FC2ブログ


Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


吉川


現在日本の住宅の平均耐用年数は26年です

建築費が坪当たり60万円x60坪=3600万円とすると

耐久年数26年間 12ヶ月 30日で割ると 一日当たり3846円となります

ブリックスの家は鉄筋コンクリートで外壁が天然石の100年建築です

ブリックスの一般建築費は坪当たり60万円x60坪=3600万円と同額です

耐久年数100年間 12ヶ月 30日で割ると 一日当たり1000円となります

現代の建築費は1日当たり3846円 

ブリックスの100年建築の家は1日1000円で建てられます

100年建築のブリックスの家は 約26パーセントで建てられます

一般建築の家は 数年ごとに 家の補修に数10万円の費用がかかりますが

ブリックスの家は外壁が天然石の御影石でできてて

メンテナンスがほとんどかかりません

さらにブリックスの家は基本構造が鉄筋コンクリートで地震や津波

台風や火災に強く超耐久の家です

ブリックスの家

  
ブリックス建築のホームページ

kam b


家は建てる人が 自分の好みで 注文して建てます

しかし 建て主の好みを 注文できるのは 

自由に家が建てられる 敷地にゆとりが必要となります

また 地域のさまざまな建築の制限を守らなければ 家は建てられません

家を建てる予定の土地が狭く また変形した土地には

土地の形にあわせた家を建てることになります

建物を土地の形にあわせ 自由に変形できる建築技術が必要です

木造住宅や プレハブ住宅は 建築部材の 長さやサイズが規格化されていて

真四角の形の家が基本となります

三角形や 台形 さらに丸い形にすることは困難です

仮に変形した家を建てるとしても 建築費が割り増しとなります

そこで登場するのが 建物の形を敷地にあわせて 

自由に変形することができる ブリックス工法があります

建物を建てる建築部材のサイズ(モジュール)の基本が

長さ40センチ×高さ20センチ×幅25センチのブリックスのユニットを

レゴブロックの様に 積み上げて 建物をつくります

基本ユニットにはハーフサイズもあり どんなに変形した土地にも

建物をあわせることができて ピッタリとしたオーダーメイドの家が

建てられます

建物の形は立体的な3次元の形も可能です

たとえば 動物の形をした家もできます

ブリックスの家の基本構造は鉄筋コンクリートです

外壁の表面材は 本物の御影石でできているので

赤や黒 茶色や白色など 美しい自然石の 

素材感のある材料が 選択ができます 

あなたの家を建てるときには どんな変形した土地や

狭小敷地にも 無足場建築工法であわせることが可能です

鉄筋コンクリート構造の ブリックス建物

 
ブリックス建築のホームページ

kam aa


https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=nc5qKk8XyLEOsKY_42JveJA9ejOS4leOlKzteIFAZ_e.LBPzU7Gap44e8woB5IddYmFvViQXDtIZUf8a7nhi8rlCZpHhcemzCO5iGbEZOwMqf.B8SRxPMBUwaVTdf32Shfp4NjvxS96922TZSNn9&sig=13aekrper&x=259&y=194

赤レンガ駅舎の愛称で親しまれてきた東京駅丸の内駅舎を

約100年前の開業時の姿に復元する工事がほぼ終了した
 
昭和20年5月の空襲で焼失したドームや駅舎3階部分などが再現され

大正3(1914)年創業当時の風格ある姿がよみがえった

グランドオープンを迎える赤レンガ駅舎とともに

開業予定の東京ステーションホテルなど

特徴的な南北ドームは レリーフや彫刻がちりばめられ ホテルは全面改装され

シャンデリアや白壁など欧州スタイルに一新されました

駅長室や 壁の一部に開業時の赤レンガをそのまま用いたギャラリーなど

戦災で失われたドームや内部の彫刻も当時と同様に復元しました

東京駅は平成15年5月 国の重要文化財に指定され

JR東日本は19年5月 総工費約500億円をかけた復元工事に着手 

復元前は地上2階地下1階でしたが 復元後は地上3階地下2階となり

延べ床面積も工事前の2・2倍に当たる4万3千平方メートルと大幅に拡充されました

東京駅は1914年に開業したが 45年の東京大空襲で屋根などが焼失

2007年5月から復元工事を進めていました

03年には国の重要文化財にも指定されています

ブリックスの家づくりも 数100年の耐久性を持った 建築を目標としています

そのため 外壁には 本物の御影石を積み上げ 構造体は 鉄筋コンクリート

外壁の壁の厚さは 250ミリ 内壁でも230ミリの厚さです

また 外断熱を標準としており 建物を保護して 耐久年数をさらにアップさせます


  
ブリックス建築のホームページ
フラットハウス(平屋建ての家)
は完全なバリアーフリーの家です
とにかく上階がないので 上への移動がいりません
お年寄りには 最適な家です

高齢化社会に向かって 家があまっている時代には
これからますます 増えていくと思います

フラットハウスは 間取りの使い方に特徴があります
家の外周の面が少ないため 各部屋の窓の確保が難しいのです
2階建てや3階建てのように外周の面積が多い建物は
各部屋に窓が2箇所づつとることができます

平屋建ての家はリビングなどの窓を優先的に確保するために
各部屋の窓の確保が難しくなりがちです

昔の家の間取りのように他の字の形をした間取りになって
採光の確保と間取りのレイアウトに工夫が必要となります

そこで フラットハウスに適した建て方が
ブリックスの建築にあります
それは 楕円形の形をした建物にすることです

楕円形の形をした家は バームクーヘンを
カットする様に 部屋を分けます
そうすると各部屋ごとに 窓が確保できることになります

一般的には楕円形の家は施工が難しいのですが
ブリックスの建築は 得意としています

是非 フラットハウスを建築するときには
ブリックスの建築をご検討ください


ブリックスは 東日本大震災の復旧 復興を全力で支援しています
http://www.brix.co.jp



yos a

東北や関東地方では7月以降の少雨と猛暑の影響で

水不足になる恐れが高まっており

国土交通省や農林水産省は渇水対策本部を設置して

節水を呼び掛けています

また反対に 都市部での局地的な集中豪雨も頻発しています

ヒートアイランド現象が原因のゲリラ豪雨です

都市化の影響で街はコンクリートに覆われたために

雨水の浸透能力がなくなり 降った雨はそのまま下水道に放流されます

集中豪雨等により雨水が下水道 の処理能力を超えた場合は

マンホール等から下水が逆流する いわゆる都市型洪水が起こります

そこで 住宅の地下に貯水槽をつくり 屋根に降った雨を集めて

いろいろな目的に再利用をしてみませんか

庭の植木の散水 車の洗車 トイレの洗浄水 建物の冷却水

などに活用でき 水道代の節約にも役立ちます

特に災害の発生時には トイレなど水は 一番大切のものです

そして建物の地下に雨水の貯水槽があると 台風やゲリラ豪雨などの
 
集中豪雨による災害を防ぐことができます

多くの自治体では 下水道や河川への流れる 雨水を減らす目的で

雨水タンクの設置する方に 補助金を助成しています

また 雨水利用は 省エネにもなり 地球温暖化や地球環境にも役立ちます

ブリックスの建物は コンクリート製の基礎の地下部分を利用した

雨水の貯水槽がオプションで設置することができます

一般の雨水の貯水用のタンクは数100リットルですが

ブリックスの建物の地下に作る貯水槽は 建物の床下の広い面積に

作ることにより 数10トンの貯水が可能です

あなたも 多目的に活用が可能な 雨水の地下貯水槽を

家の地下に作って見ませんか


  
ブリックス建築のホームページ

edannmenn.gif

tikatan.jpg
sabaku1.jpg

砂漠の真中に 人は住めるのでしょうか

現代の人は 電気や水道 下水が完備した住宅に住んでいます

砂漠には当然 電気も水道も下水もありません

しかしながら 現代の技術であれば それは可能だと思います

人が生活すためには まずは飲み水がなくて生きていけません

飲み水を確保するためには エアコンのような空気中にある湿気を

水に替える装置があります 

砂漠の空気にも低いですが 湿度はあります

また 昼間の高い気温は 夜になると極端に冷えます

その温度差を利用すれば 天井にガラスを設置して 結露水が確保できます

次にトイレですが バイオトイレを利用することができます

最近ではペット用のバイオトイレが売れていますが 

人用のバイオトイレを住宅に採用することができます

あとは 電気ですが ソーラー発電や風力発電などを利用すれば

砂漠の真中でも 電気が使えます

電気が使えれば 冷暖房や照明器具 パソコンや電気製品も使えて

調理もできます

水と電気があれば 水耕栽培で野菜が作れます

水槽で魚を飼ったり 鶏を飼って 卵も生産できます

このように野菜や 動物性の食料が確保できます

最後に人が住む家ですが 気象上の問題から 木造や鉄骨の家は

耐久性からすぐに劣化してしまい また砂漠の嵐に飛ばされてしまうでしょう

そこで活躍するのが ブリックスの建築工法です

砂漠の真中でもブリックスのユニットがあれば 簡単な道具だけで

砂漠の砂をセメントなどで固めて コンクリートの家が完成します

砂漠の家は計画段階ですが 技術的には可能なことです

砂漠に限らず 地球上のあらゆる自然環境にも 太陽と空気さえあれば

分譲地のようにライフラインを作らなくても

人が住むことできる家は 可能だと思います

別荘地 山林原野 海岸沿い 離島など 電気 ガス 水道 下水の完備されていない

ところに 人の住む家を建てたいと思う方は 是非一度ご相談ください


  
ブリックス建築のホームページ

2014051423340384f.jpg

エジソンは 100年前に コンクリートの家を発明しました

エジソンの発明した家は 家の形をした鉄製の型枠を組み立てて

その中にコンクリートを流し込み コンクリートが固まると

その型枠をはずし コンクリートの家が出来上がるというものでした

家のデザインは その当時のままのものでしたが

鉄製の型枠にコンクリートをながして家を作るということは

当時としては画期的な発明でした

エジソンの発明から100年後に 

ブリックスは コンクリートの建築を発明しました

ブリックスの発明した家はエジソンの発明とは違い

鉄製の型枠の代わりに レゴブロックのような形をした

本物の天然石を埋め込んだ 

ブロックを家の形に積み上げて 

その中にコンクリートを流し込むと家ができあがる というものです

ブリックスの家はコンクリートを流し込むことで家が完成して

同時に外観の仕上げと内装の仕上げが同時に完成していることが

大きな違いです

多くの工事の工程が不要になります

具体的には 

エジソンの発明した家は コンクリートの躯体が完成することですが

ブリックスの発明した家は コンクリートの躯体と 

さらに外壁と内装が 同時に完成してしまうところです

エジソンの発明よりも建築工事が 3~5工程 先に進んだ発明といえます

このブリックスの発明は 一つの部材で家のほとんどが完成する

シンプルイズベストの建築工法であり

 そして ベテランの技術者のいなくなった現代には

欠かせない建築工法であります 

ブリックスの建築も 世界の新しい建築工法として

エジソンの発明の様に 貢献したいものです

世界標準の建築工法 ブリックスの建築


2014051423340384f.jpg