FC2ブログ

蓄熱コンクリート

ここでは、「蓄熱コンクリート」 に関する記事を紹介しています。


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


壁断面BRIX



コンクリートは木の3倍の蓄熱体です
反対に木造は 断熱効果が高いのです

断熱効果の高い木造住宅と
蓄熱効果の高いコンクリート建物

全く正反対の性能を持った建物ですが
一体どちらの建物が住み心地がいいと思いますか

日本の国土の70パーセントが森林原野です
その木材を使って 昔から 日本では
住宅の97パーセント以上が木造で
建てられてきました

夏の高温多湿の暑さを 木材の断熱性を利用して
風通しの良い 建物が建てられ
冬の寒さに対応するため 断熱材を入れたり
気密性を高めたり 改良されてきました

しかし 現代ではエアコンの普及により
自然の風を頼りの木造住宅よりも
マンションの様に気密性と性が高く
エアコンの効果のある コンクリートの建物が
快適であり 経済的です

コンクリートは 蓄熱性が高く 夏 部屋を冷やすと
建物が その熱を 保温する 効果が高いのです
反対に 冬 暖房で部屋を暖めると 夜 電気を切っても
翌朝まで 暖かいのです

しかし コンクリートの建物は 蓄熱性が高いため
夏の炎天下では コンクリートが熱くなり
手で触れなくなるほどです
また 冬は 氷のように冷たく 冷やされます

これらの対応策としては コンクリートの外側を
断熱材で 覆うことです これが 外断熱です

室内側に 断熱材をする 内断熱は 反対効果です
外気の熱い温度をコンクリートが蓄熱をしてしまい
また せっかくエアコンで冷やした室内は断熱材が
蓄熱せずに 電気を切るとすぐに暑くなります

このように 断熱材と蓄熱材を外と内の 使い方を
間違って 正反対に 使ってしまうと
まったく異なる結果がでるので ご注意を

外断熱の施工技術は 難しく 工事費が高額です
最近では 外断熱工法の 建築は希少価値となっています

外断熱 コンクリート造
ブリックス建築