FC2ブログ


Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


image_20130629225852.jpg

家には シックハウスー症候群や

さまざまな病気が 発生する

原因がひそんでいます

その原因は住宅に使われている建材に有ります

木造の家は 木を使うため

木の欠点を補うために有害の薬剤が使われます

その1 木は腐る 基礎土台など腐らないように防腐剤を使用

その2 木はシロアリに食べられる 防虫剤の使用

その3 木の合板や集成材には 接着剤を使用する

その4 壁のビニールクロス 貼り付けの接着剤

その他 畳の虫除けなど

有害物資の薬剤が家中に使われています

それらの薬剤は 虫を殺す 効果があるため

人間にとっても 悪影響がでます

木は自然素材のまま 使いたいところですが

日本の様な高温多湿の気候では 仕方の無い事です

それでは木造に代わる自然素材の建築材料は

どんなものが有るかと言いますと

コンクリート構造です

コンクリートの主原料は 石 砂 セメント 水から出来ていて

自然素材で出来ています

また コンクリートに充填する 鉄筋も自然素材です


  
ブリックス建築のホームページ
ユニット写真


一般木造住宅は 何万点と云う

多くの建材を使って

数十の職種の工事をして完成します

それに対して ブリックスの住宅は

一つの多機能パネルとその付属品によって

鉄筋コンクリートの住宅の躯体が完成します

多機能パネルは コンクリートの建物をつくる

型枠の役割と 鉄筋を組むための

配置セットの役割をしています

組み立てる 多機能パネルは

コンクリート製で 表面に 天然の御影石や大理石


などが埋め込まれていて 多品種の仕上げ材として

外壁や 内壁 寝室からリビング ダイニング 洗面所

トイレ 風呂場まで 室内のあらゆる 壁に使用できます

家具メーカーのIKEAの組立て家具販売と同様

ブリックは 家の組立てキットを販売しています

多機能パネルの 宅配サービス

 
ブリックス建築のホームページ

image_20130627203514.jpg

image_20130627203341.jpg

image_20130627203345.jpg


日本各地で大雨の被害が出ています

この季節は 毎年 梅雨や台風の影響で
大量の雨が降ります

日本の地形は 海と山が接近していて
急傾斜の 地域に雨が降ると
じょうごに水を流すように
水が集中し 川が氾濫して 洪水になります

東日本大震災の時と同じ様に
家が 水流に押し流されて
破壊されてしまいます

この様な地域に建つ家は 水害に負けない
鉄筋コンクリートの建物が最適です

水害に強い家とは 水流に負けない建物の
重さと強度が 重要です

例えば 木造のツーバイフォー工法のように
建物強度のバランスが良くても 軽いため
水に浮いて 流されてしまいます

相撲の力士の 様に 体重が 重いと
横からの 力に対して 強いのです

住宅の 横綱 は鉄筋コンクリート構造です
更に 強いのは ブリックスの建築です
鉄筋コンクリート構造の外壁に天然石を
使っています

重量で 最も重い建物は
ブリックスの建築です

災害に強い家は 重さと 強さで決まります
災害安全率のトップは ブリックスの
100年建築です




image_20130626172759.jpg

image_20130626172800.jpg


愛車と暮らす家づくりは
木造住宅よりも
コンクリート建築が適してます
その理由は

一般的な自動車の大きさは
長さが 5メートル
幅が 1、8メートル
高さは 1,4〜2,1メートル有ります

車 に乗り降りするため
車のドアを開けるスペースを50センチ
両側で1,0メートルのスペースを取ります
以上のことから

奥行の長さ 6メートル
横の幅 3メートル
高さを 2メートル

これが 車を一台置くために
最低限 のスペースとして必要です

このスペースでは 愛車をガレージに
収めるだけです

愛車を眺めたり 触ったり メンテナンスをしたり
するスペースを考えると
少なくても W 6 x D 6 x H 3メートルは
必要となります 理想的にはもうひと回り
大きく欲しいものです
問題は 間口の幅です 6メートルの空間は
一般的に 木造の建物では構造上無理が有ります
その点 鉄筋コンクリートの建物は
6メートル以上の 空間が無理なく確保出来ます

更に 内装は 耐火構造が最適です
カーマニアはコンクリートの打ち放しが人気です

愛車が引き立つ 建物は

ブリックスの天然石建築

船橋玄関Door

超狭小地 無足場 Brixゼロ建築

狭小地断面図
狭小絵

小さな土地を大きく使いたいと

小さい土地の持主は皆そう思っています

家を建てる時には 建ぺい率と容積率と云う

建築の制限が有ります

その他 家を建てる場所によって

北側斜線 道路斜線 日陰などの

規制が あります

その様な法的な規制をクリアーしなければ

家は建てられません

その規制をクリアーした上で

お隣の敷地境界に沿って

小さな土地に 家を建てるとき

一般的には家の外側に

足場を組んで家を建てます

その足場の分 家の大きさが削られ


家の周りに 足場を組んだスペースの

無駄な隙間が出来ます

ところが 本来は家の外側に

造る足場を 家の内側に設置して

家の内側から 家をつくる

工法ができました

そんな事は 不思議なことだし

たとえ出来たとしても

変な家が 出来上がるのではと

思われることでしょう

そんな不思議な建築工法が出来ました

外側に足場が無いので 小さな土地に

100パーセント 家が建てられます

小さな土地にお悩みの方は

ブリックスのゼロ工法を

ご検討ください

 
ブリックス建築のホームページ
柏外壁201112220606123c0
天然石 外壁

家を建てる時にはいい家を安く建てたいと

誰でもが 思うことです

そこで肝心なことは

家は建てれば 目的が済むと

思っている 人が多いのですが

大切なことは
家が完成したら 今度は
その家で日常の生活をする訳です

現在の住まいから

新しい家に 引っ越した時から

今までとは違う 新しい生活が始まるのです

自分では 住まい方は以前と

同じと考えていると思いますが

例えば 台所の使い勝ってや

ダイニングテーブルと食器棚の位置関係

また 寝室の寝心地 天井の模様や

消灯してからの 周囲の 音など

想像以上に 違うことが 分かると思います

また建てる家の構造が

今までの家と異なる構造だと

長い間の習慣が変わるので慣れるまでは

落ち着かないと思います

よくある話は 寝てから

何か音が聞こえるなど

特に木造の家は 材木が安定するまでは

何年かは 様々な音がします

要注意なのは 家の構造によって

夏の季節や 冬の季節などの

住まい方が ちがうことです

エアコンの使用方法など特に注意が必要です

例えば 木造の家はこまめに

電源を切るのに対して

コンクリートの蓄熱の家は

24時間エアコンをつけておく方が

電気代が経済的で 部屋もいつも快適です


ローコストで快適な家づくり

ブリックスの100年建築
  
ブリックス建築のホームページ
吉川
image_20130620195628.jpg


南海トラフ大地震や富士山の噴火などの
報道がテレビなどで
毎日のように 流れてきます

最初聞いた時には 東日本大震災より
大規模災害が来ると 大変驚いて
耳を傾けていましたが
あまりにも 毎日の様に 報道されていると
少し マンネリ化している人も
いるのではないでしょうか

過去の大地震から の時間的な 根拠から
確実に 近いうちに 大きな災害は やって来ます

もしもの時の 準備は 済ましているでしょうか

阪神大震災の時のように
まだ寝ている時かも知れません

もう一度身の廻りを確認してみてください
高いところから 物が落ちて来ないか

家具は倒れてこないか
避難場所はどこかなど
携帯電話は 東日本大震災の時には
ほとんど使えませんでした

家族や 友人 会社など 仕事の関係者との
連絡が取れませんでした

データの保存や管理など 今一度確認をして見ては
いかがでしょうか

一番心配なのは 家と 家族のことです
大災害の時 自分の家は 家族を
守ってくれるでしょうか

阪神大震災では 建物が倒壊して
下敷きや 火災になったり
東日本大震災では 津波に
家と共に流されたりして
多くの犠牲者が出ました

今からでも 遅くありません
なぜなら 私たち人間は 地球の上に
住んでいて 大災害は 終わる事なく
繰り返し 何度でも やって来るのですから


ブリックスの家づくり
耐震 耐火 耐津波 台風に強い
鉄筋コンクリート構造の100年住宅

  
ブリックス建築のホームページ