FC2ブログ

災害対策

ここでは、「災害対策」 に関する記事を紹介しています。


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


kam aa


富士山が最後に大噴火したのは約300年前です
江戸時代の1707年のことです

近い将来 富士山の大噴火がおきると予想されています
もし 大噴火が起きたとしたら 内閣府の試算した被害総額は 
2兆5000億円といわれています

富士山から離れている場所でも火山灰で生活が脅かされる事態があります
富士山からの 風の向きからすると 首都圏が 直撃されて
火山灰による 首都圏の機能は麻痺してしまい ライフラインがストップし
農作物への影響が莫大となります

そのときに 雨でも降ったとしたら 最悪の事態になります
灰を含んだ 黒い酸性の雨が降り 建物に対するダメージや
水はけの悪い灰が土石流を引き起こします

火山灰は鼻や口から入ると気管支炎に炎症を引き起こしたり
目に入ると目が開けれなくなります

火山の噴火にともなう災害は 火山灰のほかには 溶岩流や
火山ガスの発生があります

火山の噴火災害は 過去には 伊豆大島噴火が 昭和61年 
平成2年に 雲仙普賢岳 平成12年に 有珠山 と三宅島など
定期的に 発生しています

万一 火山の大噴火が起きて 灰や 岩石が飛んできても
また 土石流が 流れてきても大丈夫な住宅をつくるとしたら
それにはやはり 鉄筋コンクリートの壁構造の建物が最適です

さらに 外壁が天然石で かつ円形やアールの形をした建物の
ブリックスの建物が災害には一番 適していると思います

『 備えあれば憂いなし 』あなたも住宅を建てるときには
しっかりとした 丈夫な建物を建てましょう

詳しくは ブリックスまでお問い合わせください

set a


ブリックスは 東日本大震災の復旧 復興を全力で支援しています
http://www.brix.co.jp