Brix 建築は ヨーロッパの美しく超耐久性の建築を 基本理念とし 日本の高い建築技術をクリアーし 世界特許を取得した これからの 建築工法です


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


若いサリーマンのマンション経営が人気となっています
木造アパートBimage

新築の賃貸用のアパートを ローンを借りて
購入し それを賃貸して 家賃収入を得る

ある程度の会社または公務員で 勤続3年以上であれば
購入物件の90パーセントの融資が受けらることを活用したものです

物件価格の10%の頭金があれば買えてしまいます
物件価格が3000万円なら 300万円の資金があれば
残りの90%は金融機関からの 融資を受けることになります

マンション経営は 節税対策にもなります
サラリーマンが毎年支払っていいる税金が戻ってくるとか
また将来の年金替りの対策にもなります

そこで 同じマンション経営をするなら 
年金を受け取る年齢まで持つ 100年建築の耐久性の鉄筋コンクリートの
マンション経営をお勧めします

木造又はプレハブの建物の アパートの家主になっても 毎年のように
メンテナンスの費用や 20年程度で 空き室の出てしまうような
建物では 安定した家賃は期待できません

古アパートimage


木造建築及びプレハブ建築は耐久性 商品価値から資産活用は不利です
耐用年数が数10年の建物では 投資した金額が戻る前に老朽化してしまいます

建物が商品です 少なくても融資の返済期間の30年程度は
商品価値が衰えないしっかりした建物を購入したいものです


耐久性と商品価値から建物は 鉄筋コンクリートの建物が最適です

また賃貸マンションを建てれば儲かる時代は終わりました 
少子高齢化により賃貸物件を借りる 若い世代が減少したのです
これからの資産活用は今までとは違う 新しい時代に入りました

たとえば耐久年数 数100年のヨーロッパ建築のような建物で
あたらどうでしょうか 

ローンを完済した後も 立派に耐久性があり商品価値が残っていたら
借入金が 0円で家賃が全部収入になって 充分老後の年金対策になります

美しい自然石の鉄筋コンクリートで 
魅力ある建物がローコストで建てられたらどうでしょうか
経営利回りがより一層向上します

亀有外観
敷地20坪角地 建物 7坪/戸X6戸=42坪

その建物は ブリックスハウスの 自然石鉄筋コンクリート工法です
外観は自然石づくりで 壁の厚さが250ミリある 
超耐久 鉄筋コンクリート建築です

 
ブリックスのホームページもご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい


船橋玄関Door


 
ブリックスとブリックスクラブ各社は 
東日本大震災の復旧 復興を全力で支援しています
http://www.brix.co.jp


住宅の冷暖房

建物の構造により 熱源を選んで冷暖房を考えましょう
熱の伝え方には 対流  伝導  輻射(放射)の 三種類があります


1 熱の対流

熱 対流 mage


暖房器具の中でも温風ヒーターやエアコンなどは
暖かい空気を放出して部屋を暖房する
そのため、部屋の空気が換気されると部屋が寒くなる


2 熱の伝導

熱 対流 image

作りたてのスープを容器に入れて運ぶときに
スープを 陶器の容器と 鉄製の容器とに入れて 触っていると
鉄の容器の方が熱くなるのが早いのが分かると思います
熱伝導は物質によって異なります

3 熱の輻射

熱 太陽の光 image

太陽の自然な暖かさも輻射熱
遠赤外線の熱線によって直接伝わる熱のことです

薪ストーブの熱が体に柔らかいのは輻射熱によって
暖房器具は壁面や家具を温め 
その暖められた壁面や家具から熱が放出されることから
自然な暖かさを感じることができます



直接 人を暖めたり住宅全体を暖めることから
仮に 空気が 換気された場合でも 
暖められた物が発する熱で 暖房効果を得ることができます

暖房器具は 薪ストーブ、オイルヒーター 床暖房(ホットカーペット)など
その他コンクリート蓄熱暖房

熱 ストーブ image


気密性の低い木造住宅の場合には 壁面などを輻射熱で暖めても
熱が外部へ逃げてしまいます また木は断熱性が高く 蓄熱の効果は少ないです

輻射熱暖房が有効なのは 気密性 と蓄熱性の
保たれたコンクリートの住宅ということになります

さらに、直接 空気を暖めないため暖房効果を感じるまでの
時間がかかりますが 一度暖めると長時間熱を保ちます

最も経済的な冷暖房は 蓄熱性のある コンクリートの躯体に塗装仕上げか 
その上に 石またはタイル貼りの 内装にした壁を暖めることです 
 エアコンを 低めに設定して 24時間入れておきます
外出して人が家にいなくても エアコンは入れたままにすることがポイントです
一見電気の無駄使いのように思えますが かえって 電気代は半減します

ただし 一般のマンションの内装はビニールクロス貼りなので 断熱の効果しかなく
24時間入れても 効果はありませんので ご注意を!


吉川


蓄熱性の効果の高い 輻射熱冷暖房が効果的な  天然石の外壁  
外断熱の鉄筋コンクリートの構造体の ブリックスの建物をご検討下さい

 
ブリックスのホームページもご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい


10赤いオーム2羽

 
ブリックスとブリックスクラブ各社は 
東日本大震災の復旧 復興を全力で支援しています
http://www.brix.co.jp







家を建てるとき どんな住宅を建てたらよいのか

では 現在の住宅はどんな工法があるのでしょうか

スエ-デンB20120325171227386壁断面積水ハウス

壁断面パルコン


壁断面BRIX


A  木造住宅   (在来軸組み工法)
B  2X4住宅   (合板サンドイッチ工法)
C  木質系プレハブ (合板パネル接着工法)
D  軽鉄系プレハブ (軽量鉄骨軸組み工法)
E  コンクリート系プレハブ (コンクリートパネル式)
F  鉄骨住宅  重量鉄骨軸組み工法)
G  コンクリート住宅 (軸組みラーメン工法)
H  コンクリート住宅 (壁式コンクリート工法)
I   コンクリート住宅 (壁式コンクリートユニット工法)※ブリックス工法 

など それぞれ工法の特徴があります また 建築コストはまちまちですが 
最近は価格のオープン化により 各工法共 大きな価格差は無くなりました 
そんな中 自分に合った住宅を選ぶのは 難しい選択です

自分に合った住宅選びのポイントを絞り込むことから始めましょう
その1 最近では 地震などの自然災害の発生で環境が乱れています
いつでも どこでも 安全という場所がありません
そんなな中 住宅選びで一番大事なものは 安全な住宅です
そこに住む人の命を守ることの出来る家です

阪神大震災image

その2 次に大切なのは健康的な生活の出来る家です
内装に有害物質を使用した家は 避けなければなりません
家族がアレルギー性などの病気になっては楽しい人生は無くなります

iシックハウス家族mage

その3 次に大切なのは家の中での 事故の防止です
高齢化社会では 家の中での事故によりを注意する必要があります
事故により寝たきりになるケースが多いのです
対策はバリアーフリーの住宅です

建物断面パース

その4 家は 朝起きて 食事して 夜寝て それだけでは家ではありません
家とは そこに暮らしていて 楽しさを感じることが出来る家が大切です
楽しさには人それぞれの感性があり 一概には決められませんが
それらを考えた家を建てましょう たとえば 屋上に庭園を造り 日本の四季を感じたり 
太陽の日を浴びたり さわやかな風を感じんがら 屋上で食事をしたり
屋上で体を動かす 小鳥やペットと遊ぶなど 最低限確保した 家が欲しいものです

屋上庭園 A CAIDCNM5

その5 我が家として 誇りの持てる家が欲しいものです
最近では 自分の家へ人を招くことが少なくなってきました
それは 狭くて貧弱な家では 他人を呼ぶことも出来ないのは当然のことです
せっかく家を建てるのであれば 少しは自慢の出来る家を建てましょう
たとえば 御影石で出来た外壁の 壁の厚さが250ミリの家は
誰にでも胸を張って自慢できます

船橋玄関Door

その6 以上の各項目を全て叶えて 自分の気に入った家を建てるには
建築費 予算が問題です そんな問題も ローコストの予算で 
前記の希望を全て叶う住宅があります

それは ブリックスの住宅です 外壁は天然石の250ミリの厚壁建築 
屋上も付いた 自然災害に強い 鉄筋コンクリートの住宅です

吉川

是非この機会に ブリックスの住宅をご検討下さい


ブリックスのホームページもご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい


花黄色いバラ 9bara0014[1]

 
ブリックスとブリックスクラブ各社は 
東日本大震災の復旧 復興を全力で支援しています
http://www.brix.co.jp









火山噴火 A CABUNIPK


震災後、全国13の活火山が活発化 (新聞記事)

火山噴火CAPU3V93

震災後、周辺で地震が増えた活火山
東日本大震災を起こしたマグニチュード(M)9.0の巨大地震の後
関東から九州まで少なくとも13の活火山の周辺で地震が活発になったことが分かった


 富士山の近くでは
最近ではM6.4の地震が起き
その後も余震活動が続いた
焼岳では山頂から半径5キロ以内で通常の1カ月に数回の地震が
1週間で約350回以上に増加した


火山噴火ABCADXI43D

 箱根山周辺では通常の1日2回程度の地震が
1週間で1050回あった
箱根の地震を観測する神奈川県温泉地学研究所の吉田明夫所長は
「大震災をきっかけにした地震であることは間違いない」とみている



火山噴火 BCAYBSBC5

気象庁などによると 地震が増えた活火山は
関東や中部地方の日光白根山、焼岳、乗鞍岳、富士山、箱根山
伊豆諸島の伊豆大島、新島、神津島
九州の鶴見岳・伽藍岳、阿蘇山、九重山
南西諸島の中之島、諏訪之瀬島

火山噴火 AACA8FEFCJ


過去には東海、東南海、南海地震が連動した
1707年の宝永地震(M8.4)の49日後に
富士山が大噴火を起こした例がある

2004年のスマトラ沖地震(M9.1)では
地震後の数カ月間に周辺の10以上の火山で地震が活発化
1年4カ月後にはインドネシア・ジャワ島のメラピ山が噴火した  

火山噴火 C CA0AZKTF

 静岡大の小山真人教授(火山学)によると
巨大地震によって地下のマグマだまりが揺さぶられたり
地殻変動や地震波が伝わることでマグマだまりにかかる力が変わったりすると
地震が増えることがあるという  

地震 火山噴火 津波 火災 土砂崩れ 自然災害に強い建物  
自然石の外壁 厚さ250ミリ 鉄筋コンクリート 壁厚工法の
ブリックス工法は 安心 安全 快適な 住宅を 提供いたします

 
ブリックスのホームページもご覧下さい
お気軽にお問合わせ下さい


ベルリン消防署

 
ブリックスとブリックスクラブ各社は 
東日本大震災の復旧 復興を全力で支援しています
http://www.brix.co.jp






瓦礫の山image

ガレキ処理と地盤沈下 液状化対策

ガレキはみんなの嫌われ者となっています
現在 ガレキの受け入れは 東京都だけです
もしも ガレキが自分の住む街から 発生したらどうするのでしょう
被災地のことを 自分の街の出来事のように 考えてみましょう

現在 何万トンと云う 膨大なガレキが 未処理となっています
被災地では ガレキを早く処理しなければ 復興が 先に進まずに困っています

また 被災地では 地震による 地盤沈下が1メートル以上となっていて
雨が降ると 雨水や海水が 浸水して 水溜となってしまいます
早く盛り土をしなくては 建物が建てられず 戻ってくることも出来ません

1メートル以上地盤沈下した街を 元の地盤へ戻すまで盛り土をするには
膨大な土が必要ととなります 時間も費用も 膨大です
盛り土が固まって 家が建てられるまでには 相当の時間が掛かります

そこで 膨大な ガレキを 地盤沈下の 盛り土に使ってはどうでしょうか
ここまでは 誰でも すぐに 思いつくことだと思います

生コン車image

本題はこれからです 
ガレキは そのままで盛り土には利用できません 
ガレキの木材を粉砕機で 細かくして コンクリートと 混ぜ合わせて 
使用するのです 

この木を細かくしたものとコンクリートを混ぜたものは 木と 砂と セメントで構成されていて
全てが 自然素材で出来ています 自然環境を壊しません

木とコンクリートを混ぜたものなので 木コン(もくコン) と呼びます
この木コンは コンクリートの配合により 軽量コンクリートのように 軽く 簡単に加工が
出来ることも 重く硬く強くすることも またポリマーセメントや 混和材を混ぜ合わせることにより
放射線を閉じ込めることも可能です 

宅地造成image

この木コンを活用して 地盤沈下した地域の地盤を かさ上げすると

1、人工地盤として すぐに建物が建てられます (速攻性)
2、街区全体を人工地盤にすることで 軟弱地盤の液状化対策や 不同沈下が防止できます(安全性)
3、水が浸透するので 降った雨水は 地下に浸透します(自然環境保護)
4、自然素材100パーセントで 芝生や 草花といった 植栽も植えることが可能です(街の緑化)
5、人工地盤の中に ライフラインを先行配管することが出来ます(電気ガス水道)
6、将来地盤が下がっても 地盤の下に注入方式で地盤レベルアップが可能です(将来性)
7、造成コストが半減し 工期も早く出来ます (予算軽減・工期短縮)
8、膨大なガレキを 膨大な盛り土に 一石二鳥の 活用ができます(問題点の解消)
9、放射線などの汚染物質の封じ込めが可能です
  出来れば海岸線沿いの防潮提の中に 埋設が望ましいと思います (問題解決の提案)
10、安全 安心 ローコストの 木コンを 活用してみましょう(まとめ)

ブリックス建築


金閣寺image

日本には 現在14の 世界遺産があります
どれも日本が誇れる 美しい景観です

海外へ旅行するとき その国の建物や街を見て歩きます
ヨーロッパの国々はどの国に行っても 美しい街並みです 
アメリカ西海岸や 東のワシントンやニューヨークも魅力的です
東南アジアも観光に訪れるにはどの国へ行っても楽しい町があります

しかし日本はどうでしょうか 一部の通りくらいで 街そのものを
見せるような ところは外国に比べて 少ないと思います

海外の国々は 観光で見せるために 特別に造ったものではなく
一般の人が生活している 家なのです

日本の家も 外国の人たちに 誇れる街造りをして見ませんか
自分たちの住む家が 美しいといわれて見たいものです

ただし 基本的な条件が あります それは日本の住宅は寿命が30年たらず
世界の住宅に 比べて 家の寿命が極端に短いことです 
ヨーロッパでは数100年 他の国でも 70年から 100年の耐久性があります

それを解決するには 住宅を供給する 建築会社の仕事です
世界に誇れる 住宅を 日本の名誉にかけても 開発していきたいものです

船橋玄関Door

ブリックスは 耐震性 耐久性を基本として 優れたデザイン性を
追求した住宅を 研究開発してきました 世界特許の 
ブリックス建物




首都直下型想定画image

今 首都直下型地震が来たら  全壊 全焼97万棟
                     死者  4万2、000人
と言われています
その時 我が家は 果たして 地震に耐えられるか 心配です 
特に 老朽化した木造の建物は 耐えることは 難しいと思います

首都直下型地震表紙image

東日本大震災は震度6強でした もし震度7の地震が襲ってきたら
大半の老朽化した建物は倒壊すると言われております
特に危険なのは老朽化した 木造の建物です

また一見外観が新しいそうに見える リフォームした 木造の建物も
基礎及び基本構造を改造していない建物は 老朽化した建物と同様です
震度7 の地震には 耐えることは難しいと思います

首都直下型都市街写真image

明日来ても おかしくない 首都圏直下型 震度7の地震に対して
あきらめてはいけません 
現代の新耐震基準の 鉄筋コンクリート 壁構造の建築なら 安心です
備えあれば 憂いなし と言います 今からでも 遅くありません
都市に住む人たちが皆が 地震に強い家を建てれば 防災に強い都市となります

地震や津波 台風や土砂崩れ 火事など に最も適したものは 
鉄筋コンクリートの建物です
その最も 強い建物に 外壁に天然の 御影石  外断熱の工法を採用した

ブリックス建物