FC2ブログ

建築とメンテナンス

ここでは、「建築とメンテナンス」 に関する記事を紹介しています。
image_20130810150607a7a.jpg


住宅は 100年以上の耐久性が求められています
特に重要なのが メンテナンスです

家を建てようとする時には間取りやデザインのことが
優先されてしまい メンテナンスのことが忘れがちになります

ところが家が建ったあとすぐに始まるのがメンテナンスです
家がある限り 何十年も メンテナンスをしなければいけません

また家が古くなればなるほど 費用が増えていきます
メンテナンスにはどんなことがあるでしょうか

それは建築する建物によって異なります
たとえば木造の家を建てたときには 
一番先にでるのは 軒先の先端にある破風や軒裏です 

一般には木製や鉄板製が多いです
木や鉄板はすぐに錆びたり腐ったりします 

そのため 築後数年から 塗装などのメンテナンスが必要になります
足場を組んだりすると その費用だけでも 何10万円もかかります

また木造の場合は床下の土台の防腐剤や
シロアリの駆除があります
鉄骨の家の場合はボルトなどの接合部周辺の錆びの補修です

住宅は 外回りだけを考えても
数年おきに補修工事が必要となります

新築の計画時には 予算がないからと言って
ただ安い住宅を建てる だけでは 
建てた後に 多くの費用がかかって 
長い目で見ると 結果的には高い買い物になります

ではメンテナンスのかからない または少なくて済む建築には
どのようなものがあるでしょうか

国会議事堂や最高裁判所などは皆 
天然の石造りの建物です
また ヨーロッパの建物も皆 石造りの建物ですが
数100年経っても 綺麗な街並みを 維持しています

身近なことで たとえていえば お墓に使われている石は
御影石でできていますが 何十年経っても メンテナンスは
必要なく 綺麗でいてくれます 

天然の石は 耐久性が永く メンテナンスがほとんどかかりません
この様に 天然の石は実績と歴史があります

ブリックスの建築は 外壁が天然石で出来た 
鉄筋コンクリート構造です
是非この機会にご検討下さい