FC2ブログ

狭小住宅はRCスケルトンBrix

ここでは、「狭小住宅はRCスケルトンBrix」 に関する記事を紹介しています。
狭小地断面図
200年住宅 RCスケルトンBrix


狭小住宅は RCブリックスが最適

狭い土地いっぱいに 広くて高い建物を

建てるのが狭小住宅の特徴です

家を建てるとき 家の外側に建てる

外足場の幅は 40〜50センチ必要です

幅50センチの足場を 4方向に作ると

狭い土地には 狭小住宅は難しいのです

そんな時は 無足場工法が有利です

周囲50センチ 合計 1メートルの 

広い家が建てられます

そして 狭小住宅には 半地下室のを

造ると 更に有効利用が可能です

とにかく 狭い土地なのですから

少しでも広く建てましょう

地下室は地上の建物面積 × 50パーセント可能です

つまり 40坪の家なら +BI 20坪 =60坪の家

となり 20坪余分に建てられます

狭い土地に 地下から地上5階建て

プラス 屋上で7層の建物が可能です

そこで 狭小住宅の地下室をつくるとき

地上では 無足場で広い家を建てる事ができても

地下室は 地中の工事が必要です

狭い敷地に 広い地下室を 作るには

敷地いっぱいに 土工事をする必要があります

地上の工事よりも 地下の土工事がより 困難です

そこで ブリックスのRCU工法は

隣地いっぱいに土留め工事をして

地上の無足場工法と同じく 今度は

地下の工事でも 外足場を使わずに

内側から広い地下室を つくるのです

この時 重要なのは 隣地いっぱいに

土留め工事が出来なければ

地上の建物も小さくなってしまいます

つまり 狭小住宅の工事の基本は

基礎工事です 順序からいくと

1, 隣地いっぱいに 広く 土留め工事をする

2, 土留めの型枠 いっぱいに

  無足場工法で地下室をつくる

3,地下室の上に 無足場工法で

   隣地いっぱいの建物を建てる

4, 地上に5階屋上付き以上の建物を建てる

これが最も狭小地を有効利用した

狭小住宅です 

狭小住宅 RCスケルトンBrix