FC2ブログ

健康にする家

ここでは、「健康にする家」 に関する記事を紹介しています。


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111




玄関トリアノン


家が人を 健康にする家
現代の住宅は 使われる新建材からでる有害物質によって
シックハウス症候群という アレルギー性の病気を引き起こして
家庭にいる 子供や主婦が病気なってしまう

その建材を製造しているメーカー 
その建材を使う建築会社
それを規制する法律 
最終的にはその住宅を選んだ
ユーザーの責任となる

今日 日本の住宅は ローコストの住宅の販売競争により
価格を下げるために 安価な新建材を使用して施工をしている

具体的には 構造体に使用する合板
内装のビニールクロス 新建材で出来た台所の流し台
食器戸棚 建具がある

では健康になる家を造るにはどうしたらいいのだろうか
昔の日本の家を思い出すと 家は全てが自然の素材で造られていた

壁は土壁 床は板の間 畳 戸は紙のふすまだった
自然素材の良いところは呼吸していること

玄関吹き抜け

人は呼吸している動物ですから 家も呼吸していないと
健康にはなれない ビニールクロスと新建材で包まれた 
密閉された部屋では そこに使われている有害物質に犯されてしまう
しかしながら昔の家を現代に造る訳にもいかない

建築の制限や高さを確保した にマッチした建物を造る 
それは鉄筋コンクリートの建物だった
使うのは全て自然素材の 石 砂 セメント 鉄 
またコンクリートは呼吸している

問題は内装です 一般的にマンションなどの内装は
下地にボードを貼り ビニールクロスなどで覆ってる

それをシックイ 珪藻土などの 塗り壁にすることで
コンクリートと一体化して呼吸する壁となります

珪藻土などは有害物質などを吸着して室内の空気を
きれいにします 最近では室内のウイルスを除去する
光触媒式の空気清浄機なども効果がある

そしてなんといっても鉄筋コンクリートは地震や火災から
人を守ることのできる唯一の建築工法だ

なにが健康に一番良いのか 選択を間違わないように 
最終的には 個人の住宅は 家を建てる人が 決定するもの

ブリックスは自然石の外壁で出来た
外断熱の鉄筋コンクリートで 内装は塗り壁が基本の建築だ


人が生きていくためには1分間に 約20回呼吸しています

一回の呼吸で 0.5リットル 1日2万8000回呼吸します
これは、ごはんにするとなんと約100杯分にもなります

1時間には20㎥ 6畳間の 気積23㎥の空気を呼吸します

6畳間に一人でいても 一時間に 一回は空気を 入替える必要があるという事です 
4人居れば一時間に4回も空気の入れ替えをしなければなりません

昔の住宅では隙間風が侵入して
自然に室内の空気は入れ替わっています 
これを自然換気といいます


しかし、現代の住宅は窓をアルミサッシに替えて隙間風は入りません
木造住宅にアルミサッシで 自然換気回数は0.4回位までさがり
鉄筋コンクリート造では 機密性が高く 0.1回くらいと言われています


自然に気密化されてしまう 現代の住宅では
計画的な換気対策が必要です
特に冷暖房で閉めきっている部屋では
計画的な換気は不可欠です

最近の住宅やマンションの内装は 下地にボードを貼り 
ビニールクロスなどで覆ってしまいます
ビニールクロスと新建材で包まれた 密閉された部屋では
そこに使われている接着剤などの有害物質に犯されてしまいます

人間は呼吸している動物ですから 内装が有害物質を含んだ
住宅建材ではシックハウス症候群などになり 健康にはなれません

住宅の内装はビニールクロスなどは出来る限り使用せず
コンクリートの構造体に直接 天然素材の シックイ 珪藻土などで
塗り壁にして コンクリートと一体化して呼吸させましょう

珪藻土などは有害物質などを吸着して室内の空気を
きれいにします 

健康を優先した建材を選び 
コストダウンを優先したばかりに健康を害さないように 
家族の健康に一番優先させた良い建材を撰んで家づくりをしましょう 
最終的には 個人の住宅は 家を建てる人が 決定するものです


ブリックスは自然石の外壁で出来た
外断熱の鉄筋コンクリートで 内装はコンクリートの壁に
直接 塗り壁が基本の 内蓄熱式の健康住宅です

是非この機会にご検討下さい