FC2ブログ

センスの良いインテリア法

ここでは、「センスの良いインテリア法」 に関する記事を紹介しています。
20160720223330aef.jpeg


センスのいいインテリアにする方法
インテリアの色は 2色から3色以内に統一する
同系色でまとめると 部屋に統一感が出て 
スッキリとした部屋になります 
いろいろな色を使うと
落ち着きのない印象のインテリアになります

基本は 床を暗くして 天井を明るいものにすると
落ち着いた部屋になります
重要なのは素材と カラーです
また 照明のなどによっても 雰囲気は 180度変わります

家具によってはモダンで軽快なものから
重厚なレトロなものまで様々な選択肢があります

ポイントとなるのが 統一感です
カラーは出来るだけ 少ない色でまとめることが肝心
反対色で 何色も 使っては 台無しです

家具の数も 多すぎない様に
室内が家具などであふれていては 
センスのいい部屋にはなりません

最小限のもので 空間にゆとりを待った
配置が大切です 

自分の趣味などをメインにした
インテリアにしたいときは
統一感とシンプルにまとめことをお勧めします

家族の個室は部屋ごとに 個性的なものにしていいと思います
たとえば 寝室は茶系で少し暗く
調光付きのダウンライトが 落ちきます
子供部屋は薄いグリーン系は楽しい感じがします
赤系は 落ち着きない気分になる色です

インテリアは生活に直接結びつくため 
健康面で注意が大切です 特に壁紙とカーペットです 
壁紙は シックハウス症候群や化学物質過敏症の原因物質があります
カーペットはアレルゲンとなるダニの温床になります

出来る限り自然素材の たとえば 
壁には漆喰珪藻土などを使って 
床は無垢の木材などが 健康的です

ブリックス建築

20160720223331387.jpeg