FC2ブログ


Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


image_20130430180038.jpg

image_20130430180059.jpg

家には 愛着のわく家がある
どっしりとしていて 家のどこを見ても
いろいろな 表情があるのです


ヨーロッパ 特に田舎に建っている家など
例えて言えば アルプスの少女ハイジが住んでいた様な家

一つ一つ 大きさが異なった自然の石を
まるでお城の石垣のように
人の手によって 積み上げていく 石づくりの家には
一日中見ていても あきない 表情があります

一般的な住宅で 数千の自然石で できたユニットを
ハンドメイドで 積み上げて いきます
自然石の建物は 朝見た時と 夕方見た時では
表情がちがいます

また 晴れの日 雨の日 真冬の雪の日や 真夏の暑い日
など まるで 生き物の様な 感じさえします

ブリックスの建物には
そんな愛着のわく家づくりがあります

kam a




キチンカウンターもアールの形が
デザインも使い勝手もいいと思います

製作は天然石のユニットを積みあげる
ハンドメイドです

高さや幅 天板の天然石の種類や色など

市販されている システムキッチンは
ほとんどが 直線型ですが

円形やアール形など 自由なデザインが可能です
自分のセンスと 使い勝手を考えて
手作りのキッチンを作ってみませんか

天然石で出来ている分
豪華で 耐久性があります
自分にあった楽しい キッチンになることでしょう


  
ブリックス建築のホームページ
巣鴨ギャラリーカウンタ
アールのカウンターキッチン
image_20130425222641.jpg

建物のデザインをするとき
どのように設計すると和風 や洋風 などの
デザインができるのでしょうか

外観のデザインで
窓の形が大きく影響します

引き違いで 横に長い 窓は 和風となります
縦に長く上げ下げの窓などは洋風になります

また 屋根の形と瓦で外観のデザインがほぼ決まります

瓦の種類は 世界には
日本瓦 琉球瓦 スペイン瓦
その他 木の板でできた ハワイの瓦など
様々な瓦があります

最後に 外壁の素材と デザインで
デザインが決定されます

最近の外壁は タイルや石を貼った
デザインのものが多くなってきました

建物の構造は木造などでつくられていても
外観は 南フランスや北欧のデザインの
人気が高い様です

そんな 中 本格的な天然石を使った
ヨーロッパスタイルの鉄筋コンクリート構造の
建物を提供しているのが ブリックスのユニット工法です

  
ブリックス建築のホームページ

上大岡外観
アールハウス
日本国内や海外にはその地域の景観を
古くから 保護 され守られて来た 街並みの
観光名所が 多くあります

人気のある観光名所はその建物が建てられた時代が
古いほど 観光客が多く 訪れます
古い昔の歴史や文化を見るのが楽しいですね

日本の観光名所の中で 建物など街並みが
名所になっている ところが少ないのは
耐久性が短く 永い歴史の ある建物が少ないことです

少なくても数100年以上の耐久性は欲しいものです
現代の建築技術であれば それは充分可能性はあります

自分たちの住んでいる 街が 観光名所になったら
どうでしょうか

世界中から 観光客 がわが家を見に来たら
たいへん素晴らしいことだと思いますが

人の通りが ふえて にぎやかになるかもしれませんが
街並みを形成する 一員として 自分の家も 協力してみませんか
いつの日か 観光名所に なることを 夢みてはいかがでしょう

観光名所の家づくりを
ブリックスの建築はお手伝いいたします

setagau.jpg

詳しくはお電話でお気軽にお問い合わせください

ブリックスの家づくり
TEL:03-5695-8111

またはメールにてお問い合わせください
お待ちしています
メ ール: info@brix.co.jp
身体障害者は年々増加しています

視覚障害 聴覚障害 平衡機能障害 音声 言語障害 肢体不自由など

身体障害者には高齢者が多く
65歳以上の割合が60%以上を占めています

健常者の家づくりとは大きく異なります

日本の人口における高齢者の割合が増加していて
今後も身体障害者の人数は増えていきます

これからの家づくりは 一般の健常者の家も
身体障害者と同様の 家づくりが必要となります

地震や津波 台風 火災など
一般の人が避難できる建物でも
身体障害者には より安全な家をつくる
必要性があります

これからの家づくりは 高齢化社会の家づくりと
身体障害者のための家づくりは同様の
ものと考えてつくるべきです

より安全な家づくりは
地震に倒れず
津波に流されず
台風に飛ばされず
火事に燃えない
以上は基本的なことです

身体に障害のある人たちは
避難所までも行けない人たちがいます

その人たちの 安全をどのように確保したら
いいのでしょうか

ブリックスの家づくりは考えています
身体障害者のための 安全 安心な家づくりを

壁厚比較図


詳しくはお電話でお気軽にお問い合わせください
TEL:03-5695-8111 ブリックス(株)
またはメールにてお問い合わせください
お待ちしています
メール: info@brix.co.jp
分譲地などには 同じスタイルの 家が
たくさん建っています

これは住宅が不足している時代に
とにかく戸数を確保するために
工法やデザインは 同じもので建てたものです

そのため 自分の家か他人の家かわかりません

その建物は すでに建て替え時期が来ていて
老朽化が 目立ちます

リホーム をするか 建て替えをする時期が
来ています
最近では 個性的な建物を建てたい
他人と同じ家は 建てたくない
と云う人がほとんどです

しかし ハウスメーカーなどの住宅は
工場で大量生産をするため
製品が画一化されます
そのため 完成された建物はほとんどが
同じデザインの物となります

アールなどの曲線の建物は建てることは
困難んです

従って 自分だけの 個性的な 家づくりには
不向きです

また 木造住宅や 鉄骨の構造の建物も
その構造から 直線の四角い建物となります

建築工法の中ではコンクリートの建物が
一番自由な形を作ることができて

個性的なデザインの建物が造れます
ただし コンクリートの建物は 型枠を使用し
曲線の建物を建てるときは
型枠を曲線に曲げて作るため
建築コストが割高となります

その点 ブリックスの建築工法は
曲線用のユニットを 現場で
組み合わせて作るため
特別な製品や技術がいらないため
建築コストはあまり変わりません

外壁の天然石をそのまま使って
アールなど 様々な デザインが可能です

ブリックスの建築で 世界で自分の家だけの
個性的なデザインの家づくりをしてみませんか

  
ブリックス建築のホームページ


上大岡外観
アールハウス
住宅ローンの返済年数が
以前は20年だったものが
最近では 35年返済と云う長期のものが
一般的になってきています
と云っても 鉄筋コンクリートの家の様に
耐久性が60年以上のもではなく
一般の木造の家のように 平均建替え年数が
25〜30年の家の住宅ローンの話です

家の寿命が終わって家が無くなっても
その後の住宅ローンの支払いは続くのです

しかし家が無くなって
家を新築すると
新たに住宅ローンを組むことになります
従って二重の住宅ローンを組むことになります
このような時は 旧の住宅ローンの残債は
新たな 住宅ローンに上乗せして
組むことになります
その分 新築住宅の購入金額より
旧残債の分の支払いが 増えることになります

寿命の短かい家を 一生の間に
何回か建てることになると
毎月のローンの支払いだけが
増えて 実際の家は 小さな家となります

よく聞く話では 最初に 家を建てるときには
家はすぐ壊れても 土地が残れば
家はまた 建て替えればいいと言われます
これでは 家は無くて ローンだけが
いつまでも残ってしまい ます

ブリックスの建築は100年以上の耐久性を
家に持たせるために 様々な 取り組みをしています
メンテナンスがほとんどは不要な 天然石を
外壁に使用して 外壁には外断熱を標準ととしています

構造体の耐久性を伸ばすために コンクリートの
躯体の両面に 更にブリックスのコンクリート製の
パネルで保護しています

100年建築であれば 住宅ローンは 一回だけですみ
ローンが完了すれば 無借金の ゆとりの生活が
送れます

高齢化社会に対応した 100年建築を
ブリックスの建築でお建てください

詳しくはお電話でお気軽にお問い合わせください
ブリックス (株)
TEL: 03-5695-8111
 
またはメールにてお問い合わせください
お待ちしています
メール: info@brix.co.jp