FC2ブログ
関連記事
未分類 | Page Top↑ | Home page↑
狭小地断面図
200年住宅 RCスケルトンBrix


狭小住宅は RCブリックスが最適

狭い土地いっぱいに 広くて高い建物を

建てるのが狭小住宅の特徴です

家を建てるとき 家の外側に建てる

外足場の幅は 40〜50センチ必要です

幅50センチの足場を 4方向に作ると

狭い土地には 狭小住宅は難しいのです

そんな時は 無足場工法が有利です

周囲50センチ 合計 1メートルの 

広い家が建てられます

そして 狭小住宅には 半地下室のを

造ると 更に有効利用が可能です

とにかく 狭い土地なのですから

少しでも広く建てましょう

地下室は地上の建物面積 × 50パーセント可能です

つまり 40坪の家なら +BI 20坪 =60坪の家

となり 20坪余分に建てられます

狭い土地に 地下から地上5階建て

プラス 屋上で7層の建物が可能です

そこで 狭小住宅の地下室をつくるとき

地上では 無足場で広い家を建てる事ができても

地下室は 地中の工事が必要です

狭い敷地に 広い地下室を 作るには

敷地いっぱいに 土工事をする必要があります

地上の工事よりも 地下の土工事がより 困難です

そこで ブリックスのRCU工法は

隣地いっぱいに土留め工事をして

地上の無足場工法と同じく 今度は

地下の工事でも 外足場を使わずに

内側から広い地下室を つくるのです

この時 重要なのは 隣地いっぱいに

土留め工事が出来なければ

地上の建物も小さくなってしまいます

つまり 狭小住宅の工事の基本は

基礎工事です 順序からいくと

1, 隣地いっぱいに 広く 土留め工事をする

2, 土留めの型枠 いっぱいに

  無足場工法で地下室をつくる

3,地下室の上に 無足場工法で

   隣地いっぱいの建物を建てる

4, 地上に5階屋上付き以上の建物を建てる

これが最も狭小地を有効利用した

狭小住宅です 

狭小住宅 RCスケルトンBrix

200年住宅 Brix


建築豆知識 土地の有効利用 旗竿地

土地の評価は その土地が接している道路によって

価格が決まっています これを路線価といいます

この路線価は インターネットでも 検索すると調べられます

自宅の土地がいくらなのか一度調べておくことをお勧めします

土地の価格は その道路に どのように接しているかで

評価が違います

東南の角地で正方形の土地が一番高く

次が南面 東 西 北 一番評価が低いのは 旗竿地です

旗竿地とは 土地の形がはたさおに似ている

ことからこう呼ばれています

土地と土地の間の私道の奥にある土地のことをいいます

この土地が 区画の中で一番低いのは

道路に面する部分が狭く

私道部分には家が建てられないため 安いのです

しかし 土地の有効利用という

視点を変えてみると 多くの長所があります

その一つは 私道の部分を 駐車場にすることができます

また 私道の面積は 容積率に含めることができるため

家を建てる時には より大きな家が建てる事ができます

そして土地が奥まっていて 家の周囲が家に囲まれて

直接道路に面しないため 車など うるさくなく静かです

何と言っても 土地の価格が 周囲の価格の5〜6割程度で買えることです

価格については その物件によって更に安い場合があります

これから土地を買って家を建てる方は
ご検討ください

ただし この旗竿地は人気が低く 売れないため

不動産情報にはあまり出てきません

詳しくはブリックスまでお問い合わせ下さい


Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


200年住宅 Brixゼロ建築

狭小地断面図
200年建築 Brix

小さな土地を大きく使いたいと

小さい土地の持主は皆そう思っています

家を建てる時には 建ぺい率と容積率と云う

建築の制限が有ります

その他 家を建てる場所によって

北側斜線 道路斜線 日陰などの

規制が あります

その様な法的な規制をクリアーしなければ

家は建てられません

その規制をクリアーした上で

お隣の敷地境界に沿って

小さな土地に 家を建てるとき

一般的には家の外側に

足場を組んで家を建てます

その足場の分 家の大きさが削られ


家の周りに 足場を組んだスペースの

無駄な隙間が出来ます

ところが 本来は家の外側に

造る足場を 家の内側に設置して

家の内側から 家をつくる

工法ができました

そんな事は 不思議なことだし

たとえ出来たとしても

変な家が 出来上がるのではと

思われることでしょう

そんな不思議な建築工法が出来ました

外側に足場が無いので 小さな土地に

100パーセント 家が建てられます

小さな土地にお悩みの方は

ブリックスのゼロ工法を

ご検討ください

 
ブリックス建築のホームページ
20140111203404825.jpg
200年住宅 Brix

ヨーロッパの建物 RCスケルトンBrix

ヨーロッパの家づくり

ヨーロッパの建物は 石造りの建築で

何世紀も前に 造られました

そこに住む人たちは 何十代も前の

祖先が 数世紀前に建てた家に

代々住んでいます

今度 家を建て替えるのは 建物の寿命が来た時です

石造りの建物の寿命がいつ来るのか 何世紀後なのか

予想がつきません

日本のように 数10年おきに新築していて

死ぬまで 住宅ローンに 追われています

何が 違うのか 簡単なことです

建物を 建てる時に どんな建築の構造で建てるかを

自分自身で 選択するだけです

数十年の耐久性しかない 現代の日本建築を 選択するのか

または ヨーロッパの石造り建築のような

数世紀の寿命のある 建築を 選ぶか だけです

確かに 現代の 日本には ヨーロッパの石造りの

建築は建てられません
しかしそのヨーロッパの建物様式を採用した石造りで

地震国日本の耐震性を 兼ね備えた 建築工法があります

それは ブリックスの 石造り建築です

外壁は何世紀の耐久性のある ヨーロッパ建築の天然石で

構造体は地震国日本の耐震性を持った

鉄筋コンクリート壁構造の場所打ち工法です

施工の方法もヨーロッパの建築と同じく 組積建築の工法です

鉄筋工や型枠工が不要の これからの 現代の建築にマッチした

建築工法です

ブリックスの石造り建築をご検討ください



ak玄関
200年住宅 Brix

外断熱のRC建物は快適住宅です

最近の気候は 地球上の森林伐採などの

影響で 真夏は 極端な 猛暑で

外出も出来ないくらいになり

真冬は 寒さが厳しく 寒冷地では

異例の 大雪が降ります

この現象は 日本だけではなく

世界各国で 起きています

森林伐採をしている 企業を法律で規制して

森林を伐採せずに もっと地球上に

森林を増やさないと

これ以上の 異常気象には

人間の体力の限界があります

そんな異常気象の現代の住宅は

外断熱のRC建物が快適です

外が 猛暑でも 室内温度は 5度程度低く

ひんやりとした 涼しさで 快適です

外断熱の建物は 建物の外側にある断熱材で

外気温を 遮断します

室内温度は 前日の夜から朝までの

冷たい輻射熱で ひんやりと涼しいのです

また 冬はその反対にマイナスの

外気温を外断熱が遮断し

室内は 暖房の温度が蓄熱されている

コンクリートの壁からの

暖かい 輻射熱で 遠赤外線効果で快適です

ここで注意しなければいけない事は

せっかく外断熱をしても

室内の壁をクロスなどのボード貼りにしては

外断熱の効果はほとんどなくなります

室内の壁はコンクリートの躯体に

塗り壁などの仕上げです

快適なのは 外断熱と内蓄熱の

ブリックスの建築です

image_201308112304552db.jpg

image_20130628203620.jpg

image_20130628203621.jpg


image_20130628203618.jpg

image_20130628203617.jpg
200年住宅 Brix

世界中で異常気象が起きています

日本では ゲリラ豪雨や竜巻 大雨や大雪注意報

昔はこんな気象現象は無かった事が

竜巻や ゲリラ豪雨など 最近の日本では

身近に 日常的に発生します

地球環境 破壊の一番の原因は 森林破壊です

木材を使うために 森林を伐採して

その後は 生態系が壊されて 砂漠化してしまい

現在は 史上最悪の 砂漠の占有率です

木材は一旦伐採すると 元の自然に元に戻るのに

数十年以上の歳月がかかります

森林を伐採しても 植林をしています

だから地球環境を破壊しても良いのです

と云って 世界中の森林を伐採しています

問題は それを買っている 消費者に

問題があるのではないでしょうか

昔 日本人は印鑑に 象牙を 好んで使っていました

そのため 像が乱獲にあい 多くの 象が 殺されました

これは 単なる 消費者の 我がままです

販売会社が売っているのだから 自分はそれを

買っているだけで 自分には責任は無い

と言えるでしようか

消費者が 買わなければ

販売会社は 売れないのです

一番大切なことは 消費者の 地球環境を守る

と云う ハートと 売っているから 買っているではなく

それを 買うことで 地球環境が どうなるのかを

考えてから 買いましょう

そんなことは 難かしいことで 良く分からないと

いわれるかもしれませんが

生きているものは 例え木材でも 伐採して

殺してしまえば 最後には自分に 帰って来ます

家づくりも しっかりと考えて

地球環境に良くない ものは買わないことです

それは 自分が住む家に使っても

結果的には 住み心地も よくないはずです

地球環境を優先した

家づくり 200年建築のブリックスの

建築をご検討ください

自分の住んでる地球を大切に守ろう
 
ブリックス建築のホームページ



2014010513145547f.jpg   200年住宅 Brix

家の間取りを住みやす く
上手にプランニング 設計するには

建築をする敷地の 基本的な 建築の法規制を
チェックした上で
第一番重要なことは
家は その土地の大きさと形に合った
プランニングすることです

そんなこと 当然のことだと思いますが
現実的に見るとほとんどの 建物は
土地に合わせている様にみえますが
実にムダなプランニングで
建てられているのが 現実なのです

そんなこと言われても 一般の人には
ほとんどが 見分けがつかないと思います

まして生涯に家を建てるのが
始めての経験の方がほとんどです

基本的に 家は その建物の施工方法によって
間取りの ほとんどは 決定されてしまいます

在来の木造の家は 木の柱とはりで組立てるため
その木の大きさや太さによって
部屋の間取りの大きさが決まってしまいます
その他 軽量鉄骨のプレハブ住宅も同様です

また それらの工法で家を建てるときは
家の周囲に施工スペースを確保します

家を 建てようとする外側に
40から50センチのゆとりが必要です

家のプランニングは まず 敷地境界線から
内側に約50センチ程度の施工スペースを確保して
その内側に建物の間取りを作成していきます

家を建てる土地にゆとりが有れば別ですが
敷地より 一回り 小さく 間取りを考える事になります

そんなムダな施工面積をなくした建築工法が誕生しました
建物を内側から施工することで 家の外には施工面積が不要で
敷地一杯に建物が建てられます
その建築工法は鉄筋コンクリート構造でできた
ブリックスの石づくりユニット工法です

自然石で造られたユニットを組み立てて作る
レゴブロックの様な家づくり

玄関吹き抜け町


ブリックスの200年建築をご検討ください
お問い合わせは  電話またはメールにて
お気軽にお問い合わせください
お待ちしております


お問い合わせはこちらをクリック!

よろしければクリックお願い致します。
人気ブログランキングへ  住まいブログへ