健康住宅

ここでは、「健康住宅」 に関する記事を紹介しています。


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


救急車 image

家庭内の不慮の事故死の40%が浴室内で起きています
全国的に見るとその数は年間 1万4000人にもなります

交通事故 image

昨年(平成23年)の交通事故死が4612人ですから3.8倍になります
外よりも家の中の浴室の方がはるかに危険です

その原因は浴室が寒く  血圧の急上昇と 急降下が主な原因です
今までの住宅は 洗面 脱衣室 浴室が寒く

公団浴室 CAYV632X

当然 入浴するときに 裸になると身体が寒くなり
その後にすぐに 熱い風呂に入り お風呂の温度を高めにします

熱い浴槽 image

寒い冬だとお風呂のお湯の温度は平均42℃程度です
身体が冷えて寒いので その反動で 熱いお湯に肩まで 
どっぷり湯に浸かり 長湯をして身体を暖めます

この結果 血圧の急激な 上昇と急降下を起します
そして 心臓の心筋梗塞や 脳内出血などで倒れてしまいます

日本人は風呂好きで 長湯をする人が多く
お湯の中で倒れていると 浴室の外には音がしないため 
ゆっくりお湯につかっているのだと思っていて 発見が遅れてしまい
手後れということが多いのです
 
対策としては浴室や洗面所などを暖めることが大切です
浴室に限らず 家全体が24時間 常に同じ温度に 
そして一定に保つことが理想です
それにはブリックス建築の蓄熱住宅が理想的です

また 東京消防隊の救急車が出動した 家庭内の
転倒事故の場所で一番多いのは 居間での転倒事故です

一般的には 階段室とか廊下だと思われます
重症患者の事故の発生場所で一番多いのは 
居間がトップですが 次が浴室だそうです

フローリングの床image

比較的に段差の少ない 居間での転倒事故が
圧倒的に多い その理由は 床がフローリングになっていて
滑りやすくなったことが主な原因です

畳は素足で歩き 安定性があります
ところがフローリングだと 冷たいので靴下やスリッパを履き
それがすべる原因で転倒します

スリッパ CAE16I4U

バリアフリー住宅で段差を無くし 靴下やスリッパなど
滑りにくいものを 撰んで履きましょう

スリッパ の絵 CAEFCTEZ

浴室内での温度差による事故や 床が滑って転倒する事故など
外で起こる交通事故よりも 家の中で起こる件数が何倍も
多いと云うのは 大変 大きな問題です

室内エレベーター吉川

ブリックス建築は バリアーフリーで 安全 安心な住宅そして 
地震や火災 津波など 自然災害に強い家づくりを目指しています

ブリックス建築



ホール100_8448


最近の住宅の壁は ほとんどがビニールクロスです
施工が簡単で早く 経済的なのですが 
ビニールクロスは 調湿性がなく 呼吸しません

昔の住宅の壁は 土の塗り壁でした 土壁は 湿気を吸ったり はいたり
調湿性があり 呼吸をしてます

冬は乾燥して寒く 反対に 夏はジメジメと湿度が高く蒸し暑いのが
日本の気候ですが その様な四季の気候の変化にも 
順応して造られたのが 日本の住宅でした

最近の住宅建材でも 珪藻土や 漆喰など調湿性のある壁材があります
これらは 塗り壁で 湿式工法と呼ばれています 
昔の家と同じに 壁が呼吸をします 
人の健康に良い住宅建材です

建物の建築工法も 湿式工法と 乾式工法があります
乾式工法は プレハブ住宅のように 
建材を組立てるだけで家が建つものです

湿式工法は コンクリート住宅の様な
生コンクリートを流し込んで造る住宅です

コンクリートも 土壁と同じように 湿気を吸ったり
吐いたりする 調湿効果があります

したがって 健康にいい家とは 
湿式工法のコンクリートで建物を建てて
室内は コンクリートの壁に 漆喰や珪藻土などの
塗り壁にするのが 理想的な呼吸をする住宅です

ブリックスの建物は コンクリートの建物です
室内の壁は 塗り壁を基本とした 呼吸する住宅です
さらに 外壁が外断熱工法になっていて
外気の気温や湿度に 影響を受けにくい建物です

住む人が健康的に暮らせる家づくり
ブリックス建築



長寿 C CAQBOLAB

健康住宅の家づくり

昔の家は 家中がすき間だらけでした
床の畳をあげると 基礎の下の地面が見えていました
いつも 家中にすき間風が吹いていました

冬には家の中でも 息をはくと白くなっていました
家の中では みんなが どてら姿でした

その頃は 現代の様な シックハウス症候群の様な
アレルギー性の病気は見かけませんでした

ではなぜ 最近の住宅に住むと シックハウスになるのでしょうか
現代の住宅は 高い気密性と 断熱性を追及することにより

昔の住宅のようなすき間だらけ家と違い ダニやカビが発生しやすくなっています
それを抑えるために さまざまな薬剤を使っています

また木造住宅は シロアリ駆除に 薬剤を使用したり
木が腐らないように 有害物質の防腐剤を使用しています

一般住宅でも ビニールクロスの普及で 接着剤などの有害物質の使用により
特に 機密性を高めた部屋などは アレルギー症の原因となっています

さらにマンションの部屋の北側の壁は 内部結露により
ビニールクロスの裏側に発生する カビが空中を飛びまわり
シックハウス症候群の原因になっています

結論としては 現代の住宅は とても健康的な 家とはいえません
昔の家と 現代の家との違いに 問題の原因がありそうです
現代の住宅は 施工上の問題で 有害物質をどうしても使います

それではどんな住宅が 健康住宅と言えるのでしょうか

それは ブリックスの建築です
1、基本構造がコンクリートなので 
 A、木のように腐らないので 防腐剤を使用しない
 B、木と違いシロアリがつきにくく有害な薬剤を使用しない
 C、内装にビニールクロスを使わないので 有害な接着剤を使わない
2、外断熱工法なので 内部結露がおきにくい カビ ダニが 発生しにくい
3、内蓄熱仕様なので 室内温度が 人の体温に一番近い

その他 ブリックス建築には数多くの 健康住宅の特長があります
詳しくは ブリックスまでお問い合わせください
メール又はお電話をお待ちしています

yos a


ブリックスは 東日本大震災の復旧 復興を全力で支援しています
http://www.brix.co.jp