Brix 建築は ヨーロッパの美しく超耐久性の建築を 基本理念とし 日本の高い建築技術をクリアーし 世界特許を取得した これからの 建築工法です


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


20160630080021246.jpeg


一般の木造住宅 などでは防音効果が低く
音が壁を通してしまい 室内での楽器を弾いたり
演奏することはむずかしいことです

ブリックス建築は壁の厚さが 250ミリと分厚く
現場打ちコンクリートで気密性がたかく
更に 外断熱の断熱材の効果や サッシやドアを防音用にす
家の中で 楽器を弾くことが出来ます

また 鉄筋コンクリートの構造は大空間が造れるため
音楽室やホームコンサートを開いたりすることが
可能な広い部屋がつくれます

グランドピアノや大勢の人が集まって演奏が可能です
まるでホテルのラウンジで過ごすような
贅沢な時間をすごすことができる家づくり

piaw.jpg

アップライトピアノ
ご自宅でのレッスンなど 趣味用から学校での
音楽教育用まで広く愛用されています

ereku.jpg
エレクトーン
baiori.jpg

バイオリン
よく響く音 あまり響かない音  重圧な音 軽い音 
弾き方によって 音質が違う それは弾く人の個性です

kurari.jpg

クラリネット
人間の音域に一番近い楽器と言われるクラリネット
良い音を出すには、まっ直ぐ前をみた状態でほっぺたをふくらませずに吹きます
マウスピースをくわえる深さと楽器を持つ角度がポイントになります

furu.jpg

フルート
フルートの特徴は家でも練習できること
トランペットやトロンボーンを一般の家では難しい
フルートは近所づきあいや 環境に優しい楽器です

20140716072406151.jpg

サクスホーン
サクソフォンはジャズ 吹奏楽 ビッグバンドの分野には欠かせない存在です
クラシック音楽でもその可能性をいかんなく発揮しています
ソナタやコンチェルトなど多くの作品がサクソフォンのためにつくられており
ソプラノ アルト テナー バリトンなどがあります

gita.jpg


ギター
リズムをとることができる メロディを弾くことができる
音量は大きすぎず小さすぎず 歌うことができる 手軽な楽器です

ako-.jpg

アコーデオン
蛇腹(じゃばら)を広げたり縮めたりすることにより
空気を送り込みリードを震わせて音をだす

manndo.jpg

マンドリン
マンドリンは地味ながら 大変ポピュラーな楽器です
無伴奏曲は 意外なほど演奏されていません

airisu.jpg

アイリッシュハープは一人でも持ち運びできます
膝の上に載せて演奏可能です


image_201308112304552db.jpg




ガラスの家b


ガラスの家


ガラスブロック建築


gare.jpg

ガラスと コンクリートが 建築様式を大きく変えたのは
アールヌーボーの時代からです
エミール.ガレがカメオ技術などの技法を開発して注目を浴び
rune.jpg

その後 ルネ.ラリックがアールデコがガラス工芸の時代をつくり上げました
rukor.jpg

ル.コルビュジのドミノシステムによって石造建築で壁に開口部ができ
ガラスの開口部が組み込まれた
ここを起点として 建築の壁が 軽くて 明るい 建物となっていきました

hyusa.jpg

ガラスは石づくりの建物とよく似合います
ガラスのまるで 宝石のような美しい輝きは 
どっしりとした石づくりの建物の素材を 引き立てます

hyousatu.jpg

ガラスの鮮やかな色と透明性を生かしたデザインが個性的です

kitikaut-.jpg

ガラスは耐久性が 最も長い素材であり 錆びたり 変色したりせず
耐えられるとされる 建築材料です

rannda.jpg

このガラスをブリックスのパネルに埋め込み
内装や 外壁の 美しい仕上げのデザインとして

gennkann.jpg

ブリックス建築に使われています

いろいろな色の組み合わせをしてインテリアとしても
美しいデザインが完成します

kabeno.jpg

ガラスブロックを使った
ブリックス建築


image_20130829194144b72.jpg


快適な家づくりは 壁の厚さで決まります

最近の日本の住宅は 
ローコストのために壁の厚さは
10数センチと薄くなっています 
何ミリかのベニア合板で出来ていて
壁の中はほとんどが グラスウールの空気層です

これでは 外の騒音や 隣りの部屋のテレビの音が
みんな聞こえてきます
また 夏の暑さもさえぎることが難しく 
猛暑には 我慢できないでしょう

経済性を優先して 建物の質が軽く 
材料も少なくなってきています

最近の事例では 竜巻で 家が飛ばされて 
しまうようなことも起きていますが
風にも耐えられないほどの 軽さと耐久性では 
家の価値として問題があります

ヨーロッパの石づくりの建物は
壁の厚さは 60~80センチあります
火災にあっても燃えない構造に造られていますが
勿論 石づくりですから 風に飛ばされることもありません

夏の 暑さにも分厚い壁が 保護しています
外の騒音も気になりません

壁の厚さが250mm
ブリックスの建築


hi-to ai

夏の暑さが昔よりも 
より厳しい暑さになっています
その理由の一つに ヒートアイランド現象が上げられます

ヒートアイランド(heat island=熱の島)現象とは、
都市の気温が郊外よりも高くなる現象のことです。

原因の一つに 都会では オフィスやマンションで
エアコンを使用することで 室内を冷やすために
室内の熱を 屋外へ排出するため 外気温が 上昇します

また 都市部での建築はマンションなど
鉄筋コンクリートの建物が多く
コンクリートは熱を蓄える性質があります

現在の建物のほとんどが内断熱のため
室内を冷やした エネルギーは ほとんど 蓄熱されず

そして外壁が 外断熱の構造になっていないため
太陽光や 室内から出た熱で 建物の外壁が 高温になり 
ヒートアイランド現象が起きます

夏季は、日中の気温の上昇や 熱帯夜の増加によって
熱中症等の健康への被害や 生活上の不快さを
増大させる要因になっています。

建物の外壁を外断熱工法で 外気の熱を遮断することで 
建物が高温になる事を防ぎ ヒートアイランド現象に効果があります

またエアコンなどで冷やした涼しさのエネルギーを
内蓄熱の建物の構造体が 蓄熱するため

コンクリートの構造体の室内側を 
露出させることで熱を貯めることが出来ます

内装の仕上げを ビニールクロス貼りなどに
しないことが 大切です

このようにコンクリートの蓄熱効果を 上手く活用することで
都市部でのヒートアイランドを防ぎ 
住みよい環境の街づくりができます

また室内の温度も 夏涼しくて 冬暖かく
ECOで 省エネの 快適な生活が可能です

地球の温暖化防止のためにも
結論として 外壁を外断熱して 室内で蓄熱をすることです

外壁は自然石で外断熱+内蓄熱

ブリックス建築





20160402113919c32.jpeg


ヨーロッパの石造りの建物は
建物が建ってから何世紀もたっていますが

その優雅さはいつまでも変わりません
いつまでも その美しさを保つためには
超耐久性の 建築材料が重要です

家を建てるときに使われる 建築材料の中で
一般的な建築材料としては

木材 金属 コンクリート 石 タイル サイディング 
それぞれの 素材の 長所と 短所があります

建築材料の中では 最も美しいのは 天然石ではないでしょうか
自然の石は 世界には 数え切れないくらいの 種類と色があります

天然石の石は 宝石のダイヤモンドのように
原石を磨くことにより 美しさが生まれます
また 天然石は 長い間 美しさを保ち続けます

天然石は建築材料としては 高価なものです

それは 高級なマンションでも 玄関部分の 
ほんの一部しか 使われないことでもわかります
このように天然石は 高級で 美しい建築材料ですが

さらに 天然石を建物に貼り付けるときは 金物を使い
1枚1枚 建物に取り付けていくため 
高額の施工費が掛かっていました

また、金具で取り付けているため 
安全性から 高さの高い 建物の壁には使用が困難でした

そんな 安全性と 施工コスト を解決したのが 
ブリックス建築です また 天然石を本磨きして 
その原石を  ブリックスのパネルに工場生産により 
埋め込んで いるため 施工の工程と コストを大幅に 
削減することが 可能となりました

ブリックス建築は 世界特許の 新工法により
天然石を ブリックスのパネルの中に
埋め込み そのパネルを組み建てることにより
天然石の外壁や 内壁の仕上げが完成します

天然石は高価で 建築材料としては 使えませんでしたが
ブリックス建築は 天然石の外壁が標準仕様です

室内には大理石などを 玄関 リビング キッチン 浴室 洗面所 
また アイランドキッチンや洗面のカウンタートップなど 
幅広く使用が可能となりました
 
天然石の表面の仕上げ方法 には 
磨き仕上げには 本磨き 水磨き ジェットバーナー  サンドブラスト 
叩き 割り肌 など いろいろとあります 

御影石は 耐久性 耐摩耗性 風化に強く 
磨けば光沢があり美しい材料です 

天然石の家
ブリック建築



上大岡外観


シェアハウスは欧米では昔から利用されていましたが
日本では 最近 ワンルームマンションの改良型の
シェアハウスが 若い人達に人気が あります

シェアハウスは 家賃などの賃料を安くするため
リビングや キッチン バス トイレなどを
共同で使用します

もちろん個室があり プライバシーは 守られています

他人との 共同生活のため 多少の 窮屈や我慢がいります

さらに リビングの家具 ダイニングテーブル ソファーなどは
最初から ついています

光熱費や 管理費は 定額が一般的です

一般のマンションと比べると 20〜30%程度
安く借りられるものもあります

シェアハウスは 一軒の屋敷で 下宿のようです
都会のワンルームマンションに一人で暮らす寂しさは
解消出来るかもしれません また 防犯の 効果もあります

シェアハウスは 賃料を 抑えるため
個室が小さく 造られているため
隣室との騒音問題が あります

そのため シェアハウスを 建てるときは
鉄筋コンクリートの構造が重要です

ブリックスの建築は 壁の厚さが
外壁が 250ミリ 内壁は230ミリあり
ピアノなど楽器を弾いても大丈夫です

また 外壁には 自然石が 貼ってあり
ヨーロッパの石づくりの建物の様に何年経っても
経年変化しないため シェアハウスの建物には
最適です

これから マンションを建てようとしている
オーナーさんも シェアハウスのシステムを活用して
建ててみてはいかがでしょう

ブリックス建築



20160623075035ad7.jpeg


日本は年間の 降雨量が多く 
建築作業の妨げになります

木造住宅などは建物を施工するとき 
雨などが降った日は工事を 中止することになります  
特に木材が 雨に濡れてしまうと 
せっかっく乾燥させた木材が 使えなくなります

またグラスウールなども 
絶対にぬらすことが出来ない建築材料です
雨に弱い建物は木造以外にも 
軽量鉄骨住宅や 軽量コンクリート住宅も
同様に雨天時には 作業は行えません

しかし 最近のゲリラ豪雨のように
突然豪雨が襲ってくることもあります
雨に濡れてしまったグラスウールなどは 
本来すべて交換する必要があります
このように建物を建てるときには 雨との関係は重要です

ブリックスの建築は 建築材料が 天然石
又はコンクリート製なので材料が雨に濡れても
材料が痛んだりしません

断熱材も発砲ポリスチレンなので防水性があります
コンクリートの打設時も 多少の雨であれば 
問題なく作業は可能です

天候の影響を受けにくい 作業性の良い
ブリックスの建築工法を ご検討ください

ブリックス建築

yos a





20160622074437517.jpeg


北朝鮮がミサイルを発射しました
万一住宅地に落ちたとしたら
そこに住んでいる人と住宅は
どうなるのでしょう

日本は平和主義で 中東のように 
日常的に戦闘などはありません
その様な戦闘行為のための 
建物を武装することはありませんが
万一のことを考えたとき 

広島や長崎の原爆では一瞬のうちに
多くの人や建物の被害が出ました
原爆の超高温度と猛烈な爆風によって 
ほとんどの木造住宅は跡形もなく
消滅しました

一部残ったのは記念碑となった原爆ドームと
コンクリート系の建物だけでした

建築基準法は 安全で健康な住宅を建てるために
出来た日本の法律です
決して戦闘から建物を武装する
目的ではありませんが

基準法では 鉄筋コンクリートの耐火建築物は 
何1000度の温度にも耐えられることや
耐地震力や耐風圧力などが定められています

爆弾が直接建物に投下されたときは別として 
ある程度の爆風には耐えることが
できると思います


ブリックス建築は鉄筋コンクリートの構造よりも
さらに天然石で出来たコンクリートパネルが
建物を保護 強化しています

いずれにしても 
この様な事態にならないことを願いたいものです

ブリックス建築

image_201308112304552db.jpg





狭小地に建物を建てるとき
建物の周囲に隙間を空ける余裕はありません
隙間を空ける ゆとりのある敷地は 
狭小地とは云えません

したがって 土地の形に合せて 
家を造ることになります
土地の形が正方形や長方形は幸運な地形です

台形 平行四辺形 三角形 円形 (滅多にありませんが)
の形の土地に合せた家を造るには 
敷地の内側から隣地の境界に沿って
施工していくことです
当然ですが 足場が無くても工事ができる
工法でなくては 建てられません

木造建築は 柱構造から 外形が 階段状になって
敷地の形に合った家は困難です

一般の建築は 外側に足場を組み立ててから
施工をするために その分 隣地との空間が出来き
不経済なことです

ブリックス建築は外壁の仕上げの出来た
ユニットを建物の 内側から施工可能な
唯一の建築工法です 

狭小地に100% 建てるには 敷地の内側から施工する
そして外壁は メンテナンスがいらない天然石を使用する

この二つの重要な 施工条件をもった建築工法でなければ
狭小地の建築はできません

優秀な設計士でも 困難です
仮に敷地に100パーセント建てられたとしても 
建てた後のメンテナンスは不可能です

メンテナンスをしないと
家の寿命は極端に短命となってしまいます

メンテナンスフリーの外壁材は 自然石が最適です
人工的な建材は 不向きです

狭小地に無駄のない ひと回り大きな間取りの建物

ブリックス建築



世界にはユニークな建物があります
中でもおもしろい建物をご紹介します

音白い建物A CA36A1NJ



おもしろい建物D CAI5W3GZ



おもしろい建物C CAZTD40J



おもしろい建物G CA4HM7SX



おもしろい建物G CAA7SJUN



おもしろい建物H CA9FFUYP



おもしろい建物J CA4BO9OP



おもしろい建物k CAINCXQ3



おもしろい建物L CAABS5AZ



おもしろい建物L CAMR8UNH



おもしろい建物M CAQ7QXSD



おもしろい建物R a.aaa



おもしろい建物P CACFSBS9



おもしろい建物N imgb6db8d3czikfzj



おもしろい建物O CA0HABO9



おもしろい建物S a.aaa


おもしろい建物Q b0160459_22131492


おもしろい建物T CIMG1908


おもしろい建物U2f61df86


ブリックス建築

円形住宅模型a