FC2ブログ

お金の貯まる家

ここでは、「お金の貯まる家」 に関する記事を紹介しています。


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


2014081123043686c.jpg


家には お金のかかる家と お金の貯まる家がある

家を建てると すぐ始まるのがメンテナンス
数年毎に維持管理のためのメンテナンスをすることになる
家が古くなれば年々 費用が増えていくことに

日本の住宅の平均寿命は25年から30年
建物にかかるメンテナンスの費用は
一回に 数10万円から 老朽化すると数100万円かかる
建物の一生涯にかかるメンテナンスの費用は
200万から500万円といわれている

最近は リフォームに 新築時の60から70パーセントをかけて
本格的に建物の修繕をする人もいる

このように日本の住宅は建物を維持していくために
多くのメンテナンスの費用がかかりる

それに比べて ヨーロッパの建物は 
石造りの建物で 数100年経っても 
綺麗な街並みを 維持している

また お墓に使われている石は御影石でできていますが 
何十年経っても メンテナンスは必要なく 綺麗でいてくれる

つまり 耐久性の永い住宅を建てておけば 
メンテナンスの費用がかからずに
お金が貯まる

天然石の御影石の外壁で 
場所打ち鉄筋コンクリートの 
厚さ250ミリの壁構造

ブリックス建築





お金の貯まる家

日本は世界トップクラスの経済大国です
しかし国民生活は世界トップクラスの実感はありません

それはなぜでしょう
原因の一つに 日本の住宅問題があります
結婚をしてから 子育てをする時
住宅を建てたり マンションを 購入します

住宅ローンは 30年から35年返済で 
所得の30%~35%位が返済の目安です 

ところが日本の住宅の平均寿命は26年〜30年です
住宅ローンが終わるころ 住宅もその寿命が終わります

住宅を持っている時には ローンの返済が一生
ついて回ることになります

いくら給与を もらっていても 
給与の大半が住宅ローンの支払いです
これでは豊かな生活は望めません

ヨーロッパ建築のように 家の耐久性が数100年あったら
住宅ローンの支払いは 一世代だけで終わります
その子世代からは 住宅ローンはなくなります

つまり 寿命の永い住宅を建てれば 
住宅ローンがなくなってから
その分のお金が貯まることになります

ブリックスの建築は 天然石を埋め込んだ外壁で
場所打ち鉄筋コンクリート壁構造です
超耐久性で メンテナンスフリーの
ヨーロッパスタイルの建物です