FC2ブログ

内蓄熱

ここでは、「内蓄熱」 に関する記事を紹介しています。


Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


外壁断熱プラス内壁蓄熱 の建築

人間が暮らす室内空間を 快適な温度を保つのは 内壁蓄熱工法
住宅の冷暖房の基本だ

人は冬寒ければ 外に出る時 オーバーコートを着る
夏暑ければ 肌に直射日光を浴びない様に 日傘 や麦わら帽子をかぶる

建物も同じだ
真夏の40度の暑い陽射しを浴びたら 建物も 熱を持ち触れないくらい熱くなる
そして膨張し さらに紫外線で 劣化する

真冬のマイナス0度で 建材が氷って 凍結 融解などで 劣化が 進む
一年中 夏の暑さと 冬の寒さに 建物が 痛めつけられている
このように建物の 断熱の基本は 外壁断熱だ

このように 外壁 無断熱+内壁 断熱の建築工法は
全く反対の効果で 建物の寿命を 短くする
更に 冷暖房の効果を下げる

熱の伝え方には 対流  伝導  輻射(放射)の 三種類がある
建物の構造により 熱源を選んで冷暖房を考える

1 熱の対流

熱 対流 mage

暖房器具の中でも温風ヒーターやエアコンなどは
暖かい空気を放出して部屋を暖房する
そのため、部屋の空気が換気されると部屋が寒くなる

2 熱の伝導

熱 対流 image

作りたての熱いスープを陶器の容器に入れたとき
容器が熱くなり 持っていられなくなるが
木のお椀ではいつまでも 熱くならない
熱伝導は物質によって異なる

3 熱の輻射

太陽の自然な暖かさも輻射熱
遠赤外線の熱線によって直接伝わる熱のことです

薪ストーブの熱が体に柔らかいのは輻射熱によって
暖房器具は壁面や家具を温め 
その暖められた壁面や家具から熱が放出されることから
自然な暖かさを感じることができる

直接 人を暖めたり住宅全体を暖めることから
仮に 空気が 換気された場合でも 
暖められた物が発する熱で 暖房効果を持続できる

薪ストーブ オイルヒーター 床暖房(ホットカーペット)など

熱 ストーブ image

気密性の低い木造住宅の場合には室内の壁面などを輻射熱で暖めても
室内の壁のビニールクロス+石膏ボード は断熱してしまい 蓄熱の効果はない

輻射熱暖房が有効なのは 蓄熱性の保たれた
コンクリート壁や塗壁の室内の壁ということになる

さらに、空気を暖めず 壁を温めるので 暖房効果を感じるまでの
時間がかかるが  一度暖めると長時間熱を蓄熱することができる

最も経済的な冷暖房は 蓄熱性のある コンクリートの躯体に塗装仕上げか塗り壁 
又は 石張りやタイル貼りの 内壁を暖めることです 
 
また エアコンを 低めに設定して 24時間 ONにする

外出して人が家にいなくても エアコンは入れたままにすることがポイントです
一見電気の無駄使いのように思えますが かえって 電気代は半減します

ただし 一般のマンションの内装はビニールクロス貼りなので 
断熱の効果しかなく 24時間入れても 効果はないので ご注意を!

蓄熱性の効果の高い 石やコンクリートの 内装 で 室内蓄熱  
外壁断熱の 鉄筋コンクリートの構造体の ブリックス建築