FC2ブログ

住宅ローンと家の寿命

ここでは、「住宅ローンと家の寿命」 に関する記事を紹介しています。


Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


住宅ローンの返済年数が
以前は20年だったものが
最近では 35年返済と云う長期のものが
一般的になってきています
と云っても 鉄筋コンクリートの家の様に
耐久性が60年以上のもではなく
一般の木造の家のように 平均建替え年数が
25〜30年の家の住宅ローンの話です

家の寿命が終わって家が無くなっても
その後の住宅ローンの支払いは続くのです

しかし家が無くなって
家を新築すると
新たに住宅ローンを組むことになります
従って二重の住宅ローンを組むことになります
このような時は 旧の住宅ローンの残債は
新たな 住宅ローンに上乗せして
組むことになります
その分 新築住宅の購入金額より
旧残債の分の支払いが 増えることになります

寿命の短かい家を 一生の間に
何回か建てることになると
毎月のローンの支払いだけが
増えて 実際の家は 小さな家となります

よく聞く話では 最初に 家を建てるときには
家はすぐ壊れても 土地が残れば
家はまた 建て替えればいいと言われます
これでは 家は無くて ローンだけが
いつまでも残ってしまい ます

ブリックスの建築は100年以上の耐久性を
家に持たせるために 様々な 取り組みをしています
メンテナンスがほとんどは不要な 天然石を
外壁に使用して 外壁には外断熱を標準ととしています

構造体の耐久性を伸ばすために コンクリートの
躯体の両面に 更にブリックスのコンクリート製の
パネルで保護しています

100年建築であれば 住宅ローンは 一回だけですみ
ローンが完了すれば 無借金の ゆとりの生活が
送れます

高齢化社会に対応した 100年建築を
ブリックスの建築でお建てください

詳しくはお電話でお気軽にお問い合わせください
ブリックス (株)
TEL: 03-5695-8111
 
またはメールにてお問い合わせください
お待ちしています
メール: info@brix.co.jp