FC2ブログ

三匹の子ブタの物語

ここでは、「三匹の子ブタの物語」 に関する記事を紹介しています。
q
三匹の子ブタの物語

この物語は 西洋文化の伝統として 
18世紀以前の 古くから 民間伝承として
語り継がれてきた物語です

母さん豚は 三匹の子豚たちを自活させるために
自分の力で 自分の家を建てさせます

一番目の子豚はわらで家を建てましたが
狼がわらの家を吹き飛ばし 子豚を食べてしまう

二番目の子豚は木で家を建てましたが
やはり狼に 一番目の子豚と同じ運命をたどります

三番目の子豚はレンガで家を建てました
狼はいくら息を吹き付けても 
レンガの家を吹き飛ばすことはできませんでした

最後に狼は煙突から忍び込もうとしますが
三番目の子豚が用意した 煮えたぎる鍋一杯の熱湯に
飛び込んでしまい 釜茹でにされました
死んだ狼を子豚は料理すると そのまま食べてしまう

最後の 子ブタが オオカミを食べてしまうところが
西洋文化らしい ところですが

結論として 現在につながる ヨーロッパの建築に
石造りの建物が建てられることになり
何世紀も経った現在でも 火災などに
強い街が出来上がりました

日本の国も この物語を見習いたいものです
石造りの鉄筋コンクリートの建物
ブリックスの 建築をご検討ください