FC2ブログ

メイドインジャパンの家

ここでは、「メイドインジャパンの家」 に関する記事を紹介しています。


Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


メイドインジャパンの家づくりは

世界に誇れるアイデアが たくさんあります
畳の床の和室
折りたためるお膳の食卓
押入れにしまう 布団の寝床
肩までつかれるお風呂

狭い日本では 住まいづくりに
様々な工夫があります


日本のお家芸の なんでも
コンパクトに
折りたたむ技術があります
寝床になる 布団は 折りたたんで
押入れに 収納します
居間が寝室に変わります


今は少なくなりましたが
お膳などは
脚が折りたためられ
食卓や お茶を飲む
テーブルになります
自慢ができる 日本の文化にお風呂があります
特に 露天風呂は 日本独自の風呂の文化です
もう一つ 世界に誇れる 日本の文化に
和室があります


和室は 一つの部屋が多目的に使えます

居間 寝室 食堂 茶の間 その他
住いの すべての 用途に使えます
また メイドインジャパンの
昔の家づくりは健康住宅です
呼吸する 土や 漆喰や 珪藻土の 塗り壁
高床や 屋根裏 など 家全体が 自然換気されていました


現代の日本の住宅は 少し 構造が
変わりました
デザイン や 経済性 高気密を優先にした

ツーバイフォー工法などの
欧米スタイルの住宅に
なって来ています
そんな中でも ブリックスの家づくりは
洋風スタイルですが
家づくりの基本は
昔ながらの自然素材を
使った
健康住宅を 目指しています


外壁は天然石の御影石 

室内は塗り壁などを標準的な仕様とした
ブリックスの家づくり

建物断面パース
メイドインジャパンの家づくり 

地震大国日本の 耐震基準は世界トップクラス
その日本で誕生した 住宅は地震に強い建物だ

しかしながら 今回の東日本の 大震災では 
老朽家屋は除いて 地震で倒壊した建物はすくなく 
ほとんどは 津波によって 流された建物

被災地石巻


いくら地震に強くても 津波に対しては 
木造の建物は 水に浮いてしまい 流されてしまう

日本での津波の被害は 北海道の奥尻の津波など
数十年おきに 被害にあっている

木造の建物は 日本の木造住宅や 
アメリカ カナダのツーバイフォー住宅が主流
ヨーロッパでは今は石づくりの建物が多く建っていますが

パリの街a


むかしは ほとんどが 木造住宅だ 都市の大火災や
戦争などによって より強い建物が建てられ 
現在の ような 石づくりの都市が誕生した

日本もそろそろ 火事や 津波 台風 竜巻に負けない建物に
建て替えるべきだ

沖縄などは コンクリート系の建物が大半だが
首都圏直下型の地震が来るという予想が出ている
東京などは 進んで 構造改革をするべきだ

家というと木造というイメージが強く
鉄筋コンクリートの建物は 日本では まだ数パーセントと
実績しかない 

その原因の 一つには 鉄筋コンクリートの
建物は 建築費が 高額で 予算に合わなく 
安く建てられる 木造住宅を建てる結果となっている

鉄筋コンクリートの建物が高い理由である 型枠工事や鉄筋工事が
不要で ユニットを組み立てて コンクリートを注入するだけで
天然石の外壁の コンクリートの建物が完成する
ブリックスの新工法