台風

ここでは、「台風」 に関する記事を紹介しています。


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


春の嵐 強風をもたらしたのは「爆弾低気圧」
産経新聞 4月3日(火)19時0分

春の嵐BCA9JNHJH
 

 日本列島に台風並みの強風や大しけ、大雨をもたらしたのは、
短時間で急速に発達する「爆弾低気圧」だった。

こうした低気圧が日本海で発生するのは極めて異例で、
大阪管区気象台の担当者は「4月にこれほど低気圧が発達するのも珍しい」と指摘する。

 低気圧は寒気と暖気が混じり合ってできる。
今回は西から東に吹く偏西風が日本海付近で南に蛇行し、
大陸の強い寒気が張り出す一方、南から暖気が流れ込んで発生したとみられる。


春の嵐D CA2MIW4E


 低気圧は通常、日本の東の海上で発達するが、
気象庁によると、日本海での観測は漁船遭難などで
670人が死亡・行方不明となった昭和29年5月以来という。

 日本気象協会によると、中心気圧が24時間で24ヘクトパスカル以上
低下するものを「爆弾低気圧」と呼ぶ場合があるが、
今回の場合、2日午後9時に1006ヘクトパスカルだった中心気圧は、
3日午後9時には968ヘクトパスカルにまで低下するとみられている。

春の嵐A CAAJ345K
 
 急速に発達する低気圧をめぐっては、
「メイストーム(5月の嵐)」と呼ばれる自然現象もある。
日本付近で寒気と暖気がせめぎ合い、
4月下旬から5月ごろにかけ、強風や落雷をもたらすとされる。

春の嵐 E CACLYF4P


 千葉市で午後0時5分ごろに28・8メートル、
東京・大手町で0時25分ごろに28・5メートルなどの
最大瞬間風速を記録した。
低気圧は31日夜に北海道の東へ進む見込みで、
夕方まで強風が続くとみられる。


春の嵐C CAK5Q3SP


 東京ゲートブリッジ(東京都江東区)では午前10時半に
基準値(20メートル)を超える最大瞬間風速23メートルを観測し、
上下線で通行止めとなっている。

以上  産経新聞 4月3日(火)19時0分配信
  

地震や津波 台風や土砂崩れ 火事など に最も適したものは 鉄筋コンクリートの建物です
その最も 強い建物に 外壁に天然の 御影石  外断熱の工法を採用した
ブリックスハウスの建物をご検討下さい

 
ブリックスのホームページもご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい


上大岡外観

 
ブリックスとブリックスクラブ各社は 
東日本大震災の復旧 復興を全力で支援しています
http://www.brix.co.jp