Brix 建築は ヨーロッパの美しく超耐久性の建築を 基本理念とし 日本の高い建築技術をクリアーし 世界特許を取得した これからの 建築工法です


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


image_20130430180038.jpg

image_20130430180059.jpg

家には 愛着のわく家がある
どっしりとしていて 家のどこを見ても
いろいろな 表情があるのです


ヨーロッパ 特に田舎に建っている家など
例えて言えば アルプスの少女ハイジが住んでいた様な家

一つ一つ 大きさが異なった自然の石を
まるでお城の石垣のように
人の手によって 積み上げていく 石づくりの家には
一日中見ていても あきない 表情があります

一般的な住宅で 数千の自然石で できたユニットを
ハンドメイドで 積み上げて いきます
自然石の建物は 朝見た時と 夕方見た時では
表情がちがいます

また 晴れの日 雨の日 真冬の雪の日や 真夏の暑い日
など まるで 生き物の様な 感じさえします

ブリックスの建物には
そんな愛着のわく家づくりがあります

kam a



壁断面BRIX

家は夏の暑さや 冬の寒さから
人を 守ることが 大切な 役割りの一つです

その家が建っている 地域や 季節によって
気象の条件は 大きく違います

狭い日本でも
北の北海道の冬の寒さと
南の島 沖縄の暑さでは
気温が50度以上の差があります

しかし いくら寒い地域や暑い地域に
生まれ育ったからと言っても
人が耐えられることのできる
温度には 限度があります

出来れば 一年中を通して
快適な室内の環境を 保ちたいものです

現代では エアコンの様に 希望する 温度や湿度を
自動的にコントロールしてくれる便利なものが
あります

しかし 365日 エアコンを付けっ放しでは
電気代もかかり不経済であり
健康的にも あまり 感心しません

そこで エコで 省エネな 保温する家を
紹介します

先づ 家を建てる 地域の
外気の 暑さや 寒さから
家の室内への影響を 遮断するために
家の外側に断熱をすることが大切です
これが外断熱です
つぎに室内ですが
人が快適に過ごすには
適度な湿度と 温度が あります
人によって 快適な 温度は異なります

そこに住む人の一番 快適な温度や湿度が
決まったら つぎは その快適な 温度や湿度を
いつも一定に 保つことが重要です
365日 毎日 朝になってその温度や湿度を
つくるのは 時間とエネルギーの大きなロスとなります
その日が終わって 消灯する時に その温度や湿度を保温して
くれるのが 保温式の家です いわゆる 蓄熱式の家です

木造の家の様に 構造が 断熱材では 蓄熱ができませんが
コンクリート構造で内装のクロスを貼らないで
躯体をそのままにすることで コンクリートの
蓄熱性を 活かした 保温式の家が 完成します

外断熱 内蓄熱の家 ブリックス
image_20130427095917.jpg

ブリックスの100年建築をご検討ください
お問い合わせは 電話またはメールにて
お気軽にお問い合わせください
お待ちしております


image_20130426174307.jpg


キチンカウンターもアールの形が
デザインも使い勝手もいいと思います

製作は天然石のユニットを積みあげる
ハンドメイドです

高さや幅 天板の天然石の種類や色など

市販されている システムキッチンは
ほとんどが 直線型ですが

円形やアール形など 自由なデザインが可能です
自分のセンスと 使い勝手を考えて
手作りのキッチンを作ってみませんか

天然石で出来ている分
豪華で 耐久性があります
自分にあった楽しい キッチンになることでしょう

image_20130426172809.jpg

ブリックスの100年建築をご検討ください
お問い合わせは 電話またはメールにて
お気軽にお問い合わせください
お待ちしております


image_20130425222641.jpg

建物のデザインをするとき
どのように設計すると和風 や洋風 などの
デザインができるのでしょうか

外観のデザインで
窓の形が大きく影響します

引き違いで 横に長い 窓は 和風となります
縦に長く上げ下げの窓などは洋風になります

また 屋根の形と瓦で外観のデザインがほぼ決まります

瓦の種類は 世界には
日本瓦 琉球瓦 スペイン瓦
その他 木の板でできた ハワイの瓦など
様々な瓦があります

最後に 外壁の素材と デザインで
デザインが決定されます

最近の外壁は タイルや石を貼った
デザインのものが多くなってきました

建物の構造は木造などでつくられていても
外観は 南フランスや北欧のデザインの
人気が高い様です

そんな 中 本格的な天然石を使った
ヨーロッパスタイルの鉄筋コンクリート構造の
建物を提供しているのが ブリックスのユニット工法です

yos a

ブリックスの100年建築をご検討ください
お問い合わせは 電話またはメールにて
お気軽にお問い合わせください
お待ちしております


日本国内や海外にはその地域の景観を
古くから 保護 され守られて来た 街並みの
観光名所が 多くあります

人気のある観光名所はその建物が建てられた時代が
古いほど 観光客が多く 訪れます
古い昔の歴史や文化を見るのが楽しいですね

日本の観光名所の中で 建物など街並みが
名所になっている ところが少ないのは
耐久性が短く 永い歴史の ある建物が少ないことです

少なくても数100年以上の耐久性は欲しいものです
現代の建築技術であれば それは充分可能性はあります

自分たちの住んでいる 街が 観光名所になったら
どうでしょうか

世界中から 観光客 がわが家を見に来たら
たいへん素晴らしいことだと思いますが

人の通りが ふえて にぎやかになるかもしれませんが
街並みを形成する 一員として 自分の家も 協力してみませんか
いつの日か 観光名所に なることを 夢みてはいかがでしょう

観光名所の家づくりを
ブリックスの建築はお手伝いいたします

setagau.jpg

詳しくはお電話でお気軽にお問い合わせください

ブリックスの家づくり
TEL:03-5695-8111

またはメールにてお問い合わせください
お待ちしています
メ ール: info@brix.co.jp


メイドインジャパンの家づくりは
世界に誇れるアイデアが たくさんあります

畳の床の和室
折りたためるお膳の食卓
押入れにしまう 布団の寝床
肩までつかれるお風呂
狭い日本では 住まいづくりに
様々な工夫があります

日本のお家芸の なんでもコンパクトに
折りたたむ技術があります

寝床になる 布団は 折りたたんで
押入れに 収納します
居間が寝室に変わります

今は少なくなりましたが お膳などは
脚が折りたためられ 食卓や お茶を飲む
テーブルになります

自慢ができる 日本の文化にお風呂があります
特に 露天風呂は 日本独自の風呂の文化です

もう一つ 世界に誇れる 日本の文化に
和室があります

和室は 一つの部屋が多目的に使えます
居間 寝室 食堂 茶の間 その他
住いの すべての 用途に使えます

また メイドインジャパンの
昔の家づくりは 健康住宅です

呼吸する 土や 漆喰や 珪藻土の 塗り壁
高床や 屋根裏 など 家全体が 自然換気されていました

現代の日本の住宅は 少し 構造が
変わりました

デザイン や 経済性 高気密を優先にした
ツーバイフォー工法などの
欧米スタイルの住宅に なって来ています

そんな中でも ブリックスの家づくりは
洋風スタイルですが 家づくりの基本は
昔ながらの自然素材を 使った
健康住宅を 目指しています

外壁は天然石の御影石や
室内は塗り壁などを標準的な仕様とした
ブリックスの家づくりをご検討ください

壁厚


詳しくは ブリックスまで お電話 
またはメールにてお問い合わせください
お待ちしています

TEL: 03-5695-8111
メール: info@brix.co.jp


身体障害者は年々増加しています

視覚障害 聴覚障害 平衡機能障害 音声 言語障害 肢体不自由など

身体障害者には高齢者が多く
65歳以上の割合が60%以上を占めています

健常者の家づくりとは大きく異なります

日本の人口における高齢者の割合が増加していて
今後も身体障害者の人数は増えていきます

これからの家づくりは 一般の健常者の家も
身体障害者と同様の 家づくりが必要となります

地震や津波 台風 火災など
一般の人が避難できる建物でも
身体障害者には より安全な家をつくる
必要性があります

これからの家づくりは 高齢化社会の家づくりと
身体障害者のための家づくりは同様の
ものと考えてつくるべきです

より安全な家づくりは
地震に倒れず
津波に流されず
台風に飛ばされず
火事に燃えない
以上は基本的なことです

身体に障害のある人たちは
避難所までも行けない人たちがいます

その人たちの 安全をどのように確保したら
いいのでしょうか

ブリックスの家づくりは考えています
身体障害者のための 安全 安心な家づくりを

壁厚比較図


詳しくはお電話でお気軽にお問い合わせください
TEL:03-5695-8111 ブリックス(株)
またはメールにてお問い合わせください
お待ちしています
メール: info@brix.co.jp


分譲地などには 同じスタイルの 家が
たくさん建っています

これは住宅が不足している時代に
とにかく戸数を確保するために
工法やデザインは 同じもので建てたものです

そのため 自分の家か他人の家かわかりません

その建物は すでに建て替え時期が来ていて
老朽化が 目立ちます

リホーム をするか 建て替えをする時期が
来ています
最近では 個性的な建物を建てたい
他人と同じ家は 建てたくない
と云う人がほとんどです

しかし ハウスメーカーなどの住宅は
工場で大量生産をするため
製品が画一化されます
そのため 完成された建物はほとんどが
同じデザインの物となります

アールなどの曲線の建物は建てることは
困難んです

従って 自分だけの 個性的な 家づくりには
不向きです

また 木造住宅や 鉄骨の構造の建物も
その構造から 直線の四角い建物となります

建築工法の中ではコンクリートの建物が
一番自由な形を作ることができて

個性的なデザインの建物が造れます
ただし コンクリートの建物は 型枠を使用し
曲線の建物を建てるときは
型枠を曲線に曲げて作るため
建築コストが割高となります

その点 ブリックスの建築工法は
曲線用のユニットを 現場で
組み合わせて作るため
特別な製品や技術がいらないため
建築コストはあまり変わりません

外壁の天然石をそのまま使って
アールなど 様々な デザインが可能です

ブリックスの建築で 世界で自分の家だけの
個性的なデザインの家づくりをしてみませんか

set a


詳しくは お電話または メールで
お気軽にお問い合わせください
お待ちしています
ブリックスの家づくり
TEL: 03-5695-8111
メール: info@brix.co.jp


住宅ローンの返済年数が
以前は20年だったものが
最近では 35年返済と云う長期のものが
一般的になってきています
と云っても 鉄筋コンクリートの家の様に
耐久性が60年以上のもではなく
一般の木造の家のように 平均建替え年数が
25〜30年の家の住宅ローンの話です

家の寿命が終わって家が無くなっても
その後の住宅ローンの支払いは続くのです

しかし家が無くなって
家を新築すると
新たに住宅ローンを組むことになります
従って二重の住宅ローンを組むことになります
このような時は 旧の住宅ローンの残債は
新たな 住宅ローンに上乗せして
組むことになります
その分 新築住宅の購入金額より
旧残債の分の支払いが 増えることになります

寿命の短かい家を 一生の間に
何回か建てることになると
毎月のローンの支払いだけが
増えて 実際の家は 小さな家となります

よく聞く話では 最初に 家を建てるときには
家はすぐ壊れても 土地が残れば
家はまた 建て替えればいいと言われます
これでは 家は無くて ローンだけが
いつまでも残ってしまい ます

ブリックスの建築は100年以上の耐久性を
家に持たせるために 様々な 取り組みをしています
メンテナンスがほとんどは不要な 天然石を
外壁に使用して 外壁には外断熱を標準ととしています

構造体の耐久性を伸ばすために コンクリートの
躯体の両面に 更にブリックスのコンクリート製の
パネルで保護しています

100年建築であれば 住宅ローンは 一回だけですみ
ローンが完了すれば 無借金の ゆとりの生活が
送れます

高齢化社会に対応した 100年建築を
ブリックスの建築でお建てください

詳しくはお電話でお気軽にお問い合わせください
ブリックス (株)
TEL: 03-5695-8111
 
またはメールにてお問い合わせください
お待ちしています
メール: info@brix.co.jp


今若い人たちの間で
ベジタブル菜園にた人気があります

見て楽しむだけではなく
自分の育てた
野菜を サラダにして
食べたり
ハーブティーなどを
楽しむことで

育てる ながめる 食する と言った
一石三鳥の楽しみ方が
人気の 理由のようです

そのベジタブルガーデンを
賃貸マンションの屋上に セットした

家庭菜園付き
賃貸マンションが登場しました

若者向けの 賃貸マンションは
そのほとんどが ワンルームマンションです
窓も一カ所しかなく

日当たりも 見晴らしも 通風も良くありません
そんなマンションでも
屋上に上がるとそこは別世界です

見晴らしがよく 日当たりも
最高の屋上です
そこに ベジタブルガーデンを
つくることで

ただ 屋上の見晴らしだけではなく

ベジタブルガーデンを
賃貸の入居者に
利用してもらうことで

現在は少子化で 賃貸マンションの
空室率が高くなっていますが

近隣の ライバルである
賃貸マンション との差別化を
図ることができます

これからの賃貸マンションは

以前のように 建てれば
決まった時代とはちがいます

他のマンションと 比べて
いかに 良い特徴を持ったものを
造るかによって
空室率が変わります

そのアイデアを 採用するかどうかは
マンションのオーナーの判断です

ブリックスの提案する
賃貸マンションをご検討ください