FC2ブログ


Brix
ブリックス
メール:info@brix.co.jp TEL:03-5695-8111


建物断面パース
Brix Haus

バリアフリー建築

バリアフリーは建物内部の床などの段差をなくして
フラットな動線を確保して 車椅子などを
自由に移動できる様にできた 老人などに優しい建物です

建物を建てるときには 木造 鉄骨 コンクリートなど
いくつかの構造があります

また 建て方が大きく分けて 二種類あります
一つは木造や鉄骨の様な 柱構造の建て方

もう一つは 柱がなく床と壁が平らな面で造られた箱型の
壁式構造があります

二つの構造のうち 軸組構造の木造 や鉄骨構造は
地面から基礎を高くする必要があり

床までの高さが50センチ以上となります
また各階の天井裏に梁があるため天井の高さが
高くなりバリアフリー建築には不向きです

その点 壁式構造 鉄筋コンクリート建築は
床がフラットな面構造のため

地面からの段差が低くく また各階の天井裏が不要のため
階高さが低く 段差がほとんど有りません

また 床面に傾斜をつくることも
軸組構造の建築は困難ですが
面構造の建築は比較的に作りやすいのです

その他 万一火災などの時にも 一般の建物では
身体の不自由な方が逃げ遅れる事故が多いのですが
壁式鉄筋コンクリート建築は基本構造が耐火建築で
燃えないので 安心です

安心 安全の バリアフリー建築は
ブリックスの WRC建築が 良いと思います

 
ブリックス建築のホームページ

Brix Haus

赤煉瓦の建築 北海道庁

北海道の開拓は 明治初期 開拓使によって行われた

欧米の文化を積極的に 取り入れた開拓使は赤煉瓦の建築を

1888年 北海道庁旧本庁舎を1888年建築

北海道開拓のシンボル的存在

アメリカ風ネオ・バロック様式の

フランス積みによる 煉瓦造りは鹿鳴館と並ぶ

大型建築物 使用された 煉瓦は 250万個

明治42年 の火災で 屋根と内装の一部が消失したが

煉瓦の外壁は 無傷で残ったのが幸いし

明治44年に再建された

また 北海道庁旧本庁舎は 別名 「 後ろ姿美人 」と呼ばれる

建物の裏側は 正面とは 趣の異なる雰囲気の建物となっている


北海道庁旧本庁舎 裏側
屋根京急100_8802
Brix Haus
もったいない家の建て方

食事の食べ残しや
まだ使える衣類を捨てることなど

世の中で もったいないことはどんなことでしょう
もったいないことを あげるときりがありません

そんな もったいないことの中で
一番高価で もったいないことは

土地や家は 一番 高価な財産です
その高額な財産を 無駄にしていませんか

都市を上から見ると 木造の二階建の家が多く
屋根の上に屋上庭園など 何も利用されていません

家の周りの土地は 有効的に使われずに余っていて
3階 4階建てなど もっと家を高く広く伸ばして見てはと
ずいぶんもったいないと思います

地価の高い都市の不動産をもっと
有効活用を考えて見てはと思います

たとえば 家建てる時には 外足場を使って施工しますが
この足場の費用と 足場を設置する 土地は
家が完成すると 全く使われない

ゴミがたまるスペースとなります
なんともったいないことでしょうか

日本も高度な成長を経て来て
建て替えの時期が多くなっています

これからは 土地や建物を 有効的に
活用して行くことをお勧めします

限られた土地を もったいないと言われないよう
綺麗に資産活用をするには

ブリックスのゼロ工法です
無足場工法で 施工時の無駄をなくします

ブリックスの建築をご検討ください

image_20130715114447.jpg


yo-ro4_20130808234705e2c.jpg

自宅とマンションの併用住宅が人気です

自宅を新築する建築費を
マンションと併用して 建てることにより

マンションの家賃収入で 建築費を支払い
自己資金を出さずに 自宅が建てられます

この方法は自宅を建てる面積 プラス
貸室する面積が建てられる
土地の容積率が必要となります

建てる場所にもよりますが 一般的には
自宅の面積と賃貸面積が 1/2 以上であれば
黒字になります
つまり マンションの賃貸収入の中で
全体の支払いが可能です

効率が良ければ 老後の年金対策にもなります

自宅を建てるときには
一度 マンション併用の住宅を
検討して見てはいかがですか

天然石の建物で周囲のマンションとの
差別化ができます

メンテナンスフリーの100年建築
ブリックスのマンション 併用建物
ご検討ください

上大岡外観
アールハウス
Brix Haus

201809171050598fe.jpeg


建物の外壁はファションです

人間でいえば洋服と同じです 

日本の住宅は あまりファッションセンスの良い家は見かけません

住宅のデザインには 西海岸スタイルや ヨーロッパ 

南仏スタイル または和風だったり

建物のデザインにあった 色や 素材があります

一般的な住宅の 外壁は サイディング が最も多く

ときには タイルや まれに 左官仕上げといったものも見かけますが

外壁が 自然石 の住宅は ほとんどは見かけません

自然石は 自然浄化作用など 耐久性があり

経年変化がほとんどない 素材です

数100年以上の耐久性が有ります

また 何億年も地中に眠っていた自然石は

素材の 柄やカラーも多品種があります

最近の建築には さまざまな建築素材を使った

ユニークなデザインが有りますが

自然石 を使った デザインは 今までにはない

個性的な建築ができると思います

更に ブリックスのユニット工法は

3次元のデザインが可能です

自然石を使った 外壁の 3次元のデザインで

オリジナルの 建築を 建てて見ませんか

自然石 のユニット工法のブリックスを

ご検討ください

吉川

  
ブリックス建築のホームページ
Brix Haus
tokyo_station.jpg

煉瓦の家 Brix Haus

煉瓦 は英語で Brick と云う そして
煉瓦の家 を英語で Brcik Haus と云う

煉瓦の家の 歴史は 6000年前 のメソポタミア文明の時代
日本では 縄文時代 の 紀元前 4000年頃に誕生しました

古代の建築物は 主に 木 石 土 そして 粘土に砂などを混ぜて
型に入れ 天日干しや 焼いたものが 煉瓦です

当時は乾燥させただけの 日干し煉瓦 を使用していました
日干し煉瓦は 最近まで 中国などでも使われていました

その後 耐久性 断熱性 防寒性 装飾などに優れた特徴を持つ
焼成煉瓦が使われて 大型建造物 の外壁などに使われました

メソポタミアで生まれた煉瓦は やがて エジプトに伝わり
ピラミッドの 壁の内側に乾燥煉瓦を使用し
表面を 石で仕上げた ものが あります

その後 地中海沿岸の ローマから ヨーロッパ各国へ
また インドから 中国へ 広まっていきました

ヨーロッパでは 煉瓦建築物は 大型化して
大聖堂など 威風堂々とした 建造物が多く建てらた

日本で 最初期に造られたのは 江戸末期の幕末の時に
アヘン戦争以後 西洋列強に対する危機感から
大型大砲の 鉄の鋳造にのために反射炉が伊豆の韮山に
1840年に建てられたのが 最初のものです

本格的に 使われるのは幕末から
明治初期の 文明開化の時代になってからです

日本銀行本店の建物は 明治29年1896年に建造
東京駅舎は大正3年1914年に竣工 100周年を迎えました

この様に メソポタミア文明の時代にテクノロジーのルーツをもつ
煉瓦建築ですが その後に 現代建築の 基準にあった建築性能をもつため

西暦2000年には 煉瓦建築を 更に 性能を向上させるため
ユニット スタイル にして 10種類の性能を向上させる事に成功し

国際特許を取得し
名称を Brix Haus としました

性能一覧
1、耐震性能 鉄筋コンクリート建築のプラスアルファ
2、耐火性能 〃
3、遮音性能 〃
4、耐久性能 〃
5、外断熱性能 〃
6、内蓄熱性能 〃
7、骨太壁厚250 〃
8、重層7層住居 〃
9、メンテナンスフリー外壁 〃
10、無足場建築 〃

赤煉瓦の家 Brix Haus
をご検討下さい
壁断面BRIX

電磁波防止の建築 

ブリックスの建物の室内に入ると携帯電話の
電波がつながらなくなります

その理由はブリックスの建物の構造にあります
基本構造は鉄筋コンクリートの壁構造です

床のスラブは 鉄筋がトラス式に組まれた デッキプレートタイプです
したがって 建物の構造の 壁と床がコンクリートで
そのコンクリートの中に 鉄筋が 格子状で二重に
配筋されているため 電波がほとんど 遮断されてしまいます

壁概念図

具体的には 建物の壁の中に 鉄筋が20センチ間隔で
たてと横に格子状に 更に内側と外側に 二重に配筋されています

天井と床にも同様に 鉄筋が配筋されていて
更に壁は天然石の貼った コンクリートの
厚さ25センチと分厚い壁になっています

同じく 床と天井も分厚いコンクリートに
囲まれているからです


 したがって電磁波や電波が通しにくなるのです
最近問題になっている 電磁波が原因とされている
いろいろな病気も防止できる可能性があります

更に外壁の全面に 自然石で覆われています
鉄筋コンクリートのブリックス建築

image_201308112304552db.jpg

    
骨太250壁厚 ブリックス建築のホームページもご覧ください