FC2ブログ
Brix 建築は ヨーロッパの美しく超耐久性の建築を 基本理念とし 日本の高い建築技術をクリアーし 世界特許を取得した これからの 建築工法です


鉄筋コンクリート住宅Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


メイドインジャパンの家づくりは

世界に誇れるアイデアが たくさんあります
畳の床の和室
折りたためるお膳の食卓
押入れにしまう 布団の寝床
肩までつかれるお風呂

狭い日本では 住まいづくりに
様々な工夫があります


日本のお家芸の なんでも
コンパクトに
折りたたむ技術があります
寝床になる 布団は 折りたたんで
押入れに 収納します
居間が寝室に変わります


今は少なくなりましたが
お膳などは
脚が折りたためられ
食卓や お茶を飲む
テーブルになります
自慢ができる 日本の文化にお風呂があります
特に 露天風呂は 日本独自の風呂の文化です
もう一つ 世界に誇れる 日本の文化に
和室があります


和室は 一つの部屋が多目的に使えます

居間 寝室 食堂 茶の間 その他
住いの すべての 用途に使えます
また メイドインジャパンの
昔の家づくりは健康住宅です
呼吸する 土や 漆喰や 珪藻土の 塗り壁
高床や 屋根裏 など 家全体が 自然換気されていました


現代の日本の住宅は 少し 構造が
変わりました
デザイン や 経済性 高気密を優先にした

ツーバイフォー工法などの
欧米スタイルの住宅に
なって来ています
そんな中でも ブリックスの家づくりは
洋風スタイルですが
家づくりの基本は
昔ながらの自然素材を
使った
健康住宅を 目指しています


外壁は天然石の御影石 

室内は塗り壁などを標準的な仕様とした
ブリックスの家づくりをご検討ください 
 詳しくは ブリックスまで お電話 
またはメールにてお問い合わせください
お待ちしています

image_20130516194028.jpg

image_20130516194049.jpg


                          

日本の住まい 
敷居にはめ込んだ襖は
平安時代の神殿造りの住まいに出てきます
この様な襖を 現代の住宅でも
インテリアとして
使うことで
室内空間を オシャレに仕切る ことが出来ます
日本の様に 狭い住宅のリビングルームを
ハイセンスに
且つ すばやく模様替え が可能です


また ひと時代前まで 和室とリビングの仕切りは

戸襖で仕切られていましたが


日本の住宅は 狭い 家を広く
活用する 文化が
いたるところに ありました
その昔からの日本の文化を
現代の住宅に活用した
住まいが
とてもオシャレなデザインの家づくりとなります


その建物は 出来れば 大きなひとつの空間を
鉄筋コンクリートの建物でつくることで完成します
コンクリートの大きな空間を
色彩感覚豊かな 襖で仕切る
ハイセンスな
リビングルームが 完成します

ブリックスの100年建築をご検討ください

お問い合わせは 
電話またはメールにて

お気軽にお問い合わせください
お待ちしております
鉄筋コンクリート構造は
 RC(reinforced concrete)構造とも呼ばれます 
コンクリートと鉄筋を一体化して 
耐久性と 強さを確保するために考案されました
 それまでは 木造の建物や 石積みの建物などが
有りましたが 
木造の建物は 火災などで燃えてしまい 
また石積みの建物は 地震で 倒れてしまうなど 
問題がありましたが 鉄筋コンクリートの建物は 
それらの 欠点を 改良した構造で
現代では 
公共の建物など 最も信頼出来る
建物です 
 耐震性能 耐火性能 耐久性能 などが優れていて 
デザイン性においても 木造の建物と違い 
大きさや 形が自由に建てることでできます 
価格についても 使われる 建材は 鉄筋と 
砂利とセメントで作る コンクリートと云う 
比較的に 安定した 
価格の材料を使うため

本来はローコストな 構造です
 鉄筋コンクリートの建物が高価な理由は
建物の形を作る 
型枠の大工工事が
ベテランの技術が必要です 
 そして 鉄筋工事も 同じく高価で
ベテランの技術が必要となります 
最近では それらのベテランの技術者が
定年でいなくなり 
後継者も少ないのです

更に 現在 東日本の震災後及び アベノミクスなどの
影響もあって 
職人の確保が難しいのです

そんな 優秀な性能を持った鉄筋コンクリートの 
建物を 型枠工事 や鉄筋工事のベテランの職人を
使わずに 建築を可能とした 
新しい建築工法が
誕生しました 
それは ブリックスの ユニット工法です
型枠の替わりに 
自然石を埋めこんだ
コンクリート製のパネルを ジョイントで組み立て 
鉄筋を そのジョイントにセットして
その 空間に コンクリートを充填すると 
鉄筋コンクリートの建物が出来上がります 
基本的に 型枠職人や 鉄筋職人を必要としません 
コンクリート製のパネルはあらかじめ
工場で製造するので 
現場での加工作業が無いので
工事の省力化と 作業性がよく
 現場が 簡素化できるなどのメリットもあります 
鉄筋コンクリート構造と比較しても
本来の鉄筋コンクリート構造の性能を
更に 補填して 性能がアップされています
例えば 外壁が御影石でできているため 
コンクリートの中性化を防ぎ
鉄筋をサビから守ります 
その他 各種の性能がプラスされています 
これからの日本の家づくに 是非
ブリックスの建物をご検討ください


sky_garden.jpg


現代のお風呂は そのほとんどが ユニットバスです
狭いばかりか 外の景色さえ見ることが出来ません
広さも1,5畳程度の広さで 窮屈です

自宅を新築するときには お風呂は露天風呂にしたいものです
一般の木造住宅では 無理ですが 
鉄筋コンクリートの建物なら 屋上に露天風呂が可能です

周囲をかこい視線をさえぎれば 
一年中星空を見ながら入浴が出来ます
温泉地の夜空の星の数よりは少なく 
ぼんやりとしているかも知れませんが
外気に触れながら お湯につかることは 
とても気分のいいものだと思います

日常生活のストレスも解消できますし 温泉地に行かなくても
毎日 温泉気分が楽しめます

狭い家に暮らさなければいけない 窮屈な都会の生活には 
最適な居場所になるでしょう
屋上の露天風呂というと大変なことのように 
思われるかもしれませんが

露天風呂DCAIZSPAJ

ブリックス建築は屋上にブリックスの本物の自然の石
で出来たユニットを自分の好きな形に積み上げるだけで 
世界に一つの手つくりの 
自分だけの露天風呂場がつくれます

石の色や産地にこだわって 形も 壷のような形や 
錦鯉が泳ぐような 池の形や
小さい滝を流しても面白く 
楽しめるかもしれません

屋上の露天風呂は出来れば
セルフビルドの 手作り露天風呂

ブリックス建築
メイドインジャパンの家づくり 

地震大国日本の 耐震基準は世界トップクラス
その日本で誕生した 住宅は地震に強い建物だ

しかしながら 今回の東日本の 大震災では 
老朽家屋は除いて 地震で倒壊した建物はすくなく 
ほとんどは 津波によって 流された建物

被災地石巻


いくら地震に強くても 津波に対しては 
木造の建物は 水に浮いてしまい 流されてしまう

日本での津波の被害は 北海道の奥尻の津波など
数十年おきに 被害にあっている

木造の建物は 日本の木造住宅や 
アメリカ カナダのツーバイフォー住宅が主流
ヨーロッパでは今は石づくりの建物が多く建っていますが

パリの街a


むかしは ほとんどが 木造住宅だ 都市の大火災や
戦争などによって より強い建物が建てられ 
現在の ような 石づくりの都市が誕生した

日本もそろそろ 火事や 津波 台風 竜巻に負けない建物に
建て替えるべきだ

沖縄などは コンクリート系の建物が大半だが
首都圏直下型の地震が来るという予想が出ている
東京などは 進んで 構造改革をするべきだ

家というと木造というイメージが強く
鉄筋コンクリートの建物は 日本では まだ数パーセントと
実績しかない 

その原因の 一つには 鉄筋コンクリートの
建物は 建築費が 高額で 予算に合わなく 
安く建てられる 木造住宅を建てる結果となっている

鉄筋コンクリートの建物が高い理由である 型枠工事や鉄筋工事が
不要で ユニットを組み立てて コンクリートを注入するだけで
天然石の外壁の コンクリートの建物が完成する
ブリックスの新工法

世界で人気 NO 1の住宅の必要条件
世界中が求める人気住宅とはどんな建築か

第1 基本構造は 世界最強の鉄筋コンクリート壁構造

第2 外壁は 100年建築 ヨーロッパの天然石の仕様

第3 断熱は 世界の常識 夏涼しく 冬暖かい 外断熱の 構造

第4 内装の床の構造は 住み心地がいい 木質構造

第5 室内の壁仕上げは 南仏 ヨーロッパでは常識の塗り壁仕様

第6 天井は ヨーロッパ仕様の 湿式仕上げ

第8 優れた 欧風の石づくりデザイン建物

第9 省エネの建築 太陽光発電 風力発電を活用

第10 エコ建築 森林伐採をしない地球環境に優しい建築

日本の木造建築は 世界では ほんの少しの実績しかありません
ブリックスの家づくりは 世界に人気のある 建築を目指しています