FC2ブログ


Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111



家の間取りを計画することをプランニングといいます

プランニングをするときには いろいろな条件を整理しなければ
計画を進めることが出来ません

1、敷地の条件  土地のサイズ 建築法的規制 立地条件等
2、家族の要望  家族の数 年齢 老人 子供 ペット等
3、資金計画   自己資金 借り入れ資金 返済計画等 
4、スケジュール 家族の活動計画 転勤 入学 出産等

建築の計画は一般的には 結婚をして子供が出来たとき
子供が独立して 家族構成が変わったときなどに家を建てます

これの他にも 将来の家族の予想 建てた家を誰が継承していくのか
財産の申し送りなど 考えていくと 多くのことを 決める必要が出てきます

プランニングの基本はそれらの多くの条件を解決していきながら
ハードとソフトの両面から計画を実行していきます

したがってただ単純に そこに住む人が それぞれの希望だけを
形にすることが難しいのです

また そこに住む人も時間とともに変化していきます
新婚ホヤホヤのまだ若いときに考えた家が 歳をとり老人になって
階段を登ることも出来なくなってしまい 家のリホームが必要になります

日本人の寿命も男女共平均80歳を越える 高齢化社会を迎えて
建てる家の将来の予想も計画しなければいけません

また現在の日本の住宅の平均寿命は26年です 
老後までに 家が先に老後を向かえ 先に寿命が来てしまいます

これから建てる家は少なくても 建て主よりは長生きしてもらわなければ困ります
短くても 建物の寿命が100年位は欲しいものです

以上のことからプランニングをするときに 一番先に決定することは
建てる建物の構造や工法をまず決定しましょう

次にその工法の特徴を生かした 間取りや デザインなど
家族の希望を反映できるか検討していくことになります

ヨーロッパの住宅のように 何代も前の祖先が建てた家で
何代にも渡って住める プランニングは実績があり参考になります
欧米の間取りはオープンプランニングで効率のいい使いやすい間取りです

欧米の家のように長い寿命の家は 家の返済がありません
日本の少子高齢化社会と 不安な年金問題を考えると 
高耐久でメンテナンスフリーの100年住宅が理想的な家です

何世代もの家族が 結婚 子供 老後 の繰り返しの 
生活を営むことの出来る 家を建てましょう

高耐久 家族の変化に対応の間取りの家 本物の御影石の家 
100年建築のブリックスの家づくりをご検討ください
木造住宅CAQVWZ4V


 日本の住宅のリフォーム

は最近
老朽化した住宅のリフォームが人気です

日本の木造住宅の場合はリフォームに耐えられる
建物と
そうでないものがあります


建物が 軸組み構造や ツーバイフォー工法などは
日本の高い湿度やシロアリ被害で
土台部分が
数十年経つと
腐食してしまうことがあります


建物の基礎の上に 土台があり
その土台の上に 柱が立っています
柱は土台と一体になっています
土台が腐食した時には柱も一緒に腐食しています
土台と柱の下部を入れ替えてることは
建物の一番基本部分であり

交換すると柱はつぎはぎとなり
柱の強度が下がり
家全体のバランスも不安定となります


最初から新築する方が安く上がります
そして建物の寿命も永く メンテナンスの
費用も安上がりです


建物の基礎も土台も全く問題のない建物でない限り
リフォームは損だと思います


またリフォームをする時には
新築価格の25〜35パーセント以内が
適当です
もし それ以上の費用がかかる場合は
新築を検討するべきです

その理由は
1, 新築の耐用年数
2, 新築の耐震性
3, 補修費用が安くあがる
4, 資産価値が高い その他....

100年建築で 経済的で地震や火災にも安心
リックスの建築をご検討ください


  
ブリックス建築のホームページ

世田谷外観
円形住宅
木造住宅CAQVWZ4V


建物のデザインをするときには

まず その建物の骨組みを決めることから始まります

車のデザインの歴史を参考にするとよく理解できると思います

車が出来た当初の 車の原型は 馬車のような形をしていました

シャーシと呼ばれる軸組みがあります

その上に人が乗るボックスが乗った形から始まりました

そのあとシャーシがなくなり 車体自体がモノコック構造になって

車全体を面の力で支える スタイルになりました

軸組みから 面構造になることで より構造的に頑丈になり

且つ デザイン的にも 曲線の流れる美しさが出来るようになりました

建築の世界でも 木造やプレハブの軸組みの様な構造から

ツーバイフォー(2x4)の面構造で支えることで

より強い構造体となりました

さらに四角い箱構造の形よりも 円筒形の建物の方がより強度がでます

たとえば車や飛行機のような 曲線の面構造が強いといえます

建築デザインを考える上でも 

木造やプレハブ住宅の軸組み構造よりも

曲線を生かした建物の方が 自由で個性的なデザインがつくれます

特に個人の住宅や 小規模マンションの様に 建物全体が一目できる

建物は外観のデザインが大切だと思います

また 外観に使用する素材も重要です 

一般の住宅で使われている サイディングは経年変化で

すぐに劣化してしまいます

折角のデザインも劣化した建材では台無しです

ブリックス建築は 曲面のデザインが自由につくることが出来ます

基本構造が鉄筋コンクリートで ブリックスで積み上げた形に家が完成します

またその素材は ヨーロッパの建物と同じように 自然石で出来ています

経年変化や メンテナンスがほとんど不要です

あなたも 三次元の建築デザインが自由につくれて 素材の美しさが生かせる

ブリックス建築で 建物を建ててみませんか

  
ブリックス建築のホームページ

世田谷外観