FC2ブログ

賢い住宅の建替え 注文住宅

ここでは、「賢い住宅の建替え 注文住宅」 に関する記事を紹介しています。
賢い住宅の建替法
建替える土地にどのくらいの
建物が建てられるのかを調べること
土地の最大限の有効利用を考えることが大切です

その地域の区役所の建築課には 用途地域の地図があります
その用途地域の地図には 一般的に 知られている
建ぺい率や 容積率 高度地域 防火地域 などが書いてあります
ここまでは 一般の人が調べることが 出来ます

賢い建替え法は ここからです
まずは 緩和規定を 調べることです

緩和規定は 建築基準法で定められているもの また
その地域によって 定められているもの
また 建てる 建物の用途によって定められているもの
その前面道路に限って定められているものなど
多くの緩和規定が有ります

またその緩和規定は 一般の人が調べても
理解が出来ないことが多く
専門の知識がないと理解が出来ません

しかし この複雑な 緩和規定を活用するかしないかでは
その土地が何倍もの価値に差ができます

それでは どのようにすれば その価値ある緩和規定を
活用すれば良いのか それは 建築の専門知識と
数多くの 建築の経験が必要となります

複数の建築会社に プレゼンテーションを
作成してもらったときに その差がわかると思います
同じ土地なのに A社とB社の計画建物の大きさが
極端に違うことが良くあります

一般の住宅や 商業ビルなど 有効活用によっては
数100年間の財産である 建物の資産価値が
大きく 差が出ます

更には 無足場工法などの建築工法の活用によっても
大きく差が出ます

ブリックス建築
無足場工法 敷地の+100%有効利用
骨太250の壁厚 数100年の耐久性
天然石の外壁 メンテナンスフリー
内蓄熱工法 健康省エネ
耐火建築 防音建築 耐震建築など

20180916_084143.jpg

    
骨太250壁厚 ブリックス建築のホームページもご覧ください