FC2ブログ


Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


バリアフリー


長寿世界一の家づくり

日本の長寿世界一が
東日本大震災のあと順位が下がりました

しかし 今年 再度 世界一の長寿になった日本です
平均年齢が90歳に近いお年寄りがたくさんです

これから 多くの お年寄りがいかに快適にすごせるか
住み良い住宅とは どんな 建物でしょうか

お年寄りにとって 一番辛いのは 階段などの段差です
車イスが 家中を自由に 動きまわれる家が理想です
このバリアフリーの家づくりは高齢化時代には大切です

ここで問題なのは トイレや洗面所 浴室内での動作です
車イスから便座への移動や 浴槽内への移動は
若い介護士でも 大変な作業です
身体の小さなお年寄りのときでも 普通の人が介護は大変です

そこで 対策の一つとして 効果的なのは
天井からの 吊り下げ可動リフトです
浴室内やトイレの移動などに 便利だと思います

新築時に天井に吊り下げの金具などをあらかじめ
埋め込むことで 設置工事がいつでも可能です

お年寄りが 気軽にトイレや入浴が出来るような
使いやすい家を立てて見ませんか

ブリックスの家は 鉄筋コンクリート壁式構造で
バリアフリーの建築に最適です
  
ブリックス建築のホームページ


建物断面パース

24号台風


台風24号の60メートルの暴風雨

この強い台風が沖縄を襲いました

最大瞬間風速が60メートルという
強い風は どの程度の強さかというと

木造家屋が倒壊して
鉄骨でさえ変形するものもあるとのことです

台風によって 住んでいる 家屋が倒壊したり鉄骨が変形しては
安心して住んでいられません 大変困ったものです

住まいの強度は 強い台風でも耐えることが
できることが最低限の 強度です

窓ガラスが 飛来物によってわれたり
強風によって 窓のサッシから
雨が吹き込むことくらいはあっても
家が倒壊しては 人の安全は確保出来ません

その点 鉄筋コンクリート構造の建物は
風によって 倒壊することは
よっぽど風を受け易い平らな形の家でない限り
倒壊したりすることはありません

どんな台風がきても安心して住める建物は
丸いデザインの建物です

丸い建物は飛行機の様に 風の影響を
ほとんど受けることはありません

円形の建物は ブリックスの建築です

鉄筋コンクリート住宅C

20131005203622280.jpg

狭小住宅は高級感のある
個性的な建物を建てましょう

建物のボリュームが小さい狭小住宅は
せっかく予算をかけて注文住宅で建てても
間違えると 格安の建売住宅になってしまいます

大きな建物と違い狭小住宅は
建物の全体が 一望できるので
個性的なトータルデザインが引き立ちます

使う建築材料も 建物が小さいので
少なくてすみます
その分 高級な 本物の
御影石の磨き仕上げなどで

外壁 を建物の全体に使うと
小さな建物でも 大きな建物にも勝る
迫力のある建物になります

御影石は 寒色系よりも 暖色系の明るい
光沢のあるものが より建物を引き立たせます

建物デザインは敷地の狭さを感じさせないように
塔屋などを設置して 建物を高くすることにより
小さな建物をより大きく見せる効果があります

また 玄関ドアや サッシなども
使われる個数が 少ないのですから
予算をかけワンランク上のものにすると
より高級感を引き立たせます

ブリックスの建物は
外壁が 全て 本物の御影石が標準仕様です
建物の外壁の厚さは 250センチと
業界トップクラスです

狭小住宅だからと言って引けをとるどころか
自慢ができる建物です

狭小住宅