住宅では難しい この問題でも
ブリックスの鉄筋コンクリートの建築であれば 解決策があります

まず 狭くて 建ぺい率や 容積率の建築制限の 厳しい狭い土地でも
容積の割増が50㌫ある地下室を つくることで 1.5倍の家が建てられます

そして 施工が外足場で 建物が狭くなるようなときでもブリックスの建築は
無足場で建物が建てられるので 狭い敷地に100㌫建てられます(※法規制あり)

また 音の問題も ブリックスの建物は 住宅でありながら
外壁の壁の厚さが250ミリ内壁の壁の厚さが230ミリと
分厚い壁ですから 防音の問題は心配が要りません

ブリックス建築

壁断面BRIX