資産価値の高い建物

ここでは、「資産価値の高い建物」 に関する記事を紹介しています。


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111





鉄筋コンクリート住宅

建築費を比較するときに
その建物の寿命(時間)を計算することを忘れています

例えてみると
木造の家を 50万円 x40坪=2000万円
鉄筋コンクリートの家を1.5倍の75万円で建てたとします
75万円x40坪=3000万円です

次に 建物の寿命が 木造の家は30年
鉄筋コンクリートの建物の寿命を60年とすると
木造の家は 2000万円➗30年=66.6万円
鉄筋コンクリートの建物は3000万円➗60年=50万円

年間16.6万円 1ヶ月13800円 鉄筋コンクリートの建物が得です

また 建物は 維持管理のために
補修費用が一定期間毎にかかります

木造の家は数年毎に
外部の木部や鉄板などの補修作業が必要です

それに比べて 鉄筋コンクリートの建物は補修期間が倍以上長く
補修費用も コンクリートなので錆びたりせずに 1/2 以下で済みます

一見高い建築費に思える 鉄筋コンクリートの建物ですが
よく計算して見ると 木造よりも 安価なのです

天然石の外壁 鉄筋コンクリートの建物
ブリックスの建築をご検討ください





image

日本の家づくりの技術

日本人は 完璧な製品をつくる国民性を持っている民族です
今 韓国や 中国との国際的な摩擦がありますが
世界の 商売上では今日本は 遅れをとっています

池上彰さんが言うには 日本の技術をベースに
ネット戦略で売り上げを伸ばしている彼らは

日本との関係が悪化すると 彼らにとって商売が難しくなる
日本の技術は世界で一番だからと言っています

建築や土木の業界もでも 日本は 今世界中で 活躍しています
しかしながら 戸建て住宅に関しては

日本は木造の家を中心に
プレハブ建築なども 改良をしてたものです

そのため 世界の住まいは 石造りの文化では
日本の木造住宅は 文化の違いで売れません

売れない理由のもう一つは 日本の住宅は技術が難しく
工事工程が多くまた 専門職の職人でないと
施工が難しいのです 海外の技術ではとてもできません

世界で 日本の住宅を売るためには
もっとシンプルで 施工が簡単な建築工法が必要です

たとえば ヨーロッパ石造りの建てものは
単一部材の石だけで建物を作ります

ブリックスの建築は 石のユニットだけの
単一部材で 建物を つくり さらに
石づくりの建物ではありますが
構造が 鉄筋コンクリートの
耐震性がある 安心安全の建物です

メイドインジャパンの家づくり
世界特許のブリックスの100年建築を
ご検討ください




image_20130619081808.jpg

image_20130619081809.jpg


ものを購入する時 少しでも良いものを
安く買いたいと思うのが 人の心理です
日本人は 世界でも ブランド品を 好む人種です

中国製などの 粗悪品を 避ける傾向にあります
そんな日本人が 選ぶ 住宅は 木造住宅の家です

日本の気候風土にあう こともあると思います
そして 木造以外の 住宅の工法の選択肢が少なく

鉄筋コンクリートの住宅を建てる
建築会社が少ないこともあります

鉄筋コンクリートの住宅を建てる人は
全体の数パーセントしかいません

これだけ 地震や 津波や 竜巻などの
被害にあっていても
建て替えて 建てるのは また 木造の住宅です

コストパフォーマンスで考えると
住宅の寿命は 木造とコンクリートを比較すると
2倍以上の差があります

仮に同じ価格で購入した場合
寿命の長い コンクリートの建物は
木造の半分のコストで建てられることになります

その他の耐火性能や 耐震性などの各性能も
大きく 性能に差が出ます

特に マンションなどの 長期耐久商品では
コンクリートの建物の方が コストパフォーマンスが
大きく有利となります

更に ブリックスの建築工法で
外部に使用されている 仕上げは
本物の御影石で 半永久的の耐久性があります

ブリックスの100年建築をご検討ください


image_20130619082356.jpg