FC2ブログ

日本の建築工法

ここでは、「日本の建築工法」 に関する記事を紹介しています。
20140529222733142.jpg


日本の建築工法は 在来の木造建築や
プレハブ住宅 鉄骨住宅 鉄筋コンクリートなど

世界に類のない建築工法が たくさん有ります

昔の木造の家は 木の柱をノミで 加工して
くぎをほとんど使わない施工法でしたが 
最近の木造建築は 建築金物を多く使った
合理的に改良さた施工法になっています
 
同じ木造建築でも 輸入住宅のツーバイフォー(2x4)工法は
施工が簡単で 耐震性も 良く 熟練した 職人でなくても施工が出来て
在来の木造に替わって 多く採用されてきました

また 軽鉄プレハブ住宅の シェアーも 伸びてきました
この工法は 当初は 狭い日本の住宅事情から
庭先に 建てた プレハブの勉強部屋 から発展したものです
住宅が 不足していた時代の 功労者です

時代が変わって 現代は 小子高齢化で 住宅が 余ってきて
家の空家の数が 増え続けています

これからの 日本の住宅は どのように 変わっていくのでしょうか
東日本大震災での大津波や 近い内に来ると言われている
首都圏の直下型地震や 富士山の爆発 
また 最近では 日本中で起きている 
竜巻などのような自然災害が心配です

自然災害による被害は日本だけではありません
世界中で 毎年のように 何万人と言う被害が
発生しています

その国の 自然環境によって 被害の内容は異なりますが
その原因と対策は 同じです

地震や 津波 竜巻 火災 に完璧な建物は 現在のところありません
しかし 生存の確率が 高い住宅は やはり 鉄筋コンクリートの建物でしょう

どんな住宅を建てるかは 選択の自由です 
しかし 自分の命は 最後は 自分の努力で守らなくてはいけません
正しい 住宅を撰んで 健康で 長寿で 楽しい住宅を探しましょう

ブリックスは 鉄筋コンクリートの壁構造で自然石を
外壁に使用した 安心で 安全な 家づくりを 目指しています
ブリックスの 建築工法

  
ブリックス建築のホームページ