安心 安全な家づくり 三原則

ここでは、「安心 安全な家づくり 三原則」 に関する記事を紹介しています。


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


image_20130916083708107.jpg


安心 安全な家づくり 三原則

1,燃えない 2飛ばされない 3流されない 家づくり

1 , 火事に燃えない 家をつくりましょう

一番身近な 災害は 家の中での火災です
最近の住宅の 内装は大半が ビニールクロスや
新建材で造られているために大火事ではなく
小さな火事でも 有害物質の煙によって
一酸化炭素中毒などの 被害が発生します

また 大地震が発生すると 阪神大震災や関東大震災の
時のように 大火事が発生します

火事には 内装を燃えない無機質素材で造った
耐火建築が安全な建物です

2, 竜巻に飛ばされない家をつくりましょう

最近では異常気象の関係で
竜巻や突風が日本各地で発生してます
竜巻の通ったコースのあとは
屋根や住宅が飛ばされています
木造住宅の様な軽い建物は
風でも屋根や建物全体も飛ばされてしまいます

竜巻には コンクリート建築の様な重たい建物は
飛ばされる事がなく 安全な建物です

3, 津波に流されない家を つくりましょう

東日本大震災では沿岸部の街の多くの建物が
津波によって流されました
日本は島国でほとんどの都市が沿岸部にあります
東日本大震災では 津波は 海岸線から
何キロも離れた内陸部ま襲って来ました
自分の住んでいる場所が 海からは
遠いと思われている人も安心できません
参考に 100年以上前のその地域の歴史をなどを
調べて見ると良いと思います
津波には 木造の家は水に浮いて 流されてしまいす

津波には鉄筋コンクリート構造の様な重たく
形が船の様な円形の建物が安全な建物です

1,燃えない 2飛ばされない 3流されない 建物は
安心 安全な家づくり 三原則が 確保された
ブリックスの建築です

ぜひご検討ください