Brix 建築は ヨーロッパの美しく超耐久性の建築を 基本理念とし 日本の高い建築技術をクリアーし 世界特許を取得した これからの 建築工法です


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


円弧住宅


映画やテレビの録画を最後まで見て
前の映像を見たい時 逆回しして見ます
そんな映像を逆回しするように

建物を 完成した外観を先に 作って
後から 構造体の コンクリートを流しこむ

今までとは反対の 建て方で施工をする
建築工法が誕生しました

それは ブリックスの建築工法です
一般の建築は 柱などの 骨組みを作り上げ
その後で外装と 内装などの仕上げをします

ブリックスの建築工法は
本物の御影石でできているパネルを
二枚組合せた ユニットを積み上げていくと
外観は 完成したものと同じ 様に
建物が出来上がります

ただしこの時は 中身の コンクリートが
入ってません

外壁の仕上げだけが完成しているのです
この後にコンクリートを中に打込み
建物がかんせいします

従来の鉄筋コンクリート構造の 建物と
比較すると 外装 型枠 鉄筋 外足場 などの
工事が不要となります

この工法は多くの メリットが有ります
1,工事職種の大幅な削減
2, コストの削減
3,工期の短縮
4,地球に優しいエコ建築
5,外断熱の省エネルギー建築
6,高耐久
7,高耐震
8,狭小地建築
9,高デザイン
10,おもしろい建築

ブリックスのユニット工法を
ご検討ください

image_20130628223140.jpg




お問い合わせはこちらをクリック!

よろしければクリックお願い致します。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

関連tag : k,

image_20130427095917.jpg



最近 日本列島の各地で
大雨注意報が出ています
河の水があふれて 通行が出来なくなったり
土砂が 家の中にまで 入ってきたり
この様な 各地での 記録的な大雨や
ゲリラ豪雨と呼ばれる現象は
以前にはあまり ありませんでした
まさに 異常気象です
その原因 は森林伐採などによる
地球の温暖化によるものだとされています

日本は海と山との間が狭く
その間に住宅が建っています

そのため山に降った雨は すぐに
急傾斜地の谷間に 集まり
河が溢れてしまうことになります
その対策として 昔から 日本の河には
高い堤防がつくられて います
しかし 最近の豪雨は さらに
強さを増していて 我々の身じかな
ところで 被害が出ています

そんな 大雨に対する 家の対策は
津波の対策と同じように
大雨に流されない 強固な建物が
必要です
それには 鉄筋コンクリート構造の
建物が重たく 河の水の流れにも
耐えられるような 強い構造が 必要です

ブリックスの壁式コンクリート構造は
更に外壁には天然石の御影石の埋めこまれた
ユニットで覆われています
最も 自然災害に強いとされる
鉄筋コンクリート構造よりも安全な建物です
ブリックスのユニット工法を
ご検討ください


image_20130711234931.jpg




image_20130624081155.jpg


以前 ホームエレベーターは 老後に備えて
設置する設備でしたが

最近の住宅は3〜5階建ての建物が人気です
土地の価格が高いため 土地が狭く その分
建物の階数を上にのばすことになります

ホームエレベーターはこれからの
縦型住宅には欠くことの出来ないものです

また 都会では 高い建物が増えて 二階建ての
建物は 日当たりも 悪く 見た目にも
周りと比べて 不釣り合いになってきました

また最近では 地下室を 造る家も増えて
更に 重層の建物になってきました

縦長住宅は 一階が玄関と駐車場
二階が寝室 最上階がリビングルーム
屋上は スカイガーデン と住空間が
縦長となった現代では エレベーターは
外すことのできない 住宅の一部となっています

生活の動線も エレベーターが有ると変わってきます
見晴らしや風通しのよい快適な上階には
リビングや お年寄りの部屋をつくったり
反対に収納庫や 洗濯スペースはしたの階にしたり

家の間取りの 作り方も 以前とは
大きく変わってきました

エレベーターは不安だと思われている
方も多いと思いますが

最近のエレベーターは 停電時や
地震の時などは バッテリーの自動運転装置が
標準装備されていて 非常じには最寄りの階に停止します

万一エレベーターの中に閉じ込められても
外部との非常連絡ができるように
内部には専用の電話が設置されているので安心です

ブリックスの建物は エレベーターを
鉄筋コンクリート構造で保護しているので
地震や 火災などの時でも 安心できます

エレベーターを有効利用した
ブリックスの縦長住居の快適な住まいを
ご検討ください

YOエレベーター


image_20130611185913.jpg


地産地消の家づくり

家はその土地の気象条件にあった
建築材料で作ることがいいと思います

我々人間は 丸い地球の上で暮らしています
気象環境は世界中 異なります

北は北極圏 南は南極圏 中央には赤道
一日中 昼間の 白夜の国や 日照時間がほとんど無い国

日本国内でも 北海道の様な
真冬にはマイナス数10度のところもあれば
沖縄の様に真夏にはプラス50度に
なるような地域もあります

同じ地域でも 海に面しているとことや
周囲が山などに囲まれたところなど
温度や 湿度 風の吹き方が異なると
気象環境が大きく異なります

また 日本のように 年間を通して
四季があり その季節によっても
気候は異なります

そんな さまざまに 異なる気象環境に
対応した家を作るにはどうしたら
良いのでしょうか

まず言えることは 建物を造る 建築材料を
その地域で産出されたものを使うことです
その地域で取れた建材はその地域の
環境にあった 性質があります
特に木材などは 外国産よりも
日本産のヒノキや杉が日本の気候には
適しています

コンクリートに使われる 砂や 砂利
セメントなども 地域で取れたものが
適しています

バブルの時など 中国産の 塩が多く含まれた
砂を使った 建築が問題になりました

ブリックスの自然石を埋めこんだ
外壁 内壁のパネルは その地域で産出された
石材を使用する事が可能です

その地域で産出された素材を使って
地産地消の 家づくりをして見ませんか
ブリックスの家づくり

image_20130619082356.jpg


かだん1


鉄筋コンクリート構造は
RC(reinforced concrete)構造とも呼ばれます

コンクリートと鉄筋を一体化して
耐久性と 強さを確保するために考案されました

それまでは 木造の建物や 石積みの建物などが
有りましたが
木造の建物は 火災などで燃えてしまい
また石積みの建物は 地震で 倒れてしまうなど

問題がありましたが 鉄筋コンクリートの建物は
それらの 欠点を 改良した構造で
現代では 公共の建物など 最も信頼出来る
建物です

耐震性能 耐火性能 耐久性能 などが優れていて
デザイン性においても 木造の建物と違い
大きさや 形が自由に建てることでできます

価格についても 使われる 建材は 鉄筋と
砂利とセメントで作る コンクリートと云う
比較的に 安定した 価格の材料を使うため

本来はローコストな 構造です
鉄筋コンクリートの建物が高価な理由は
建物の形を作る 型枠の大工工事が
ベテランの技術が必要です

そして 鉄筋工事も 同じく高価で
ベテランの技術が必要となります
最近では それらのベテランの技術者が
定年でいなくなり 後継者も少ないのです

更に 現在 東日本の震災後及び アベノミクスなどの
影響もあって 職人の確保が難しいのです

そんな 優秀な性能を持った鉄筋コンクリートの
建物を 型枠工事 や鉄筋工事のベテランの職人を
使わずに 建築を可能とした 新しい建築工法が
誕生しました

それは ブリックスの ユニット工法です
型枠の替わりに 自然石を埋めこんだ
コンクリート製のパネルを ジョイントで組み立て
鉄筋を そのジョイントにセットして
その 空間に コンクリートを充填すると
鉄筋コンクリートの建物が出来上がります

基本的に 型枠職人や 鉄筋職人を必要としません

コンクリート製のパネルはあらかじめ
工場で製造するので 現場での加工作業が無いので
工事の省力化と 作業性がよく
現場が 簡素化できるなどのメリットもあります

鉄筋コンクリート構造と比較しても
本来の鉄筋コンクリート構造の性能を
更に 補填して 性能がアップされています
例えば 外壁が御影石でできているため
コンクリートの中性化を防ぎ
鉄筋をサビから守ります

その他 各種の性能がプラスされています
これからの日本の家づくに 是非
ブリックスの建物をご検討ください

image_20130723084817.jpg


図

ユニット写真

デジタル建築の家とアナログ建築の家

アナログ建築の家
在来木造住宅の家は 曲がった木材を
大工さんが柱やハリとして加工して
家を作ります

大工さんの経験と技術で
出来栄えばえが 決まります

100人の大工さんが作った100軒の家は
100タイプの家が完成します

昔ながらの経験の大工さんのホゾを作るのは
今の若い大工さんでは難しいと思います
最近では木工機械で ホゾを加工しています

木造の家と同じく コンクリートの建物も
型枠大工さんが 作る 手作りのコンクリートの建物は
同じように見えても 大工さんの個性がでます

デジタル建築の建物は

工場生産の規格された単一パネル を
一般住宅では 約10000枚 をユニットに
組立てられ 組立図に よって積まれて行きます

空洞部に 鉄筋を組みこんで コンクリートを
流しこむと 鉄筋コンクリート構造の建物が
外装と内装が 同時に完成する

まるで レゴブロックを 組立て様に 積みあげて
行くだけで 本物のコンクリートの建物が完成する

これが デジタル建築の建物です
一軒の家に使われる パネルは 使われる箇所によって
天然の石が 埋め込まれていたり
ガラスが 埋め込まれていたり
その素材や 色彩なども あらかじめ デジタル化した
ユニットの割り付け図によって 組み立てられて行きます

経験豊かな 大工さんは もう引退してしまいました
これからは デジタル建築の時代です

デジタル建築のブリックスの建物を
ご検討ください

image_20130721233808.jpg


渇水
 
渇水2

水不足が続く関東の利根川水系のダムで
24日から川から取る水の量を減らす 取水制限 が始まった
利根川水系で7月に取水制限が行われるのは19年ぶり

関東を流れる利根川水系の8つのダムなどでは
今年の春から夏にかけ 降雨量が平年に比べ
極めて少なかったため 水不足が続いています

群馬県の矢木沢ダムでは貯水率が37.8%になるなど
8つのダムの平均貯水率は24日午後4時現在 
約半分(51.2%)まで下がっています

こうしたことから関東地方整備局と流域の都と県は
24日から10%の取水制限を始めました

そこで 自分の家で 雨水などを貯水する
雨水貯水タンクなどを地下に設置して
雨水を 有効利用をして見ませんか

日常の雨で貯めた雨水を トイレの洗浄水に使用したり
庭の散水 や車の洗車などに使うのです

また最近では 頻繁に発生する ゲリラ豪雨対策に
大雨が降った時には 自宅の基礎の地下に
設置した大容量の貯水タンクに

一時的に雨水を貯水することで
局地的に降った雨水で床上浸水などが
起きない様にする事が可能です

これからの省エネルギー住宅には
設置したいものです


image_20130624081155.jpg



竪穴住居

日本では 昔 
竪穴式住居と呼ばれる家に住んでいました

竪穴式住居はその名のとおり
穴を掘って その底に床をつくり 
柱を立てて屋根をふいた建物です

形は円もしくは楕円形の物が多く
外から見ると家の壁になる部分は見えないので
円錐形に近い形をしています

ヨーロッパでは 中石器時代から
この住居の形態が出現しています

やがて 世界各地で 新石器時代に盛行するようになります
日本では 後期旧石器時代ごろから造ら
縄文時代から 多くの人々が 竪穴住居に住み 
北海道から九州にかけて18カ所の遺跡で確認されています

現代の住宅も
最近では 地面を掘り下げ地下室を作り
建物をたてに伸ばして3,4,5階建ての建物で
円型の形の建物が建ってきました

人の住む 建物は 大昔の歴史にあるような形式に
戻ってきている様な気がします

石造り 竪長住宅 円筒形の 建物のブリックスの家づくり
をご検討ください

kam aa


image_20130721233808.jpg

建物の外壁はファションです
人で例えると 身体に着る洋服のようなものです

アメリカンスタイルや ヨーロッパスタイル
中には和服だったり
建物のデザインにあった 色や 素材があります

一般的な住宅の 外壁は サイディング が最も多く
ときには タイルや まれに 石を貼ったりします

外壁が ガラスの住宅は ほとんどは見かけません
ガラスはタイルや 石などよりも耐久性があり
経年変化がほとんどない 素材です
数100年以上の耐久性が有ります

また 色彩的にも 幅ひろいカラーがあります
最近の建築には さまざまな建築素材を使った
ユニークなデザインが有りますが

ガラスを使った デザインは 今までにはない
個性的な建築ができると思います

更に ブリックスのユニット工法は
3次元のデザインが可能です

ガラスの外壁の 3次元のデザインで
オリジナルの 建築を 建てて見ませんか

ガラスのユニット工法のブリックスを
ご検討ください


a




image_20130721085952.jpg

image_20130721085812.jpg

トーベ・ヤンソンの名作『ムーミン童話』の
ムーミンの家は円筒形の家です

家は楽しく作りたいものです
当然ですが 家としての耐久性や安全性を
確保するのは 基本です

その上で 同じ家を建てるのなら 住んでいて楽しく
快適に暮らせる家を 建てたいものです

そんな夢をブリックスの建築工法は 叶えられます

ブリックスの建築工法は 20x40x25センチのブロック型状の
ユニットをレゴブロックのように組み立て作ります
曲線や円形も自由に作ることが出来ます

中身は鉄筋コンクリート構造ですから かえって
曲線の方が 飛行機や船の様に 直線よりも強いのです

自分で考えた 自由なデザインを家として
完成させることができます

クレヨンで書いた 子供の絵の様な 家をそのまま家に
することが可能です

その形は 例えば 動物とか 野菜とか 果物とか
アイデアは自由です

可愛がっている 犬や猫のようなペットの姿に似た家や
自分の好きな果物 イチゴや 桃やグレープフルーツ
ビスケットや ケーキ カボチャの家などはユニークです
その他 色々なアイデアが あると思います

そんな家の絵を書くだけでも 楽しくなってきます
家を建てるときの 面倒な 家の間取りを考えて
頭が疲れることは ないのではと思います

ブリックスの楽しい家づくり
をご検討ください

set a