FC2ブログ

遮音性

ここでは、「遮音性」 に関する記事を紹介しています。


Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


20140703060317202.jpg

住宅の性能の中で 命を守るための性能である
耐震性や耐火性 耐久性などは 最低限の性能です
地震や火事で燃えてしまう家は住宅としては落第です

住宅で大切な性能として 快適性があります
なかでも 現代の住宅では 音の問題です

BAIKU


家の外の車やバイクの騒音はもちろんですが
家の中の音 特に各部屋と間の音については
日本の住宅は世界でも最低のレベルです

SUTERE


隣の部屋のテレビの音が気になる
音楽の音がうるさいなど 家のなかで発生する音は 
現代の日本の住宅では 最も解決したい 課題です

SINRI


静かな部屋で過ごすこと 田舎に行ったときに感じた
あの静けさを 住宅の中で 体感したいものです


現代の人の ストレスや 病気の一つである 
不眠症なども 住宅の 遮音性が低いことも原因のひとつです

家の中で 静かにゆったりと過ごす快適性
ぐっすり安眠が出来る健康法は

それは住宅の 壁の厚さと構造です
遮音効果は 壁の質量(重さ)で決まります

一般住宅の壁の厚さは10数センチです
木造やプレハブの構造は 軽い素材で出来ていて
その構造の中は グラスウールで ほとんど空気層です
遮音効果は 期待できません

建物の構造では 鉄筋コンクリートの構造が
一番遮音性が 高い建物です 

PIANO


一般的なコンクリートの建物の壁の厚さは
10センチ~18センチです コンクリートの建物の中では

ブリックスの建築は 外壁の厚さが25センチと一般のコンクリートの
建物の壁の厚さの2倍くらい 分厚い壁で出来ています

さらにブリックスは 標準仕様で自然石の御影石の外壁でできています
質量の最も重い自然石で 音を反射させる効果があります

一般住宅のサイディング貼りとは 比較できないくらいの
遮音効果があります 

室内の部屋と部屋との間の壁は 
鉄筋コンクリートの23センチの壁の厚さです 

この23センチの壁の厚さは 一般の分譲マンション
各住戸の間の壁の厚さよりも 30~40㌫ 分厚く出来ています

壁厚比較図



25cmの厚さの 天然石で造られた 
ブリックスの 鉄筋コンクリートの建物が
最も防音効果のある 安眠できる家と云えるでしょう

その性能は年月を経ても自然石で劣化しないため
高い遮音性能が数100年単位で長く保たれます

壁断面BRIX

上階の音を階下に伝えないデッキプレート式の
床スラブコンクリートは 子どもの飛び跳ねや 
走りまわる音などの 重量衝撃音に対して
遮音性を高めた 優れた低減効果を発揮します

上階の振動を下へ伝えにくいため
二世帯住宅に最適な建物です

安全 安心 快適な住環境の 
ブリックスをご検討下さい