欧米の家のプランニング

ここでは、「欧米の家のプランニング」 に関する記事を紹介しています。


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


201403032236453b1.jpg


欧米の家のプランニング

現代の日本の家の間取りと
欧米の家の間取りと比べてみると

家づくりの基本が全く異なることが わかります
日本の家は玄関を第一に重要と考えていることが理解できます

玄関は家の顔と考え 玄関に 多くの面積と 予算をかけます
玄関のドアを開けると そこは一つの家が凝縮されています

その玄関を上がると長い廊下が続いていて
最初は応接間があります

最近ではあまり見かけませんが 普段はあまり使われない部屋です
どこの家にも必ずあった部屋でした

次に 廊下から 各部屋へ 間取りが繋がっています
1つ1つの部屋が 独立して 小さく区切られているのが
日本の住宅の間取りの特徴です

欧米の 一般的な家の間取りは
オープンプランニング と云う間取りが一般的です

玄関のドアを開けると いきなり 広いリビングが 最初にあります
玄関 ホール 居間 食堂 台所が 一体化された
オープンスタイルの大昼間です
 
いくつかの部屋をまとめることにより
オープンプランニング は同じ面積でも
広々と使うことができます

オープンプランニングのこのスタイルは日本の
住宅の間取りを考えるとき特に
狭小住宅向きの間取りを考える上で効果的です

日本の家は木造住宅の構造から大空間が作れないこともあり
独立した 部屋をコマ切れにしたような
プランニングになってしまいますが

このオープンプランニングは 壁も 仕切りもなく
大空間のリビングを中心にした間取りの構成です

ブリックスはこの欧米スタイルの
オープンプランニングを基本としております

ブリックスのRCU工法をご検討ください