津波に強い家

ここでは、「津波に強い家」 に関する記事を紹介しています。


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111



2016061108032577f.jpeg

南海トラフ大地震が 近いうちにやってきます

日本の建築基準法は
昭和25年5月にできました
津波に関する 条文はありません

第一条 (目的) 
この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び 
用途に関する最低の基準を定めて、     
国民の生命、健康及び財産の保護を図り、
公共の福祉の増進に資することを目的とする。 
   
構造に関して      
建築基準法施行令 第46条壁量の確保(壁量計算)           
※地震に対して 地震力用係数  
(壁倍率X壁長さ)の合計>地震力用係数X床面積    
※暴風に対して 風圧力用係数 
(壁倍率X壁長さ)の合計>風圧力係数X見つけ面積
※ 【 津波に関する係数はありません 】

木造住宅は津波に対しては
波の浮力によって浮いて 流されます
津波の耐力係数などは 無意味なのです

しかし津波は 大昔から何度もくり返し 
日本の海岸を襲い 多くの被害を出しています
ではなぜ 日本の住宅は 木造建築であり 
津波の対策を取らないのか

建築基準法では
防火地域には 耐火建築でなけば建てられません
津波の被災地には 津波危険区域を定めて
コンクリート系の建築しか建てられないなど
定めるべきです

建築基準法には 
「 国民の生命、健康及び財産の保護を図り 
最低の基準を定めて 」 とあります

定期的にやってくる津波に対して
津波に強い街づくりをしましょう

コンクリートブロック建築と 
コンクリート建築だけは無事でした

津波にはコンクリート系の建築が
強いことが実証されています

ブリックス建築



津波に強い家

読売新聞 ブロック建築

コンクリートブロック建築は
津波に強かった

東日本大震災の大津波では
ほとんどの建物が流されました

その中で 津波にも耐えた建物がありました
それはコンクリートブロック建築です

その工法で建てた 10数棟の建物が残りました

1968年の十勝沖地震の
 奥尻島の大津波のときにも

コンクリートブロック建築と
コンクリート建築だけは無事でした

津波にはコンクリート系の建築が
強いことが実証されました

自然災害から 人の命を守る 
コンクリートユニット建築

ブリックス建築





20140128224151d84.jpg

津波に流される家 流されない家

東日本大震災の津波には ほとんどの建物が流されました
そんな津波に流されない家とはどんな家でしょうか

過去の津波では 床上浸水程度では 木造の家は 平気でしたが
今回の東日本大震災の時の 津波は 軒先を越えたため
2階の床が 水に浮いて土台が基礎から離れて流されました

また 海岸付近では 津波の勢いが 強く その勢いで
流された家もありました

そんな強烈な 津波にも耐えた家とは 鉄筋コンクリートの建物でした
女川の港町は海から裏山までが近く三角形の形をしていて
津波は町を飲み込み 狭まった地形を速度を増していきました

その津波が今度は引き返してきたとき 往きのスピードの倍のスピードで
戻ってきました

往きの津波では倒れなかった建物でしたが
帰りの早い強い 津波で 倒れてしまいました

周囲の家はほとんど流されてありませんでしたが
この鉄筋コンクリートの建物は倒れましたが
壊れずに残りました

もし 基礎がもう少ししっかりいていたら
倒れずに残ったと思います

鉄筋コンクリート構造の建物は 木造の建物とは違い
倒れて横になっても 壊れない建物です


鉄筋コンクリート構造の ブリックスの円形の家は
津波に強い建物です
ご検討ください

鉄筋コンクリート住宅C




sorom5.jpeg

sorom4.jpeg


ソロモン諸島地震
日本時間2月6日午前にソロモン諸島の沖合で発生しました
マグニチュード8.0の地震で 震源地に近いソロモン諸島東部では
地震発生から約20分後に91センチの津波を観測しました
日本でも沿岸部では 注意報が出されました

ソロモン諸島政府によると これまでに6人が死亡したと報道がありました
ソロモン諸島ではこれまでもたびたびマグニチュード7を超える
地震が起き津波が発生しています

世界中でおきる地震と 津波は定期的にやってきます
それは地球の構造上 地殻の変動によって 必ず起こるもので
避けることはできません

津波が来たときの対策を考えなければなりません
津波が来たら高台に逃げること が一番大切なことです

しかし今回のソロモン諸島のように高台のないような
地域では どこに避難をしたらよいのでしょうか

また高台があっても 遠くて非難に時間がかかったり
非難すべきか 迷って逃げ遅れたり また
お年寄りの家庭のように 非難できない事情もあります

そんなときに 一番 頼りになるのが
コンクリートの建物です

東日本大震災でも コンクリートの建物は
コンクリートブロックの建物も含めて
ほとんどの建物が流されずに 無事でした

津波は木造の建物を 海水の浮力によって
浮かせて 流すことです

コンクリートの建物は重たいので 
海水に浮くことはありません

理想的には 2階以上で 屋上に塔屋付きの
建物であれば 今回の東日本大震災の 津波にも
避難の効果は出ています

ブリックスのアールの建物であれば 波を避けられ
より効果はあると思います

地震と津波対策には ブリックスの家づくりを
ご検討ください

set a


ブリックスは 東日本大震災の復旧 復興を全力で支援しています
http://www.brix.co.jp