FC2ブログ


Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


船橋玄関Door


家が人を 健康にする家
現代の住宅は 使われる新建材からでる有害物質によって
シックハウス症候群という アレルギー性の病気を引き起こして
家庭にいる 子供や主婦が病気なってしまう

その建材を製造しているメーカー 
その建材を使う建築会社
それを規制する法律 
最終的にはその住宅を選んだ
ユーザーの責任となる

今日 日本の住宅は ローコストの住宅の販売競争により
価格を下げるために 安価な新建材を使用して施工をしている

具体的には 構造体に使用する合板
内装のビニールクロス 新建材で出来た台所の流し台
食器戸棚 建具がある

では健康になる家を造るにはどうしたらいいのだろうか
昔の日本の家を思い出すと 家は全てが自然の素材で造られていた

壁は土壁 床は板の間 畳 戸は紙のふすまだった
自然素材の良いところは呼吸していること

玄関吹き抜け

人は呼吸している動物ですから 家も呼吸していないと
健康にはなれない ビニールクロスと新建材で包まれた 
密閉された部屋では そこに使われている有害物質に犯されてしまう
しかしながら昔の家を現代に造る訳にもいかない

建築の制限や高さを確保した にマッチした建物を造る 
それは鉄筋コンクリートの建物だった
使うのは全て自然素材の 石 砂 セメント 鉄 
またコンクリートは呼吸している

問題は内装です 一般的にマンションなどの内装は
下地にボードを貼り ビニールクロスなどで覆ってる

それをシックイ 珪藻土などの 塗り壁にすることで
コンクリートと一体化して呼吸する壁となります

珪藻土などは有害物質などを吸着して室内の空気を
きれいにします 最近では室内のウイルスを除去する
光触媒式の空気清浄機なども効果がある

そしてなんといっても鉄筋コンクリートは地震や火災から
人を守ることのできる唯一の建築工法だ

なにが健康に一番良いのか 選択を間違わないように 
最終的には 個人の住宅は 家を建てる人が 決定するもの

ブリックスは自然石の外壁で出来た
外断熱の鉄筋コンクリートで 内装は塗り壁が基本の建築
 
ブリックス建築
外観角丸の内

マンションには 儲かっているものと
そうでないものがある その差とはどこにあるのか

賃貸マンションは 建物を商品として貸して 賃料収入を得る
どのマンションを借りるか選ぶのは 入居者だ
現代では 少子高齢化により 若い世代の人口が減っている

入居者に好まれる 人気の高い建物を建てなければ空室となる
入居者が部屋を案内される時 何を基準に決定しいるのか
どの建物を見ても 同じ様な建物で間取りも内装も設備も同じでは
魅力が無く 決められない もっと魅力のある差別化が必要だ

ハウスメーカーの大量生産 大量販売の結果生まれた建物が
毎年コピーされたように 同じ建物が出来る 
 
入居者はどこを見てもおなじなら 新しい建物を選ぶことになる
これでは新築当初はいいが 年数が経つと空室が出ることになる
 
その後は さらに家賃を下げて 空室をうめることになり
儲からないマンションへの 悪循環となる

マンション経営は 経年変化をしても 人気が衰えず 
後から建てた 新築マンションよりも 人気があるような
競争力が無ければ これからは 生き残れない

第1は 建物の構造だ 鉄筋コンクリートでなくてはもう勝てない
木造やプレハブと 鉄筋コンクリートの建物を比べたら 
火事などの安全性 防犯性 住み心地など
建物が老朽化すれば差は 歴然だ

第2は 遮音性だ 上下左右の部屋からの音が最大のクレーム
隣の部屋のテレビの音が聞こえるような建物では賃貸として失格だ
楽器を弾いても聞こえないくらいの 防音が欲しいもの

第3は 部屋の間取だ 魅力ある 個性的な 部屋はほとんど無い
同じ部屋なら 賃料の下げなければ 決まらない

第4は 建物のデザインだ 入居者は友人知人などに誇れる建物を
希望している 友達よりいい建物に住んで自慢したいものだ

耐用年数が古くなっていくと メンテナンス費用が毎年のように掛かる
投資した金額を回収する前に 老朽化しててしまい 足が出ることになる

木造建築やプレハブ建築は 数十年後の商品価値 競争力を考えると 
賃貸での収益物件としては不向きだと言える

たとえば ヨーロッパ建築のような建物で賃貸経営をしたらどうか
耐久性が100年以上で ローンが完済した後も 収益が長く続く
さらに その建物が 美しい自然石の建築で あったら

その建物は ブリックの建築です
外観は自然石づくりで 壁の厚さが250ミリある 
100年建築の建物です
生コン車

コンクリートの建物でも いろいろな 工法がある
ブリックス建築は 場所打ちの鉄筋コンクリート壁構造だ

コンクリートの壁構造は箱型をした 一番 丈夫な構造だ
他には 柱構造のラーメン構造がある

同じ コンクリートでも コンクリートのパネルで出来たパルコンがある
耐久性の長さや 遮音性 耐火性 強度には 大きな差がある

さらには 軽量コンクリート板のALCコンクリート板があるが
構造としては 強度が弱いため使えない
軽量鉄骨の柱に取り付けて 外壁材として使われている

コンクリート工法と 呼ばれる事があるが
全く 異なるプレハブ建築なので 注意が必要だ

同じ場所打ち鉄筋コンクリートでも
打ち放しコンクリート工法や内断熱工法は
直接外気に接しているため コンクリートのアルカリ性が 
空気によって 中性化され 耐久性が大きく下がる

以上の様に 一口にコンクリートの建物と呼ばれる建物であっても
ピンからキリまであるので 素人の人には 見分けがつかないのが現状だ

ブリックス建築は
コンクリートが 断熱材と天然石でおおわれていて
一般の場所打ちコンクリートの中でも
より コンクリートの寿命を 長く伸ばして
100年以上の耐久性を 目標として 開発された工法だ

ブリックスの自然石ユニットが型枠の役割をすることにより
一般の場所打ちコンクリートの合板型枠が不要で 組立て バラシが
地球環境を保護したエコ建築で 外断熱工法で省エネ建築です

ブリックス建築

image_201308112304552db.jpg

ブリックスの家つくり
屋根京急100_8802

都市部の 住宅が密集している街を
空から眺めると 住宅の屋根しか見えない
庭も緑もなく 日当たりも 風通しも良くない

土地の区画が小さく 都市部の土地の価格は数100万円もする
面積を広げるのは不可能だ
 
土地を広げることはできなくても
建物を上に伸ばし 生活面積を広げることは可能だ

庭もなく日当たりも悪く 狭い2階建ての家で我慢しなくても 
3階〜5階建て 屋上付きの広い家にしてみてはどうか

屋上には太陽の日差しが直接当たる
周りの家の屋根の上から 見晴らしも 風とおしも最高だ

家庭菜園を作り 自分で作った野菜を食べてみてはどうか
その他 ペットを飼たり 野鳥と友達になれるかも知れない
休日は屋上で朝食やランチを 夜はビアガーデンも楽しめる

建物を上に広げて 世帯を上下に別けて
離れて暮らす 親家族と一緒に 暮らす
住まいにかかる費用も半減できる
高齢化社会の問題も 解決可能だ

将来 余った階は賃貸で貸すことで
老後の生活もより安定する
 
ブリックスの家づくりは
より快適な 暮らし方を提案している

ブリックス建築
冬の結露とコンクリートの家

image_201308112304552db.jpg


朝起きるとサッシのガラス全体に水滴が付くのはなぜか
部屋にこもった暖かい空気が 冷たいガラスに接して
湿気を含んだ空気が 冷やされて起きる現象

氷を入れたグラスに水滴が付くのと 同じ理由と思えばわかりやすい
現代の家は 高気密なので 湿気がこもり 結露ができやすい
対策としては こまめな換気をすることが一番効果的

人にとっては 乾燥している冬の空気がある程度 の
湿度があった方が 肌にもノドにもいいのだが

問題なのは 建物だ 木造住宅は本来 木が腐らないように
家中に風通しが良いことになっている
床下は高基礎にして風を通す 壁の中は スキマをつくる
屋根裏は 風が抜ける とにかく 家中 風の通りみち

ところが 高気密の 現代の家は 風を全く通さない構造だ
当然のことだが 木は 湿気に一番弱く すぐに腐ってしまう
住む人優先の 結果のことだから 仕方のないことだ

その点 コンクリートの建物は 湿気には 比較的に強い構造だ
ただし 外断熱の建物に限ること 無断熱や内断熱の建物は家中に
内部結露が できて カビなどが発生して 始末が悪いので注意が必要だ

今 木造や プレハブ住宅 コンクリート建築など
いろいろな 工法があるが 日本の高温多湿にあった
構造を選ぶことが 大切なことだ

コンクリートの外断熱の建築 ブリックスの家づくり











外断熱のコンクリートの家

ユニット
外断熱の家と内断熱の家は何が違うのだろうか
わかりやすく言うと

打ち放しコンクリートや内断熱の家は 
建物を人間の身体だとすると
洋服を何も着ないで 裸で外に立っているのと同じこと

真夏の炎天下では 太陽の直射日光を浴びて 人は日射病で倒れる
コンクリートだって焼け付く様な暑さに 触れないほど熱くなる

真冬の気温がマイナスの 極寒の外に 何も着ないで裸でいたら
人間なら凍死している
コンクリートも同じで 凍結してしまう
この様に 冬の寒さと 夏の暑さを 一年中繰り返していると
コンクリートが劣化し 内にある 鉄筋がサビてしまい
さすがの コンクリートの建物でも 寿命が短くなってしまう

それに対して 外断熱の家は 裸のコンクリートの外側に
断熱材のコートを着てる様で 冬は暖かく保温されていて
真夏の暑さからは 断熱材で 保護されて 涼しい 家ができる

また 断熱材の 室内側にあるコンクリートは
室内の温度を貯める 蓄熱効果があり
冬には 暖房で暖められた室内の温度を 蓄熱し
夏には冷やした室内の温度を 蓄熱します

冬の朝は 前の日に暖められた余熱で 暖かく迎え
真夏は クーラーで一度涼しくした部屋は 
いつまでも 涼しく快適です

外断熱の家の コンクリート壁は 一度暖めたり 
また 冷やすと その温度を蓄熱して保とうとする

木造の家は 断熱の効果は有るが 蓄熱効果がないためと
隙間風が家中から 出入りするので
エアコンを 切ったり 入れたりをこまめにする必要があるが

反対に コンクリートの建物は いつも24時間付けておいた方が 
負担の大きな 初期電力がかからず 電気代の節約になり
省エネの効果が高い

外断熱のコンクリート住宅は 施工が難しく建築コストも高額となる
また外断熱の施工は その断熱効果と 安全性が 相反する施工となり

そこで開発されたのが 世界特許の建築工法の
ブリックスの外断熱工法

自然石パネルをユニットに組み立てるときに 一緒に断熱材をセットすることで
あとは積み上げて コンクリートを流し込むだけ 外断熱の建物が完成する

またブリックス工法は 外断熱の鉄筋コンクリート建築でありながら
プレハブの住宅のような経済的な 建築コストです
ブリックスの家づくり

電磁波防止の建築 

ブリックスの建物の室内に入ると携帯電話の
電波がつながらなくなります

その理由はブリックスの建物の構造にあります
基本構造は鉄筋コンクリートの壁構造です

床のスラブは 鉄筋がトラス式に組まれた デッキプレートタイプです
したがって 建物の構造の 壁と床がコンクリートで
そのコンクリートの中に 鉄筋が メッシュスタイルでダブルに
充填されているため 電波がほとんど 遮断されてしまいます



具体的には 建物の壁の中に 鉄筋が20センチ間隔で
たてと横に格子状に 内側と外側に 二重に配筋されています

天井と床にも同様に 鉄筋が配筋されていて
更に壁は天然石の貼った コンクリートの
厚さ250mmと分厚い壁になっています

同じく 床と天井も分厚いコンクリートに
囲まれているからです


 したがって電磁波や電波が通しにくなるのです
最近問題になっている 電磁波が原因とされている
いろいろな病気も防止できる可能性があります

自然石鉄筋コンクリートのブリックス建築


image_201308112304552db.jpg