FC2ブログ

被災地復興建築と巨大堤防

ここでは、「被災地復興建築と巨大堤防」 に関する記事を紹介しています。
大津CASXKHOF

東日本大震災では街を守るはずの防波堤が
巨大津波には 全く役に立たずに 
ほとんどの建物が流されました

三陸沿岸の各地域の巨大堤防の 計画は進んでいますが
住民の住宅の復旧や 雇用の促進が 遅れています

TEIBO

防潮提の高さは10数㍍ の高さになり
海がまったく見えなくて まるで 刑務所の高い塀に 
囲まれている 街のように なってしまいます

三陸の美しい海岸線の見えなくなっては
がっかりすることでしょう

どんなに高い防潮提を作っても 乗り越えて来るかも知れません

大津波にも耐えた住宅があります
それは 鉄筋コンクリートの建物です

津波に強い住宅を 建てて 津波の対策をするべきだと思います
そして 三陸の 美しい景色を残して欲しいものです

被災地では 一日も早い 復興を待ち望んでいます

被災地に 地震に強く 津波に対応した 
安心して暮らせる 建物 津波対策には 
鉄筋コンクリート構造が最も適した建築構造です

それには 早く 強く 美しい 簡単施行の 
ブリックスの鉄筋コンクリートの建物が最適です

自然石のユニットを 積み上げて
鉄筋を入れてコンクリートを流し込むと
自然石外壁の鉄筋コンクルートの建物が 完成します

震災復興にはブリックス建築